2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【恐怖新聞】1話のネタバレと感想!怖いけど濃厚キスシーンにはドキドキ!

オトナの土ドラ【恐怖新聞】1話のネタバレと感想!
午前0時、“読んだら死ぬ”という恐怖新聞が詩弦(白石聖)のもとに届いた。
詩弦を心配する勇介(佐藤大樹)と付き合うことになるのだが……。
すべてはこれから起こる恐怖への始まりだった……。
つのだじろう氏の人気マンガの実写化!
2020年8月29日放送の【恐怖新聞】1話のあらすじ、ネタバレ、感想を紹介します。

スポンサーリンク

【恐怖新聞】1話のあらすじ

恐怖新聞・1話
【恐怖新聞】1話
詩弦(白石聖)と勇介(佐藤大樹)

【恐怖新聞】1話のあらすじを紹介します。

20歳になった小野田詩弦(白石聖)は、念願の一人暮らしを始めた。
父の蔵之介(横田栄司)は反対したが、母の歌子(黒木瞳)と、幼馴染で親友の宮沢桃香(片山友希)は詩弦を応援してくれている。
一人暮らし初日の午前0時。
詩弦が眠っていると、ドアを激しくたたく音がする。次の瞬間、新聞受けに「恐怖新聞」が。
そこには、若い女性が転落死するという予告記事が掲載されていた。
詩弦は、宅配サービスのアルバイトで配達を終えて戻る途中、女子高生の自殺を目撃。それは、まさに新聞の内容そのままで……。

【恐怖新聞】の見逃し配信FODプレミアムで。(2020年8月現在、最新情報はFODサイトでご確認ください。)

【恐怖新聞】1話のネタバレ

【恐怖新聞】1話のネタバレを紹介します。

小野田詩弦(白石聖)のもとに恐怖新聞が届く

大学生の小野田詩弦(白石聖)は念願の一人暮らしをする。
引っ越しを手伝う幼馴染みの宮沢桃香(片山友希)は、業者の中に気になる男性がいた。
コップが包んである新聞紙を見ると、そこには「恐怖新聞」の文字。
明日の日付で「ガス爆発」の記事が掲載されている。

詩弦は将来、ボランティア活動のために海外で暮らすことが夢。そのために一人暮らしに慣れておきたい。だから一人暮らしをスタートしたのだが、父の蔵之介(横田栄司)は反対している。
母の歌子(黒木瞳)は「大丈夫、お父さんもわかってくれる」と励ます。

午前0時。
激しくドアを叩く音がする。
詩弦が目を覚ましてドアの前に行くと恐怖新聞が届いた。
ドアを開けるが誰もいない。

勇介(佐藤大樹)との出会い

宅配サービスのバイトを始めた詩弦は、先輩の松田勇介(佐藤大樹)と知り合い仲良くなる。
宅配先に届け終わった詩弦は、女子高生の自殺を目の前で見てしまう。
詩弦の頬に血が飛び散り、死ぬ間際の女子高生と目が合う。

恐怖で震える詩弦。
そこに、勇介が心配してきてくれた。

詩弦が女子高生の目を思い出して震えがとまらなくなると、勇介が抱きしめてくれる。
この時、「恐怖新聞」の記事が頭をよぎる。
恐怖新聞には女子高生の自殺記事が掲載されていたのだ。

部屋まで勇介に送ってもらい、部屋に戻る。

引っ越し日にみた恐怖新聞の記事に書いてあるガス爆発について調べると、それは本当に起きていた。
ベランダに出ると隣の住人のともを(坂口涼太郎)もベランダにいた。

「世の中には常識じゃはかれないことがある」
と言うともをに質問しようとすると、刑事の篠崎林太郎(駿河太郎)が聞き込みに来た。
「この男を見かけなかったか」と写真を見せられたが思い当たらない。

**

詩弦は桃香と会う。
資源は恐怖新聞についてを訊くと
「恐怖新聞は未来を予言する不気味な新聞」だと桃香。

桃香は、詩弦の引っ越しの時に気に入ったイケメン男子と連絡を取り合っているという。
桃香は、引っ越しのときこっそり撮った彼の写真を詩弦に見せる。そのイケメン男子の後ろに刑事・篠崎林太郎から見せられた男が映っていた。
すぐに篠崎林太郎に連絡。
その男は耳に痣があるのが特徴。

