2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【やすらぎの刻~道】220話のネタバレと感想!三平が屋根の上に!

テレビ朝日【やすらぎの刻~道】220話のネタバレと感想!

大晦日。公平(橋爪功)の家は、根来家の面々が集まり賑やかに。
竜(駿河太郎)は翔(菅谷哲也に「東京に来ないか」と言うのだが……。

倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】220話が2020年2月18日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】220話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!「やすらぎの郷」との徹底比較
テレビ朝日【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末!初回から最終回までの視聴率を随時更新。前編「やすらぎの郷」の最高視聴率と平均視聴率を掲載。最新ニュースやゲスト出演者についても更新。週単位でのあらすじも掲載。テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本。出演は風間俊介、石坂浩二ほか。
ドラマ【やすらぎの刻~道】キャストとあらすじ!トットちゃん出演決定!?
『やすらぎの郷』の続編「帯ドラマ劇場」『ドラマ【やすらぎの刻~道】キャストとあらすじと主題歌などを紹介。テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰の脚本にも注目。石坂浩二、浅丘ルリ子らの前編からのキャストといしだあゆみや大空真弓ら新メンバーを紹介。二層構造のドラマで昭和時代を描く「道」のキャスト、風間俊介や清野菜名を紹介。
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】220話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】220話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】220話のネタバレ

12月31日。

公平橋爪功)の家は大賑わい。集まってきた子どもや孫が手分けをして大掃除。
公平は邪魔だと追い出され、ニキビ山本圭)の家に行く。

公平とニキビ。
「うちは全員集合だ。じじぃは邪魔だ」
と。
ニキビは西山家の話をする。
ニキビは
「お前のとこは圭がすぐ傍にいるから」
と、言う。
ニキビのところは、子どもが遠くにいて、夫婦二人暮らし。
「俺は家族の大荷物になってきたようだ」
と、ため息をつく。

**

菅谷哲也)と詩子渡辺早織)が窯焼きの場にいる。
そこに、翔の父・駿河太郎)が来る。

竜は結婚祝いだと100万を渡す。翔は断るが
「親父に恥をかかせるな」
と言われ、お金を受け取る。

炭焼きを鉄兵から教えてもらったことを話す翔。
竜は、鉄兵のことは知らない。

竜は、マンションが人手に渡ったことを話し、翔に東京に戻ってこないかと、言う。
「事業を立ち上げるから手伝ってほしい」と言うのだが、
翔は
「こっちでやりかけていることがあるから」
と断る。
竜は
「わかった。お前が生まれ変わってくれて俺は嬉しいよ」
「今言ったことは忘れてくれ」
と立ち去る。

**

その夜。
しの風吹ジュン)が振り込め詐欺に合いそうになったことが話題になる。
みんなが飲んで酔っ払って上機嫌。

公平
「幸せなひとときか、わしはもうこのまま死んでもいいと思った」

**

それから初詣に。

鎮守様、先祖の墓とまわり、記念撮影。
そして、除夜の鐘が鳴る。
「今年も神様が鐘をつきに来てくれた」
と公平。

**

家に戻り布団に入る公平。

「屋根の上で音がしなかったか」
と公平が言うと、しのは
「三平さんよ。みんながあんまり楽しそうなんで三平さん上に来とるんですよ」
と言うしのに、公平は

「お前、飲み過ぎたか。それとも、ボケがきたか」
と……。

<続く>

【やすらぎの刻~道】220話の見どころ

竜(駿河太郎)と翔(菅谷哲也)

竜と翔の親子の場面は、あまりありません。
貴重な場面です。
東京には行かないという翔は大きく成長しました。

【やすらぎの刻~道】220話の感想

とても賑やかな大晦日。今年も除夜の鐘が鳴りました。
三平がやってきたというしの。嬉しそうな顔をしています。しのはいつもどこかで三平を思っているのでしょう。
こんな平和な日がくるなんて、昭和のあの頃には考えられなかったことです。三平も生きていて欲しかった。でも三平が生きていたら、公平としのは結婚をしなかったでしょうね。運命とはとても不思議な巡り合わせです。

アイキャッチ画像:https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/

やすらぎの刻
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】