【ブギウギ】1話ネタバレと感想|アバンで心を鷲掴み、「チビスズちゃん、趣里さんに似てる」「そっくり」とネット反響!

ブギウギ・1話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【ブギウギ】1話ネタバレと感想

朝ドラ【ブギウギ】第1週「ワテ、歌うで!第1話(第1回)が2023年10月2日(月曜)に放送。

今から75年前、戦後の世の中に、人々を楽しませ、励まし、生きる活力を与えた歌手・福来スズ子(趣里)。歌で日本中をズキズキワクワクさせた、笑いと涙の物語が始まる!

今回は【ブギウギ】1話のあらすじネタバレ・感想・事前レビュー・出演者について!

【ブギウギ】第1週のネタバレあらすじと予告!鈴子は音楽学校に入学できる?
【ブギウギ】第1週のネタバレあらすじと予告!鈴子は歌劇団に入学できる?趣里主演の朝ドラ『ブギウギ』がついに放送スタート。第1週の冒頭だけ趣里さんが登場。その後は、幼少期パートとなります。歌が大好きな鈴子は、小学校卒業後、音楽学校を目指しますが…。果たして入学は?

【ブギウギ】の動画は【ユーネクスト】NHKで!

*本ページの情報は2023年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【ブギウギ】1話のネタバレ

ブギウギ・1話

【ブギウギ】1話のあらすじネタバレです。

歌手・福来スズ子(趣里)

1948年(昭和23年)、戦後の不安を抱える世の中に、人々を楽しませ、励まし、生きる活力を与えた歌手・福来スズ子(趣里)。未婚の母で、赤ちゃんのアイ子を育てている。茨田りつ子(菊地凛子)や羽鳥善一(草なぎ剛)に促されて、スズ子がステージに立つ。

多くの観客の前で作曲家・羽鳥善一(草なぎ剛)の指揮で、「東京ブギウギ」を歌い、踊る。

歌で日本中をズキズキワクワクさせた福来スズ子の笑いと涙の物語が始まる―――。

銭湯の娘・花田鈴子(澤井梨丘)と人物紹介

時はさかのぼって大正15年、大阪・福島にある銭湯の看板娘だったスズ子の幼少期へ。

花田鈴子(澤井梨丘)はいつも父・梅吉(柳葉敏郎)、母・ツヤ(水川あさみ)、そして個性豊かな常連客の前で歌を披露していた。

お見合いを失敗してばかりの八百屋のキヨ(三谷昌登)、いつもタダで銭湯に入るアホのおっちゃん(岡部たかし)、「熱々や」が口癖の熱々先生(妹尾和夫)、あん摩のアサ(楠見薫)、「はな湯」で働いている記憶喪失のゴンベエ(宇野祥平)…。

鈴子には双子の兄がいたが3歳の時に病死したらしい。

近所には易者(なだぎ武)もいて、登校前によく占ってくれる。

尋常学校にて。鈴子は勉強が苦手だが、歌と運動、お弁当の時間が大好き。

好きって何?

鈴子は親友のタイ子(清水胡桃)の家で海子(八田麻住)から日本舞踊を習っている。ツヤが「芸は身を助けるし、人生、楽しくなる」という教えからだ。鈴子はお母ちゃんの言う通り、楽しかった。

ある日、鈴子はタイ子が松岡(湯田大夢)を好きなのだが「どこが好きなの?えばってるし」と聞くが「ひどいわ」と言われてしまう。タイ子が鈴子は好きな人はいないのかと聞くので、「うちはペリーさんみたいな人が好きやわ。面食いやもん」と答えた。

「はな湯」にて。鈴子は母に父を好きな理由を聞くが「覚えてへんわ」と答えをはぐらかされた。

義理と人情

鈴子はアホのおっちゃんだけ無料なことが気になった。ツヤは「義理と人情」と答えた。鈴子はよく分からないが、ええ言葉屋とは思った。

常連客に促されて、鈴子は今日も歌う…。(つづく)

| 次回 第2話>>
ブギウギ|あらすじネタバレトップページ

【ブギウギ】1話の感想

【ブギウギ】1話の感想です。

アバンで心を鷲掴み

【らんまん】ロスの暇もなく、週明けの月曜、新しい朝ドラがスタートしました。

冒頭部分で、福来スズ子(趣里)の「東京ブギウギ」の歌と踊りでスタートして、華やか。これは今後、このステージが見れるんだと示していて、視聴者の心をつかんだアバン(オープニングよりも前に流されるストーリー)だったと思います。

