2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【アライブ・がん専門医のカルテ】1話の視聴率とネタバレ!木村佳乃の目的は何?

フジテレビ木曜ドラマ【アライブ・がん専門医のカルテ】1話の視聴率とネタバレ!
腫瘍内科医のオンコロ先生こと心(松下奈緒)が勤務する病院に、消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)が転籍してきて……。
薫の目的はいったい何!?

2020年1月9日・初回15分拡大放送の【アライブ・がん専門医のカルテ】1話の視聴率とネタバレ、ゲスト、感想を紹介します。

【アライブ・がん専門医のカルテ】視聴率と最終回ネタバレ!木曜10時・医療物語で低迷脱出?
フジテレビ【アライブ・がん専門医のカルテ】視聴率と最終回ネタバレ! 心(松下奈緒)と薫(木村佳乃)、二人の女医ががん患者と向き合う原作なしの【アライブ・がん専門医のカルテ】は、木曜夜10時から放送の医療ドラマです。 「モトカレマニア」で...
ドラマ【アライブ・がん専門医のカルテ】キャストとあらすじ!松下奈緒と木村佳乃が最新医療に挑む!
ドラマ【アライブ・がん専門医のカルテ】キャストとあらすじ! 2020年冬ドラ・フジテレビ木曜ドラマは、腫瘍内科医の恩田心(松下奈緒)と消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)の2人の女医の生き様を描く新しい医療・ヒューマンドラマ。 日本では初め...

見逃し配信「アライブ・がん専門医のカルテ」、フジテレビ・木曜夜10時ドラマの過去医療ドラマ「医龍-Team Medical Dragon-」「Dr.コトー診療所」はFODプレミアムで視聴できます。

スポンサーリンク

【アライブ・がん専門医のカルテ】1話の視聴率

【アライブ・がん専門医のカルテ】1話の視聴率は8.4%でした。(ビデオリサーチ調べ 関東地区)

【アライブ・がん専門医のカルテ】1話のゲスト

石野真子(役:村井恵子)
田口トモロヲ(役:山本忠司)

【アライブ・がん専門医のカルテ】1話では、石野真子さんが余命3ヶ月のがん患者を演じます。
石野真子さん演じる、村井恵子の恋人役が田口トモロヲさんです。

NON STYLE 石田明(役:緊急で運ばれたがん患者)

お笑いコンビ「NON STYLE」の石田明さんは民放連続ドラマ初出演。

【アライブ・がん専門医のカルテ】1話のあらすじネタバレ

【アライブ・がん専門医のカルテ】1話のあらすじ

恩田心(松下奈緒)は横浜みなと総合病院に勤務する腫瘍内科医。様々な症状のがん患者と日々向き合い、忙しい毎日。
この日、心は、担当患者・高坂民代(高畑淳子)に再発の告知をしていた。民代にとっては幾度目かの経験で、軽口を叩き去っていく。一息つく間もなく、次は、化学療法室から緊急の連絡。初日の研修医・結城涼(清原翔)と共に駆けつけると、初来院の男性患者が倒れていた。
https://www.fujitv.co.jp/alive/story/story_01.html

【アライブ・がん専門医のカルテ】1話のネタバレ

心(松下奈緒)と薫(木村佳乃)の出会い

高坂民代(高畑淳子)を診察する恩田心(松下奈緒)
がんが再発をしていることを告知。
民代は心に患者と家族の集まり「やどりぎの会」のチラシを渡し、参加をして楽しかったと話す。

**

腫瘍内科の部長・阿久津晃(木下ほうか)は研修医・結城涼(清原翔)夏樹奈海(岡崎紗絵)に腫瘍内科についてを説明。
抗がん剤を使うスペシャリストが腫瘍内科医だといい、人材不足だからと涼と奈海を誘っている。

心は「オンコロ先生」と呼ばれている。
腫瘍内科医の光野守男(藤井隆)は、恩田心を略してオンコロ、もうひとつは、腫瘍内科(メディカル・オンコロジー)から、オンコロ先生と呼ばれていると研修医の二人に説明。

