2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【相棒19】17話のあらすじネタバレ!大塚家具の「お家騒動」彷彿!?

相棒19-17
https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/

【相棒19】17話のあらすじネタバレ!

【相棒シーズン19】17話が2/24に放送されました。

大塚家具の「お家騒動」を彷彿させる眼鏡店の後継者争い殺人!結末は意外なところに!?

杉下右京の身に着ける物シリーズ(?)最新作です。

今回は【相棒19】17話のあらすじネタバレと感想について。

※「相棒」シリーズの動画はTELASA(テラサ)で!


ADVERTISEMENT

【相棒19】17話のあらすじネタバレ

【相棒19】17話のあらすじネタバレを紹介!

【相棒19】17話のあらすじ

老舗眼鏡メーカー・田崎眼鏡の女性専務が、殺害される事件が発生。田崎眼鏡では、3か月前、社長の田崎恭子(かとうかず子)が心臓発作で倒れた後、“お家騒動”が勃発。警察は、恭子の長男が、社長を代行していた女性専務に反感を抱き、殺害したとして行方を追っていた。いっぽう、向かいのマンションを興味本位で覗いていた青木(浅利陽介)は、不審な入居者を目撃。話を聞いた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が調べると、次男と末娘が恭子をかくまっていることが判明する。2人は、専務が殺され、長男に容疑が掛けられているというショッキングな状況で、病床の恭子を動揺させたくないという思いから、情報を遮断しているらしい。そんな中、右京は田崎眼鏡の職人・松田(青山勝)にオーダーメイドを依頼する。詳しく話を聞くと、お家騒動には意外な事実があったことが分かる。さらに右京は、殺害現場にいくつも不自然な点があることに気付き…!?

脚本:神森万里江(Season17 第3話「辞書の神様」 第13話「10億分の1」、Season18 第3話「少女」 第8話「檻の中~陰謀」 第9話「檻の中~告発」 第11話「ブラックアウト」、Season19 第3話「目利き」第17話「右京の眼鏡」)
監督:田村孝蔵

【相棒19】17話のゲスト

登場人物は…

  • 被害者:田崎眼鏡の女性専務の三澤渚:岩橋道子
  • 容疑者:田崎家の長男の明良:赤木悠真
  • 田崎眼鏡の社長の田崎恭子:かとうかず子
  • 田崎家の次男の拓人:田本清嵐(そらん)
  • 田崎家の末っ子の由衣:天野はな
  • 職人の松田正一郎:青山勝(まさる)

【相棒19】17話のネタバレ:問題編

明良のロンドンからの手紙は偽物だと気付いていた。さらに右京と亘を弁護士と推理。後継者のことだろうからと。家族会議で専務の三澤渚にすると伝えてあると言い張る恭子。

殺害現場の会社にて、特命は捜査一課に邪魔するなと言われてしまう。アパートでかくまうように指示したのは、伊丹たちだった。

殺害現場の専務室に違和感を抱く右京。凶器は鉢植え。後頭部を一撃だった。しかし相当な衝撃だったはずなのに眼鏡がずれていない。金庫が開いているのに現金がそのままだったのも不自然。

渚、明良がいなくなって最も得するのは弟の拓人?

右京は、明良の取締役室で新しい工房の設計図を発見する。松田に探りを入れると、職人は減っている、今の工房の取り壊し、人員整理を三澤渚がしようとしていると言う。

拓人がインタビューに答えていた。オーダーメイドの高級眼鏡から低価格のファッションブランドへ路線変更すると発言。そのニュース映像を右京や松田が会社で、恭子も自宅で見ていた。

恭子をアパートにかくまっていたのは路線変更をしたいからではないか、と右京は考える。

3か月前、恭子は三澤渚のマンションで倒れた。しかも救急車を呼んだのは明良だった。3人で会社でない場所で何を話していたのか?

右京が気になった点まとめ

  • 被害者/三澤渚の遺体の眼鏡がずれてない
  • 金庫の金が盗まれていない
  • 新しい工房の建設計画があった
  • 会社の路線変更
  • 恭子が倒れた時の、恭子・渚・明良の話し合い

【相棒19】17話のネタバレ:解決編

恭子がアパートを抜け出す。公園のゴミ箱にあった新聞で「(拓人の)経営方針の転換!新社長か?」という記事を発見。(※アパートでは情報をシャットダウンされていた)

拓人と由衣が恭子を見つける。「何かあるのね?渚からどうして連絡ないの?」と詰め寄る恭子。

拓人は嘘をつききれないと思い、明良がロンドンにいないこと、三澤渚の殺害で逃亡中だと伝える。

ショックで倒れた恭子は病院に入院!

