【ブギウギ】65話|昆夏美の歌唱に「ブラボー」「美しい」と大反響

当サイトのリンクには広告が含まれます
ブギウギ・65話

朝ドラ【ブギウギ】第14週「戦争とうた」第65話(第65回)が2024年1月4日(木曜)に放送。

放送後、李香蘭を演じたミュージカル女優・昆夏美さんの歌唱に「ブラボー」「美しい」と大反響で…。

今回は【ブギウギ】65話のあらすじネタバレ・感想・出演者について!

【U-NEXT】NHK

※ブギウギは【U-NEXT】で配信中

*本ページの情報は2024年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

あわせて読みたい
【ブギウギ】14週のネタバレと予告!戦争とうた NHK朝ドラ【ブギウギ】第14週「戦火の歌声2 ※」「戦争とうた」(2024年1月4日・5日)は、いよいよ太平洋戦争が終わる時期へ。スズ子(趣里)たちは歌を通し、慰問をしてい...
目次

【ブギウギ】65話のネタバレ

【ブギウギ】65話のあらすじネタバレです。

上海の羽鳥善一(草彅剛)は、音楽会の準備を進めていた。羽鳥は、黎錦光(浩歌)が作曲した「夜来香」にブギを取り入れた音楽をやりたいと考える。

スズ子()は慰問で富山に訪れる。泊まった旅館で、スズ子はある女中(曽我廼家いろは)と小さい娘さんと知り合う。女中の夫は、元教師だが南方で勇敢に戦い戦死したという。悲しくもない、誇りだと気丈に振る舞う。スズ子が日本は勝てるのかと尋ねると、女中は「勝てます」と力強く答える。そうでなければ犬死だから…と。

りつ子()は、鹿児島の海軍基地を訪れる。上官の横井(副島新五)に欧米風の衣装をとがめられる。そして軍歌の「海行かば」「同期の桜」を歌えるかと問われ、「軍歌は性に合いません」と答えるりつ子。眉をしかめる横井を前に「私でお役に立てないようなら、帰ります」と帰ろうとしたが、特攻隊員たちがりつ子を嬉しそうに見に来ていた。そこで、りつ子は隊員たちのリクエストに応じて歌うことを決める。

一方、上海で音楽会の準備を進めていた羽鳥善一(草なぎ剛)は「音楽が時勢や場所に縛られるなんてばかげている」 「音楽は自由だ 誰にも奪えないということを僕たちが証明して見せよう」と主張。黎錦光(浩歌)が作曲した「夜来香(イェライシャン)」に米国のリズム「ブギ」を取り入れたいと考え、アレンジを加える。

音楽会は成功を収め、羽鳥は仲間との別れを惜しみながら、李香蘭(昆夏美)に「もう一度『夜来香』を歌ってもらえませんか?」とリクエストした。

ラスト、羽鳥が編曲した「夜来香」を李香蘭が華やかに歌い上げた。(つづく)

<<前回 第64話次回 第66話>>
ブギウギ|あらすじネタバレトップページ

【ブギウギ】65話の感想

初登場した李香蘭(昆夏美)の圧巻の歌唱シーンに多くの反響が寄せられました↓

昆夏美(こん なつみ)さんは1991年(平成3年)6月28日生まれの32才。 大学在学中にミュージカル『ロミオ&ジュリエット』のジュリエット役でプロデビューし、その後もミュージカル『ハムレット』『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』など話題作へ次々に出演し、「ミュージカル界の新世代の歌姫」と称されています。歌手活動もしており、さすがに圧巻の歌唱でしたね♪

【ブギウギ】65話の出演者

【出演】趣里,水上恒司,草彅剛,菊地凛子,近藤芳正,陰山泰,昆夏美,,歌浩,富田望生,国木田かっぱ,伊藤えん魔,曽我廼家いろは,黒崎煌代,高橋かおり,川添公二,副島新五,山岡樹 ほか

【語り】高瀬耕造

【作】足立紳

【音楽】服部隆之


あわせて読みたい
朝ドラ【ブギウギ】キャストと相関図|趣里ヒロイン、水上恒司:相手役、草彅剛、菊地凛子ら豪華出演! 朝ドラ【ブギウギ】キャストと相関図 NHK連続テレビ小説(朝ドラ)第109作『ブギウギ』ののキャスト(出演者)・登場人物・相関図を紹介します。 主人公のモデルは戦後の...
あわせて読みたい
朝ドラ【ブギウギ】ネタバレ・あらすじ・感想を最終回結末まで! 2023年度後期の朝ドラは『ブギウギ』。 ヒロインは趣里。相手役は水上恒司!ブギの女王と呼ばれら笠置シヅ子さんをモデルにした創作ドラマです。 今回は【ブ...

画像出典「ブギウギ」公式HP

ブギウギ・65話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次