草彅剛さん、菊地凛子さんら東京編のキーパーソンを演じるキャストもアバンで登場しましたね。

今日は出ていませんが、大阪パートでは蒼井優さん、OSK歌劇団で現役の男役スター・翼和希さん、高校ダンス部の「バブリーダンス」で注目された伊原六花さんらのパフォーマンスも楽しみです。

ワクワクして期待を抱かせてくれた初回。今後も視聴を楽しみにしたいところです。

初回は人物紹介に重点

初回時点のストーリーとしては、常連客など登場人物の紹介に時間を割いているので、まだ物語としては進んでいない感じで、導入でした。

にぎやかなキャラクターなので、今後、登場人物に親しみもわいてくると思います。

ゴンベエの謎は押さえておきたい

1話で押さえておきたいポイントだと思ったのは、はな湯で働くゴンベエ(宇野祥平)が川におぼれた時に梅吉に助けられたこと、川におぼれてから記憶喪失になっていること。何か謎めいていますよね。…実はゴンベエの正体は事前あらすじで判明しているのですが、明らかになるのはもう少し先の話です。

主人公がザ・朝ドラヒロイン

主人公・鈴子は歌が大好きな女の子。典型的な朝ドラヒロインという感じに思いました。

ただ、無邪気すぎて、「好き」という感情はまだ分かっていない様子。まあ、まだそういう相手にめぐり逢えてないだけとも言えますが…今後、恋心に気づいていくのも楽しみです。

オープニング曲も話題で、今後も楽しみに視聴したいと思います。

「チビスズちゃん、趣里さんに似てる」「そっくり」とネット反響!

【ブギウギ】1話の事前レビュー

【ブギウギ】1話の事前レビューです。

2023年度後期の連続テレビ小説がスタートします。毎回ながら、ロスになる間もなく翌週の月曜から新作が始まるので、なかなか最初は慣れないですよね。

そして朝ドラの王道ですが、主演の趣里さんが冒頭だけ出て、子役にバトンタッチになるもよう。

ヒロインの幼少期を演じる子役は澤井梨丘(さわい・りおか)ちゃん。 2010年11月4日生まれで、1話放送時は12歳、中学1年生です。特技はバレエ・ダンス・歌を歌うこと…ということで、その歌声にも注目ですね。

公式インスタグラムもあります↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

りおかrioka(@rioka_sawai)がシェアした投稿

半年間、どんな物語を紡いでくれるのでしょうか。ミュージカル作品ではないですが、歌唱シーンが楽しみ♪戦争もまたぐので辛い場面もあるでしょうが、楽しんでいきたいと思います。

【ブギウギ】1話の出演者

  • 【出演】趣里,草彅剛,菊地凛子,水川あさみ,柳葉敏郎,澤井梨丘,なだぎ武,岡部たかし,宇野祥平,妹尾和夫,楠見薫,三谷昌登,清水胡桃,又野暁仁,大塚宣幸,八田麻住,湯田大夢
  • 【語り】高瀬耕造
  • 【作】足立紳
  • 【音楽】服部隆之
朝ドラ【ブギウギ】キャストと相関図|趣里ヒロイン、水上恒司:相手役、草彅剛、菊地凛子ら豪華出演!
NHK連続テレビ小説(朝ドラ)第109作『ブギウギ』ののキャスト(出演者)・登場人物・相関図を紹介します。趣里さんがヒロイン(主演)、水上恒司(旧芸名:岡田健史)さんが相手役、草彅剛さんがヒロインの人生を大きく変えることになる作曲家、菊地凛子さんがヒロインの生涯のライバル歌手役!その他、豪華出演者が登場します。今回は朝ドラ【ブギウギ】のキャスト・相関図について。

【ブギウギ】2話のネタバレと感想|鈴子のガンガンお節介に「朝ドラヒロインらいしい」とネット反響!
【ブギウギ】2話ネタバレと感想 朝ドラ【ブギウギ】第1週「ワテ、歌うで!第2話(第2回)が2023年10月3日(火曜)に放送。アホのおっちゃん(岡部たかし)だけ銭湯代がタダなのは「義理と人情」があるからだとツヤ(水川あさみ)に聞かされた鈴子は、自分も義理を返そうと思い立つのだが…今回は【ブギウギ】2話のあらすじネタバレ・感想・事前レビュー・出演者について!

画像出典「ブギウギ」公式HP