2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【親バカ青春白書/オヤハル】最終回のネタバレと感想!ガッキーの元ヤン&ドラゴン桜の破壊力!

【親バカ青春白書】最終回のネタバレと感想まとめ!ガッキーの元ヤン&ドラゴン桜にネット沸騰!

ムロツヨシ主演【オヤハル】もいよいよ最終回。

さくら(永野芽郁)とハタケ(中川大志)はキスできる?

美咲(小野花梨)とガタローがまさかの再婚!?

今回は、【親バカ青春白書/オヤハル】最終回の視聴率、あらすじ、ネタバレとみんなの感想について!

スポンサーリンク

【親バカ青春白書/オヤハル】最終回の視聴率

【親バカ青春白書】最終回の視聴率は9.5%!2ケタに返り咲くことはできませんでしたが、大健闘ですね。

【親バカ青春白書/オヤハル】最終回のあらすじ

前回のあらすじネタバレはこちら↓↓

さくら(永野芽郁)に異変!

美咲(小野花梨)がガタロー(ムロツヨシ)にキスしたことにショックを受けたさくら(永野芽郁)は、美咲とガタローの間に割って入ろうとする。

何かと機嫌が悪く、冷たい態度をとるさくらに、ハタケ(中川大志)は自分が嫌われていると誤解。

さくらは美咲に「どうしてキスしたの?」と問い詰める。「さくらに関係なくない?」と返され、「関係ある!娘だから」と怒る。

根来(戸塚純貴)は、何とかレポートを提出。しかしガタローの家を出て行くどころか、さばき動画を撮ると言い出す。さくらに教える動画のアクセスが伸びているためだ。

険悪なムードのさくらと美咲。勝手に落ち込むハタケ。美咲とガタローのことが気になって仕方がないさくらは、料理の味付けも間違うくらいおかしくなっていた。

何かあったのかと聞くガタローに、何でもないと答えるさくらだが、美咲が相変わらずガタローに馴れ馴れしくするためイライラする。

ガタローにパソコンを借りた美咲。ガタローと腕相撲を始める。それを見たさくらは割り込んでいく。

一方、失恋の予感に落ち込むハタケを励ます寛子(今田美桜)と根来。

バイト先のカフェで美咲にガタローのことは本気なのか?と聞く寛子。そこに大村教授(野間口徹)がやってくる。間が悪いことにさくらもガタローも休みだった。

さくらの異変に気づいたガタローの母・多恵(高畑淳子)が香川から上京。さくらは「お父さんが再婚しちゃうかもしれない!」と相談する。

幸子(新垣結衣)は元ヤンだった!

娘の心配をよそに新作の打ち合わせを進めるガタロー(ムロツヨシ)。ガタローの帰りを待っていた美咲(小野花梨)は、初版本をサインしてちょうだいと頼み、指切りをする。美咲の指切り文句はヤンキー丸出しのフレーズだった。

ガタローは、昔、初連載が決まったとき「最初に読ませて」という幸子(新垣結衣)と指切りしたことを思い出す。

指切りげんまん、嘘ついたら針千本飲ませたあとに市中引き回しの刑♫

さくら(永野芽郁)が美咲のことを多恵に話すと、多恵はガタロー(ムロツヨシ)と幸子(新垣結衣)が出身地が同じで意気投合して交際を始めたこと、実は幸子も元ヤンだったと打ち明ける。

不良高校に通っていた幸子だが、元暴走族の弁護士に「人生台無しにしたくなければ東大に行け」と言われて東大を目指し、猛勉強して合格したのだった。

美咲と幸子に元ヤンという意外な共通点があったことに、危機感を感じるさくら。そんななか寛子(今田美桜)が、「さくらに俺は見えてない」と落ち込むハタケにハッパかけようと、女の子の押し倒し方を教えていると、2人が接近した様子をさくらが目撃。

「男の人って最低!」と怒るが、ハタケはさくらに自分が見えてることがわかり安心する。

幸子(新垣結衣)の願い

ハタケ(中川大志)は、多恵(高畑淳子)から、さくら(永野芽郁)の様子がおかしいのはガタローと美咲のせいだと聞き、自分のことばかりでさくらの悩みに気づけなかった自分を「彼氏失格」と思う。

