2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【この男は人生最大の過ちです】1話のネタバレ!もこみちのハマり役にファンから悲鳴!

ドラマ【この男は人生最大の過ちです】の1話が1月19日に放映され、天城恭一(速水もこみち)による奇妙な告白が始まりました。唯が足を引っかけて転がす場面あり、「奴隷にしてください」のシーンあり。「こんな、もこみち見たことない!」と嬉しい悲鳴も上がっています。

ドラマ【この男は人生最大の過ちです】のキャストとあらすじ!ドM社長とドS社員の謎ラブコメ
速水もこみち主演のドラマ【この男は人生最大の過ちです】が2020年1月から始まりました。社長の衝撃告白から始まる「ツンドレ」のラブストーリー!「奴隷にしてください」と懇願するドM社長と、隠れドS女性社員の世にも稀な攻防が見ものです。
ドラマ【この男は人生最大の過ちです】ネタバレ!最終回はもうハッピーエンドしかない!
社長が「奴隷にしてください」と衝撃的な告白! 速水もこみち演じる世にも優れた青年実業家がが、世にも稀なドMキャラ。ドラマ【この男は人生最大の過ちです】のネタバレ記事、そして最終話のネタバレ記事をまとめます。
スポンサーリンク

ドラマ【この男は人生最大の過ちです】1話のあらすじ

天城製薬の派遣社員・佐藤唯(松井愛莉)は、愛犬を亡くした悲しみからバーで酒をあおっていた。「生き返る薬、開発しろよ~」と泣きながらクダを巻いていると、一人の男が声をかけてくる。
「死んだものは生き返らない」。その代わりに、過剰摂取すれば、すぐにでも犬に会える薬を教えると言う。さらに「無駄吠えは家でやれ」と、容赦ない言葉を連射。すると唯は、仕返しに足を引っかけて男を転ばせると、「わざとでーす」と言い捨て店を出る。その男が、自社の社長、天城恭一(速水もこみち)であることも知らずに…。
翌日、社長室に呼び出された唯は、クビを覚悟で出頭。しかし、天城が唯に告げた言葉は「僕を奴隷にしてください」だった。

引用元:https://www.asahi.co.jp/konodan/#story

ドラマ【この男は人生最大の過ちです】1話のネタバレ

(*唯の心の声がこのカラーになっています)

「今日は人生で一番つらい日。彼との出会いは、高校一年・・・」のモノローグで始まった。愛犬を失ったばかりで「強いお酒ください、テキーラあたりを!」と泥酔する唯。勤務先の製薬会社のことを「もっと頑張れよ、生き返る薬、開発しろよ!」とクダを巻いていると、見知らぬ男(天城恭一)から声をかけられた。

過剰摂取すれば犬に会えるという薬を勧められ、唯は「それって私に死ねってこと?」と激怒! 恭一を転ばせてあ、ごめん、わざとでーすと。さらに「世界が思い通りになると思っていたら、ならないことがほうが多いんだから、勘違いするな!」と捨て台詞で店を出た。


翌日の玄関ホールで「私、ちゃんと見たことないかもです、社長の顔」と、唯は社員たちが社長の登場にかしこまるなか、のんびり席に着いた。そこに当の社長、天城恭一がやってきて「お手すきになったら、社長室にお越しいただけますか? 佐藤さん」と言われ、唯の頭の中は「チーン!(終わり)」。

「どうか、昨日のが双子の片割れでありますように・・・」なんてつぶやきながら社長室に行くと、「社員番号174031、佐藤唯さん・・」と呼ばれ、緊張はさらに上昇! 会話の端々に、天城恭一はアクが強く、イヤラシイ感じなのが見えてくる。「普通の人には無理なんでしょう!」とか「僕の能力が高すぎる」とか、唯のイライラは募るばかり。「怒るなら怒って!クビならクビと早く言って! いや待って、クビは嫌です」。しかし、ついに社長から発せられた言葉はこれでした。

「社長命令です。僕を奴隷にしてください」・・(あーあ奴隷ね、奴隷ならいいか? いや違う)。「これからは僕を佐藤さんの犬にしていただきたいのです」・・(い?ぬ?)そう、天城恭一はあの瞬間「わざとでーす」と転がされた時に、唯に電撃的恋に陥っていた。をしていた!「あなたのためなら何でもします。あなたにふりかかる災いをすべて、いねとお祓いします」と畳み掛けられ、ブラックカードを渡されそうになったた唯は、「や、めて!」と、またもや恭一を足蹴にしてしまった。

