【ドラゴン桜2】のキャストとあらすじ!阿部寛主演の東大受験ドラマが復活!

【ドラゴン桜2】のキャストとあらすじ!

阿部寛主演で2020年夏、ドラマ『ドラゴン桜2』(日曜よる9時、TBS)が放送!

第1シーズンは2005年7月期のTBS金曜ドラマ枠で放送され、最終回20.3%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)をマークしたヒット作。

おちこぼれの生徒たちを半年で東大に合格させた弁護士・桜木建二(演:阿部寛)が約15年ぶりに戻ってきます!

今回は 【ドラゴン桜2】のキャストとあらすじについて。

スポンサーリンク

【ドラゴン桜2】のキャスト

阿部寛(役:桜木健二)

登場人物:桜木 建二(さくらぎ けんじ)… 主人公。
第1シーズンでの私立龍山高校着任時38歳。元暴走族のリーダーで、今は弁護士。桜木法律事務所所長。 相手が誰でも物怖じせず、歯に衣着せぬ物言いで論破する。
初の東大合格者を出したものの、5人合格の公約を実現できなかった責任を取り、辞表を提出。井野(長谷川京子)に特進クラスの担任を譲り、1年で任期を終えた。
それからは教育実績を買われ、弁護士として私立大学の経営指導をするべく各地を転々としてきた。
そして今回。龍山高校の理事となり、既存の特進クラスとは別に「東大専門コース」略称「東大専科」を設置して—。

キャスト:阿部寛(あべ ひろし)… 1964年6月22日生まれ。神奈川県出身。1987年に映画『はいからさんが通る』で俳優デビュー。以降、『トリック』シリーズ(テレビ朝日)・『新参者』シリーズ(TBS)・『下町ロケット』シリーズ(TBS)など多数出演。

阿部寛さんのコメント

前作から15年経って、再び桜木建二を演じさせていただくこととなりました。 この15年で受験生や学校を取り巻く環境は大きく変わりました。
当時の常識が、今は通用しません。
そんな現代においても、バカとブスほど東大に行け! と、ひとつもぶれることなく生徒を指導する桜木の 姿を信じています。今作も桜木なりの最短距離なやり方で、東大合格に挑んでいきます。 ぜひご期待ください。

https://www.tbs.co.jp/dragonzakura/

※そのほかのキャストは分かり次第アップします。

【ドラゴン桜2】のあらすじ

桜木健二(阿部寛)が水野直美(長澤まさみ)や矢島勇介(山下智久)を指導して東大合格者を出したときから、10年後が舞台。

桜木が去った後は下降の一途を辿っていた龍山高校。その窮地を救うべく、再び龍山高校からのオファーを受けた桜木――というところから物語は始まる。

なお、原作漫画では龍山高校のピンチに桜木が理事となり、桜木の下で弁護士をしている水野直美が「東大専門コース」の担当に抜擢!現役生徒の早瀬菜緒 (はやせ なお) と天野晃一郎 (あまの こういちろう) を東大に合格させるという目標を持つことに…。

【ドラゴン桜2】の スタッフ


出典Amazon
原作 :三田紀房「ドラゴン桜2」(講談社刊)※週刊漫画誌「モーニング」(講談社)にて2018年から2020年3月現在まで連載中。
チーフプロデュース:伊與田英徳
プロデュース   :飯田和孝
製作著作:TBS

【ドラゴン桜2】の見どころ

ドラマ化のきっかけは、受験制度の改革です。

2019年度で「センター試験」が廃止。 2020年度に新たに「大学入学共通テスト」が実施されます。 しかし、改革の肝である「記述式問題」は出題延期が決定しました。

「知識量」より「考える力」を問うと言われているものの、まだ入試改革は混迷を極めています。そんな世の中で、“真の学力”を身につける勉強法や思考法を原作では伝えてきました。

実写ドラマでは勉強法はもちろん、高校生たちが抱える悩みを描きながら、大人が抱える子育ての悩み、会社での部下へ教育につながるノウハウも描いていく…とのこと。

魂を込めた作品に大いに期待しましょう!

【ドラゴン桜2】の放送日

放送開始日:2020年夏スタート

放送日時:毎週日曜よる9:00~9:54(「日曜劇場」枠)

放送局:TBS系列

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク