【ブギウギ】63話|スズ子の「何やこれ」が凄いと反響!

当サイトのリンクには広告が含まれます
ブギウギ・63話

【ブギウギ】第13週「今がいっちゃん幸せや」第63話(第63回)が2023年12月27日(水曜)に放送。

放送後、63話ラストのスズ子(趣里)がつぶやいた「何やこれ」が凄いと大きな反響で…。

今回は【ブギウギ】63話のあらすじネタバレ・感想・出演者について!

あわせて読みたい
【ブギウギ】13週のネタバレと予告!今がいっちゃん幸せや 朝ドラ【ブギウギ】第13週「戦火の歌声1」「今がいっちゃん幸せや」(12月25日~28日)ではスズ子(趣里)と愛助(水上恒司)が幸せな日々を送る週。しかし戦況は悪化し、...

【U-NEXT】NHK

※ブギウギは【U-NEXT】で配信中

*本ページの情報は2023年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

目次

【ブギウギ】63話のネタバレ

【ブギウギ】63話のあらすじネタバレです。

トミ()の許しが出て、山下()が正式に楽団のマネージャーとして加わることになった。再スタートしたスズ子(趣里)の楽団は、静岡県の空き地でも、変わらず、精一杯、歌った。

スズ子は日本各地を慰問でまわることに。そして東京に戻ると愛助(水上恒司)の看病を続けるという忙しい日々を過ごす。

愛助の体調もだいぶ回復した。スズ子と庭でダンスも出来る。

そのころ、上海では羽鳥善一(草彅剛)が陸軍に呼び出されて、日中合同での音楽会開催のための依頼を受けることになる。全面的に任されたが、正大にしてほしいとは要望された。

その後、羽鳥からその話を聞いた黎錦光(れいきんこう)(浩歌)とは「上海統治の現状をごまかすため、音楽を利用するということ」と指摘。しかし羽鳥は「逆に利用させてもらう」と語る。

羽鳥「我々の音楽は誰にもしばられない、自由であることを証明してみせよう」

そう言ってワクワクし始める羽鳥。

一方、日本では、東京都心の銀座でも空襲が起こるようになっていた。スズ子の次の慰問は京都の繊維工場だ。でもスズ子は愛助が巡業中に体調悪化したらと心配だ。愛助は「心配性やなあ」というが、スズ子は母の病気の時も弟に対しても何もできなかったから「そういうの勘弁してほしい」と嘆く。

愛助はスズ子の看病に感謝して、「大丈夫。僕はもう大丈夫や」とスズ子を安心させる。スズ子は「愛助さん、ワテ、今までの人生の中で、今がいっちゃん幸せや」という。愛助はスズ子を抱きしめる。

京都にて。公演前に、楽屋でスズ子は愛助に手紙を書いていた。そんな時、東京で大空襲が起きたことが知らされる。

しかしスズ子は公演を中止せず、舞台に立つ。

(スズ子の心の声)「愛助さんが心配で、不安で。それでも歌わな。ワテは福来スズ子やから」

公演後、スズ子たちは急いで汽車に乗り、東京に戻った。すると、東京はがれきの山で…。

スズ子は「なんやこれ」と力なくつぶやいて…。(つづく)

<<前回 第62話| 次回 第64話>>
ブギウギ|あらすじネタバレトップページ

【ブギウギ】63話の感想

スズ子の「何やこれ」が凄いと反響!

スズ子(趣里)の「何やこれ」が凄いと反響で…

ラストの焼け野原でのスズ子の一言は、たしかに生々しかったですね。

愛助や坂口さんは大丈夫なのか。明日、次回の放送を見届けましょう。

【ブギウギ】63話の出演者

【出演】趣里,水上恒司,草彅剛,近藤芳正,陰山泰,黒田有,,歌浩,富田望生,国木田かっぱ,伊藤えん魔,白井哲也,要冷蔵,南谷峰洋,

【語り】高瀬耕造

【作】足立紳

【音楽】服部隆之


あわせて読みたい
朝ドラ【ブギウギ】キャストと相関図|趣里ヒロイン、水上恒司:相手役、草彅剛、菊地凛子ら豪華出演! 朝ドラ【ブギウギ】キャストと相関図 NHK連続テレビ小説(朝ドラ)第109作『ブギウギ』ののキャスト(出演者)・登場人物・相関図を紹介します。 主人公のモデルは戦後の...
あわせて読みたい
朝ドラ【ブギウギ】ネタバレ・あらすじ・感想を最終回結末まで! 2023年度後期の朝ドラは『ブギウギ』。 ヒロインは趣里。相手役は水上恒司!ブギの女王と呼ばれら笠置シヅ子さんをモデルにした創作ドラマです。 今回は【ブ...

画像出典「ブギウギ」公式HP

ブギウギ・63話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次