2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【親バカ青春白書】1話の視聴率とネタバレ!浴衣ガッキー「わざとがよかったな」の破壊力!

【親バカ青春白書】1話の視聴率とネタバレ!浴衣ガッキー「わざとがよかったな」の破壊力!

ムロツヨシ主演・福田組のドラマがゆる〜くスタート!

初っ端から、奇妙な三角関係、いや四角関係が始まり、ガッキーの登場シーンに視聴者大興奮!

今回は【親バカ青春白書】1話の視聴率とあらすじ、ネタバレ、スペシャルゲスト、感想について!

スポンサーリンク

【親バカ青春白書】1話の視聴率

【親バカ青春白書】1話の視聴率は10.3%でした。2ケタにのって好発進!

【親バカ青春白書】1話のあらすじ

最愛の妻・幸子(新垣結衣)を亡くし、男手一つで娘を育て上げた小比賀太郎(ムロツヨシ)は、一発屋の売れない小説家にして愛娘・さくら(永野芽郁)のことが大好きすぎる筋金入りの親バカ。

女子校育ちで純真無垢なさくらが共学大学に通うことを心配するあまり、なんと娘と同じ大学を受験し、同級生として同じ学部に入学することに!

なんとか受験に合格したガタロー。小説家の仕事が切られることを懸念して、担当編集者・尾崎(谷口翔太)には大学生になったことを秘密にする。

ガイダンスの日、さくらに悪い虫がつかないよう男子学生に目を光らせていたガタローは、担当教授・大村(野間口徹)から不審がられて呼び出される。

一方、さくらは入学式で知り合った広島出身のあけすけな性格の同級生・寛子(今田美桜)と共に学食へ。寛子も父(佐藤二朗)と一緒に来ていた。

さくらと寛子は、イケメン同級生・畠山(中川大志)と、バイトと節約の鬼・美咲(小野花梨)と相席するが、横柄な態度で絡んできた先輩に毅然と接する畠山を見たさくらは、一目惚れしてしまう。

美咲や畠山がうどんの汁の色を話題にしていたが、上の空だったさくらは「これ、うどんって言うんだよ」とトンチキ発言。

サークルやバイトの話をしていると、自称YouTuber・根来(戸塚純貴)と意気投合したガタローが合流する。

さくらとガタローが親子入学したことを知った美咲と畠山は衝撃を受けるが、人生二度目の大学生気分を満喫するガタローはさくらと共にサークル選びへ。

畠山は落研を選び、寛子はさくらをテニスサークルに誘う。

先輩(磯村勇斗)が手取り足取りさくらに教えるのを見たガタローは早速文句をつける。

さくらはガタローとともに畠山が選んだ落研に興味を示すが、部長(平埜)の雰囲気と男ばかりの部では心配になり、お笑いサークルにしようと言い出すが、畠山が「部員が増えないと廃部になる」とさくらの参加を懇願する。

さくらが畠山に気があることを寛子はすかさず見抜いていた。

根来は週末にみんなで東京スカイツリーに行こうと提案。ガタローも来るなら、と畠山も参加表明。東京出身のさくらは、案内してと言われ、ガタローにそれとなくスカイツリーのことを聞く。

ガタローは、幸子との花火デートを思い出す。花火を見上げながらふと触れ合った手を「わざとじゃない」というガタローに、浴衣姿の幸子は「わざとがよかったな」と告白めいたことを言う。

スカイツリーではしゃぐ5人。展望台にお金がかかると知った美咲は下で待つことに。寛子は気を利かせてさくらと畠山を2人きりにする。

ガタローが来られなくて残念だったね、という畠山がまさかの告白。

「実は、俺、好きなんだ。さくら、さくら、俺…ガタローさんが好きなんだ」

さくらはショックで倒れてしまう。

畠山と根来を帰した寛子は、テニスサークルの先輩に誘われたインカレパーティーにさくらを誘う。場違いな感じがするパーティ会場にひるむ2人。さくらはガタローが気になるが、「もう大学生なんだし」とパーティに参加する。

インカレパーティーでさくらが大ピンチ!

門限の7時になっても帰らないさくら(永野芽郁)を心配するガタロー(ムロツヨシ)のところに、畠山(中川大志)から電話がある。

スカイツリーで具合が悪くなったさくらが気になっていたのだった。美咲からさくらたちがインカレパーティーに行ったと聞いた畠山がそのことを言うと、ガタローはスマホのアプリでさくらの現在地を確認してパーティ会場に向かう。

その頃、ドリンクに薬を入れられたさくらと寛子は、怖くなって隠れていたが、先輩に見つかってしまう。

【親バカ青春白書】1話のネタバレ

正攻法ではダメだと思ったガタローは、畠山とひと芝居うつ。

ナイフを持ったガタロー、刺されたふりをする畠山。警察を呼ばないと、と場内で声が上がると、首謀者でさくらたちに乱暴しようとしていた男たちは退散する。

さくらと寛子を助け出したガタロー。寛子は自分が誘った、初めての東京に浮かれていたと謝るが、ガタローは「初めての東京に浮かれて当たり前。俺なんかもっとすごかった」それよりスカイツリーに一緒に行きたかったのに、とすねる。

ガタローがさくらの携帯のGPSで居場所を確認したこと知るとドン引きする寛子。さくらはいよいよガタローの過保護が普通ではないと気づき始めるが、ガタローは普通なんてくそくらえ!と一蹴する。

落研に入ったガタローは、手慣れた落語で場を盛り上げすっかり人気者に。酔ったふりして「チューしよっか」と言い出す寛子。みんなのガタローだ!という畠山。

大学生活を謳歌しているガタローを「いいな」と思うさくら。ほかのサークルも見てみるというさくらに、ガタローはどこまでもついていくつもりだった。

【親バカ青春白書】1話のスペシャルゲスト

テニスサークルの先輩は「今日俺」でワルかっこいい相良を演じていた磯村勇斗。

寛子(今田美桜)の父親役は佐藤二朗でした!

【親バカ青春白書】1話の感想

【親バカ青春白書】1話の感想です。

浴衣ガッキーの小悪魔発言がかわいすぎる!

浴衣姿のガッキー、本当にかわいかったですね。実は小悪魔設定なのか!?

ガッキーは毎回ガタローの回想シーンでちょっとずつ出演しては、視聴者を沸かせるのでしょう。

【親バカ青春白書】1話のまとめ

福田組のコメディですが、やりすぎ感はなく、ゆる〜く始まりました。

永野芽郁、今田美桜、中川大志もかわいいし、節約家・美咲役の小野花梨がいいスパイスになっています。

寛子(今田美桜)がガタローを好きになって理由はわかりましたが、畠山(中川大志)はなぜ?

小説家としてのガタローが好きなのか?

楽しいキャンパスライフを描くドラマも久しぶり。さらに変わった親子のホームコメディも合わさり、気軽に笑えるドラマになっていきそうです。

ハタケの秘密がわかる第2話のネタバレはこちら↓↓

タイトルとURLをコピーしました