病室にて、恭子は右京・亘を呼んで、3か月前の話し合いの内容を伝える。拓人と由衣も同席。

三澤渚に呼び出され、次期社長を辞退すると言い出した。明良と結婚したいから、と。

親子ほど年の差があるのに…「冗談でしょう!」笑った恭子。

しかし2人は本気だった。渚は退職をするという。

恭子はショックを受けて倒れた。

渚は結婚を諦めて、愛情のもつれで殺害?しかし右京は違うと言う。

伊丹たちは、拓人を疑う。殺害動機がある。渚を殺害して路線変更をしたいから。

右京は、青木から明良のメールに身売りの件はないと報告を受ける。あれだけの設計図があったのに?

鑑識課にて、右京は遺留品を調べ直す。すると、鉢植えに小さなネジを発見。

右京は工房へ行き、「眼鏡は顔の印象を決める」と松田に話す。そして、松田の今の印象は「心の乱れを必死に隠そうとしている」と指摘する右京。目の前には壊れたオーダーメイドの新作眼鏡があった。新作眼鏡の確認は三澤渚。

「事件当日見せに行ったのでは?」
「あの日は工房にいました」
「でななぜ三澤渚さんの部屋にこのネジがあったのですか」

オーダーメイドのネジはひとつしかない。そのネジのひとつが現場にあった。右京が見つけたネジを、壊れたオーダーメイドの新作眼鏡につけてみるとピッタリ!

犯人は職人の松田正一郎!

殺害事件の日。渚は新作の眼鏡を試しにかけていた。植木鉢で殴った時に眼鏡が壊れた。そのため、新作眼鏡を持ち帰り、渚が日常生活でかけている眼鏡をかけさせた。(だから正しい位置にかけられていた)

殺害後、明良が現れた。渚の遺体を発見。金庫を開けて「秘密保持契約書」が盗まれていないことをッ確認。その後、弟の拓人が現れて通報に至った。

松田は明良を工房にかくまっていた。罪滅ぼしに。

明良は1週間、捕まるわけにはいかず、松田を頼った。明日が最終合意の契約日だった。

味方だと思っていた松田が犯人と知り、ショックを受ける明良。松田ら職人にとってもいい話なのに。

身売りと聞いて許せなかったことが殺害動機。しかし工房の閉鎖は松田の思い違い

渚は、今ある攻防と工場を取り壊して新たに一体化した大きな工場を建設予定だった。

守秘義務で松田にも明かせなかった。

契約が決まれば、空港への出店やブランド店とのコラボも予定され、店舗も職人も増加する気だったのに…。

「バカですね、私は」松田は笑う。そして右京の眼鏡のネジまで見抜いていたことを褒めた。

芸術だと思っていたから残念だと右京。泣きじゃくる松田。

右京は病室へ行き渚に報告。恭子が渚を後継に指名したのは、子供たちの意識改革だった。3人の子がひとつになればきっといい会社になる、そう思って…。

「それを気付かせるにはあまりに大きな代償でした」と嘆く恭子。

後日。特命に由衣から感謝の手紙と、由衣が引き継いで完成したオーダーメイドの眼鏡が送られてきた。右京は眼鏡をかける。(つづく)

【相棒19】17話の感想

17話は、大塚家具の創業家(父と娘)のお家騒動が思い出される展開でした。

会員制の高級家具から低価格のカジュアル路線へ変更したのも大塚家具と似ていますね。

しかし赤の他人の専務に引き継がせて3人の子をひとつにさせたいという点、職人が関わっていくというアレンジが面白いです。

なぜ長男は逃亡したのか。後継者争いかと…謎で引っ張り、最後は右京の鋭い観察にうならされました。

しかし植木鉢にあった小さなネジ。鑑識課はなぜ発見できなかったのでしょうか(笑)

思えば、過去のシーズンで『右京のスーツ』(シーズン9第14話)、『右京の腕時計』(シーズン12第6話)とありました。今度は眼鏡!

身に着けているものシリーズ(?)として今後も期待しています。

<相棒19-17話の視聴率>

<前回の相棒>

当記事画像出典:テレビ朝日
相棒19
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】