恐怖新聞に父・蔵之介(横田栄司)の死亡予告

家に帰ると勇介が心配してやってきた。
勇介は、目の前で友だちが事故に遭い、そのあと1年くらい笑えなくなったことがあると告白。
「我慢なんてしなくていい。ひとりで抱えこまないで」
勇介の優しい言葉に詩弦はほっとする。
二人はキスをし……。
今日は安心して寝なよ、と勇介は泊まることに。

午前0時。
またしてもドアを叩く音。
勇介を起こしても眠ったまま。
恐怖に震える詩弦……。

と、その時、勇介の声で目が覚めた。
それは夢。
詩弦はうなされていたのだ。

詩弦は足元に恐怖新聞が落ちていることに気づくが、勇介にはそれはただの紙切れ。
恐怖新聞には、父の蔵之介が死ぬと記してある。

**

歌子は突然起きて、狂ったようにメモ帳に赤ペンで丸く塗りつぶしていく。

**

詩弦は新聞が気になり父・蔵之介が運営するカフェに行く。
蔵之介は元気にしている。
恐怖新聞を見せるが、蔵之介から見るとそれは白紙。

詩弦が「頼み事がある」と言っても聞き入れてくれず、蔵之介は外出してしまう。

実家に帰ると、ゆうべの歌子のメモ帳が。
「また、何かに怒ったの?」
と詩弦。

歌子は怒りがあるとそうする癖があるらしい。
詩弦は、自分が生まれてきたことで蔵之介が俳優の夢を諦めたことが気に入らないのでは、と思っていた。
しかし、歌子は「そんなことはない」と。
蔵之介は詩弦が生まれる前、近所の神社で安産の願掛けをしていたという。
「だから、嫌われてるなんて思わないで」と。

謎の男・蜷川冬夜(猪野学)の目的は?

篠崎林太郎は、写真の男・蜷川冬夜(猪野学)を見つけつかまえようとする。蜷川は体調が悪い様子。
「大丈夫か」というと「新聞だ」とつぶやき逃げてしまう。

林太郎は蜷川について聞き込みをすると、蜷川が小野田詩弦に目を付けていたらしいと知る。

詩弦(白石聖)の目の前で…。

恐怖新聞の記事が気になり、蔵之介のことが心配な詩弦。
神社に出かけたと聞きそこに出向く。
蔵之介からお守りを貰い、二人は和解したのだが、その帰り……。

神社の足場が崩れ、蔵之介の心臓を1本の棒が貫いた。
それは恐怖新聞に描かれていたもの、そのままだった。

病院に運ばれる中、蔵之介は言う。
「許さん、お前が生まれたせいだ」と。
蔵之介は死んでしまった。

**

部屋に戻りベランダにいると隣のともをが
「泣きたいときは泣けばいい」
と声を掛けてきた。

父のつくったコーヒーしか飲めないという詩弦は、コーヒーカップを手にしている。
「父に愛されていると思っていた、でも、違った」
と涙を流す。

父・蔵之介の願い

20年前。

「生まれてきませんように。
どうか、お腹の子を殺してください」

蔵之介は神社で祈願。

<続く>

【恐怖新聞】1話の感想

【恐怖新聞】1話の感想を紹介します。

詩弦(白石聖)と勇介(佐藤大樹)キスシーンの次はベッドシーン!?

つのだじろう氏の「恐怖新聞」の実写化というので、放送前から期待しているファンもいるようで「恐怖新聞」トレンド入り。
放送後には「怖かった」の声も多く、詩弦と勇介のキスシーンも話題に。
新聞が現実になる恐怖もありましたが、一番の恐怖は、父の呪い。
「生まれてきませんように」と願掛けしていたなんて、恐怖でしかありません。
詩弦の出生には何やら秘密があるようです。
そして、勇介とのラブラブ度もとても気になります。再びのキスシーンもありそうな……。
次はベッドシーンかもしれない……。
午前0時に届く恐怖新聞とともに二人の恋の展開にも目が離せません。
来週もお見逃しなく♪

記事内画像:【恐怖新聞】公式サイト

恐怖新聞
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】