「ねえ、バカにしてる?お金じゃどうにもならないものもあんの!」と胸ぐらを掴んでから我に返った唯は「すみません、私また・・・」。「もっと、もっと蔑んでください。むしろ馬鹿にしてください」。「こわ。。!!」唯は逃げ出すしかなかった。

唯に「コーヒー淹れて」と頼んだ部長には、恭一が現れてコーヒーの粉を頭からザァー! 「なぜ、あなたのコーヒーを佐藤さんが淹れないといけないのですか?」とーー。研究室では開発部一同が整列して『愛犬を薬で救えなかったこと』を唯に謝罪。先頭で恭一が土下座して謝罪。そんな流れに耐えられず、唯は醜態だから止めて!と頼んだが、恭一から「醜態こそ晒したいんじゃないですか!」と言われる始末。

「あ、駄目だコイツ!」

それでも仕事場で特別扱いされ、社員の視線に耐えられなくなった唯は、再び社長室に出向いて直訴する。そして二人で頭下げ合戦(!?)。

二人の喧嘩はまだまだ続く。「社長といるとおかしくなりそうです!」。それでも恭一は唯にキスしそうになっては転ばされ、靴を舐めようとして足蹴にされ、唯はついに「じゃあ、命令です。今後一切、私に近づかないでください!」と、近づくこと禁止令を発動ーー。とりあえず、恭一は唯に近づかなくなった。

ドラマ【この男は人生最大の過ちです】1話の感想

1話で天城恭一の、あり得ない言動が多々見られました。なんかヘンな人物です。しかし経営者・研究者として抜群に優秀なこの青年が、恋してしまった相手もまた、只者ではありません。だって唯もまた、大人しいだけの女の子でなく、酔ったとはいえ絡んできた相手に足をかけるし、その人物が社長と分かった後もなお、カッとなるといつの間にか暴力的になるし・・。唯もかなり変人。一瞬でキッと表情が豹変するところなど、思いっきり変人です。

ただし唯は素直で憎めない人。ヘンな社長で何やら闇がありそうな恭一と、おかしな社員だけど愛らしい唯が、変人キャラをどこまでも絡めあわせていくのでしょう! まだまだ1話なのに二人のあり得なさは、なかなかのものでした。

タイトルからして「この男」恭一がシュールで奇妙なのは織り込み済み。加えて唯の変人ぶりも楽しみです。そして天城恭一役によくぞ、もこみちさんを選んでくれました。足が長くて飄々としていて、主張があるのか無いのか分からないーー。そんな役を自在にあやつる速水もこみちさんは、恭一にピッタリ過ぎて、しかも新しい「顔」で、往年のファンが歓喜するのも頷けます。

もこみちさんは、「緊急取調室」ではモツナベこと渡辺鉄次で、フワッとして捉え所のないキャラクターでした。フワッとしているけど、さすがに眼の焦点は合っていました(笑)。今回、10年ぶりの主役で、何かと意味不明なドM社長をどう表わしてくれるかーー。期待しています。

ドラマ【この男は人生最大の過ちです】1話の視聴者の反応

1話が放映されて面白かった、早く続きを見たい!という声が多数見られます。終わったとたんに次のを見たいとは、かなり高評価。

「正しいもこみちの使い方」とはファンならの称賛。しかも、似合っている、サスガ!というだけでなく、普段のもこみちさんから、こんな脱力感は想像できません。「何これ!」とファンはワクワクしながら笑い出し「こんなもこみち見たことない!!」と、嬉しい悲鳴を上げることに・・・

【この男は人生最大の過ちです】1話のまとめと今後の期待

1話にして天城恭一(速水もこみち)佐藤唯(松井愛莉)のキャラクターがしっかり描かれ、二人の奇妙な掛け合いも楽しめました。もっとも恭一は訳の分からない人で、まだまだ謎が多いのですがーー。ドMキャラになった理由や生い立ちも、追い追い出てくるのが待たれます。

ドラマのテンポもよく、30分では短い、終わってしまって待ちどおしい、という反応が目立ちました。あと9話くらい描かれるとして、「あなたのためなら何でもします」「や、めて!」みたいな喧嘩が、延々と繰り広げられるでしょう。1話では藍田航之郎(平岡祐太)や、三島冴(田中道子)はまだ出て来なかったので、彼らがどう絡んでくるかも期待されます。ネタバレながら二人はまだ2話にも出てきません。その代わり愉快なゲスト出演も予定されており、そんなところもドラマならではの楽しみですネ。

この男は人生最大の過ちです
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】