**

ある男性・トノヤマ(石井明)が運ばれてきた。
緊急診察をする心。
男性は紹介状を持っていて、宛名は消化器外科部長・美川部長だ。
診察をした心は、一度生検をしたほうがいい、と美川部長に言うのだが、イヤミを言われ拒否されてしまう。

**

仕事を終え、関東医科大学中央病院へ向う心。
病院には意識不明で寝たきりの夫・匠(中村俊介)が入院している。
そして、ひとり息子・漣(桑名愛斗)を迎え行く。

**

匠の意識が戻らず、日々、忙しい心は、民代が参加したという「やどりぎの会」に参加。
そこでは、家族に寝たきりの人がいる人たちが集まり、自身のことを順番で話していく。
初めて参加をした心が身の上話をすることに。

「夫は3ヶ月前に事故に遭って、意識不明になりました。
雨の日で、風も強くて、看板の下敷きになって
損傷が酷くて……」
と話し始めた心だが
「あの、こんなことして意味ありますか」
と言ってしまい、その場から逃げ出してしまう。

帰ろうとすると自転車がパンク。
仕方なく自転車を転がしていると、1台の車が止まり
「よかったら送りますよ」
と女性が声を掛けてきた。
その女性は、さっきの「やどりぎの会」にいた女性・梶山薫。

心は薫の言葉に甘え、送ってもらうことに。
車内で心は匠のことを話し始め泣いてしまう。

薫(木村佳乃)は消化器外科医

病院。

心は内緒で先日の患者・トノヤマを検査したい、と言い出すが、既に検査が終了していた。
美川は、心が検査をしたと思い込んでいて
「勝手に検査しないで」
と心を責める。

そのとき
「検査をしたのは私です」
と薫が登場。
転籍してきたばかりの薫は、消化器外科医。

「強烈なのが来ましたね」
なんてコソコソ言われている。

**

食堂にて。

薫はボランティア活動で例の患者の会に参加していると言う。
薫が関東医大にいたと知り、心は
「夫がいる病院だ」
と告げる。
心は薫に
「なんでうちの病院に?」
と訊くのだが、答えを聞きそびれる。

**

一方、心に新たな患者が。
患者・恵子(石野真子)は、原発不明がん(がんが最初に発生した臓器が特定できない転移がん)で根治が難しい。
恵子の恋人・山本(田口トモロヲ)は心に
「けいちゃんを助けてくれ」と懇願するのだった。
心は二人に
「がんの治療は、3つの“あ”、慌てない、焦らない、あきらめないことが大切です」
といい、誠心誠意の治療をすると誓います。

**

いつものように、匠を見舞う心は、転寝。匠が元気な頃のことを夢で見る。
そして、漣と帰宅すると、家には義父・恩田京太郎(北大路欣也)が来ていた。
京太郎は家事をしてくれ、助かるのだが、心は気をつかう相手。

京太郎は
「ひとりで抱え込まないで」
と心に言い、匠ことを
「お互いに覚悟をしないといけないね」
とも。

恵子(石野真子)の治療が始まる

再び、心は薫と一緒に「やどりぎの会」に行く。
そして、この間、突然帰ったことを謝る。
そのとき、妊娠中の女性が痛みを訴える。
母子手帳から36週で軽い妊娠高血圧とわかり、心と薫は、その場で診察をする。
女性は、薫と心の応急処置で無事に出産。

このとき、患者が昔、卵巣腫瘍を患っていたと聞き心は何かを閃く。

**

心は、恵子の卵巣がんを疑い検査を再び行い、腹膜がんだと判明。

抗がん剤治療をして腫瘍を小さくしてから手術をする。
そのために化学療法を行うことに。

**

心と薫。

「村井さんのオペを手伝うことになった」
と薫。
心は
「よろしくお願いします」
と頭を下げる。
そして
「あの二人、少しでも長く一緒にいたいだろうなと思って」
と……。