根来(戸塚純貴)は、俺もケリつけないと…と何かを決意する。

多恵は、ガタローが大学に行ったのは幸子のためとさくらに話す。幸子に「大学辞めて後悔はないのか」と聞いたことがある。幸子は後悔はない。ひとつだけあるとしたら、太郎ちゃんは卒業させてあげたかった…と言っていた。

ガタローはその言葉を聞いていたのだった。

【親バカ青春白書/オヤハル】最終回のネタバレ

根来はYoutubeの動画を撮りながら、美咲(小野花梨)に告白する。あっさり振られるが、みんなはいつもの「フラれ動画」だと思う。

ハタケ(中川大志)は、「さくらを取らないで。さくらを悲しませないで」とガタローに言う。ガタローはハタケの様子がおかしいので、さくらにハタケとのことを確認するが、「ずーっと大好きだよ」と言われてしまう。

根来に、美咲への告白は本気だったでしょ、という寛子(今田美桜)。他人のことには敏感だけど、男運がないのを嘆く。

さくらはハタケが元気がなかったことに気づけなくてごめん、と謝る。ハタケもさくらの悩みに気づけなかったことを謝る。キスしようとするが、ついガタローがくるのではないかと気になるハタケ。

美咲(小野花梨)とガタロー(ムロツヨシ)はどうなる?

ガタローの部屋にいる美咲。仕事をしているガタローは、ただ黙ってそこにいる美咲に「気になる」というと、美咲はガタローに抱きつく。美咲の気持ちはわかるが、さすがにないだろうと言うガタローに、美咲はガタローが好きだというが、ガタローは「ずっと好きな人がいる」と答える。

もちろんそれは亡き妻・幸子(新垣結衣)。幸子はもう死んでいる、私は生きている、と美咲。

それでもガタローはやはり幸子のことを愛していた。

ガタローと幸子の間に入れないと知った美咲は、娘と同い年だし、本気なわけないじゃん、と意地を張る。2人の話を聞いていたさくらは、美咲にビールを差し出す。

「ダサいな、私」という美咲に、ダサいことばかりしてごめん、と謝り泣き出すさくら。釣られて美咲も泣き出す。

ガタローたちの青春はまだまだ続く

幸子(新垣結衣)に仏前でもの思うガタロー(ムロツヨシ)。

その日さくら(永野芽郁)は、シェアハウス合宿最後の日、3年生への進級祝いのために、テーブルいっぱいのごちそうを作る。

いろいろあったけど、まだまだ青春中のみんなは楽しく味わうのだった。

【親バカ青春白書/オヤハル】最終回の感想とまとめ

やはり最後まで話題をさらっていったのはガッキーでした!

「ガッキーの「殺すぞ!」衝撃的に可愛いかった」
「ガッキーかわいすぎた❤︎ ドラゴン桜やん」
「やっぱり元ヤンだったんだね。しかもドラゴン桜まで出てくるとは!!」
「ガッキー元ヤン、ドラゴン桜、東大、すごい展開」

やっぱり・・という感じでしたが、幸子(ガッキー)は元ヤン(笑)。

レディースみたいな格好していても透明感漂って可愛いガッキーって本当にすごいですね。

「ドラゴン桜」ネタもぶち込んでくるとは、さすが福田監督!

すっかり本当の友達になったガタローたち。これからみんなそれぞれ頑張っていく、というフラットな終わり方で最後までほっこりしました。

最初はコントでガチャガチャした面もあったけど、後半は人間ドラマに集中できてとてもよかった。

コロナのせいで、全体の話数が少なかったのは残念でしたが、キャストのみなさんの一体感が、本当に2年経ったの?と思わせてくれました。

「卒業編」「社会人編」などの続編も作れそうな終わり方。

2時間スペシャルでもいいので、またみんなに会いたいですね!

【親バカ青春白書/オヤハル】の動画は、Huluで配信中!未公開シーン入りバージョンも配信中です。

10月スタートの新番組はこちら↓↓

アイキャッチの画像出典:公式サイト