**

そんな中、恵子は抗がん剤でアレルギー反応が起きてしまい、治療は中断。
違う薬に変更することになった。
同意書を書く山本。
その手が止まる。

**

恵子に
「すぐに手術はできないですか」
と言われ、心は、今のままでは難しいと言うと、恵子は
「もういい」
と言い出した。
「諦めます」と。

「変に希望とか言わないでください。
そいうのに裏切られてきたんです。
治らないのに苦しい治療をするなら、もっと、ほかのことに時間を使いたい」
と。

それには理由があった。
実は、山本は若年性認知症だった。
同意書に名前を書けなかったのはそのせいだった。
プロポーズをしたことも忘れているらしい。
「だから、記憶のあるうちに、楽しい思い出を作りたい。
だから、治療はしません」
と恵子はきっぱりと言う。

**

その頃、薫は関東医科大学付属病院・消化器外科医の須藤進(田辺誠一)を呼び出し、恵子の手術について相談をする。

**

恵子と山本は仲良く話をするが、山本の認知症は明らかに進行している。
恵子は治療を中止することを山本に告げるが、山本は反対をする。

**

高坂民代を診察。

民代は、夜寝るとき、明日の朝がむかえられることを祈るのだと、笑いながら話す。

**

カンファレンスで薫は恵子の手術をすると言いだす。
腫瘍の全摘出は難しい。
薫の意見に反対をする医師がほとんど。

認知症の山本(田口トモロヲ)がプロポーズ

山本と心。

「手術は不可能ですか」
という山本に心は
「選択肢はあります」
と答える。
しかし、山本は
「僕は無力です」
と言い出してしまう。
そこで心はある計画を実行することに。

**

朝方、心は恵子のところに。
恵子を車椅子に乗せ、外へ行く。

そこには山本が待っていた。
太陽が昇るのを眺める三人。
深呼吸。

そして、山本は恵子に指環を渡す。
「結婚してください」
恵子はOKをする。
そして、手術の決意をする。

薫(木村佳乃)の過去

消化器外科医局

やどりぎの会のチラシをシュレッダーにかける薫。
その姿を誰かが盗撮。

<薫の過去が流れる>

変装をした薫は、チラシを民代に渡し勧誘。
心が初めて会に参加したとき、心の自転車をパンクさせたのは薫。
恵子のオペをしたいと無理矢理、頼みこむ。

**

心から恵子の手術を頼まれた薫は執刀する。
心は腫瘍内科のカメラでオペの様子を眺めている。
そんな心の姿を見て
「医者なのに祈るしかできないってしんどい」
と涼。

手術は無事に終わる。
山本が飛んできて「ありがとうございます」と泣きながらお礼を言う。
その相手は心ではなく薫だった。

涼(清原翔)の「ありがとう」に微笑む心

恵子の病室。

「先生、私ホスピスに行く予定でした。
治らないのに何で受け入れてくれたんですか」
と恵子。
「患者に寄り添うのが腫瘍内科の仕事」
と心。

恵子は“みっつのあ”をずっと聞いていたと。
そして、心に
「ありがとうございました」
と言うのだった。

涼は心に
「4つめの“あ”ですね」
それは……
「ありがとう」
だと。

**

薫は過去を思い出す。

手術室。
須藤に後を頼むといわれ、オペをしている薫。
その時、患者の容態が急変。
「パッキングしすぎた」の声。
患者の名は“恩田匠”。
「もともと損傷が激しかった、きみのせいじゃない」
と須藤。

**

須藤に会う薫。

「この間はありがとう。うまくいった」
という薫。

怖かったと言う薫に
「久々のオペだったし仕方ないよ。
なっ、彼女がいる病院だよな。
何のために近づいている」
と問い詰める須藤。

…… 薫は答えない。

【アライブ・がん専門医のカルテ】1話の感想

想像以上に良かった

体験者の声

主題歌「はるどなり」を歌う須田景凪さんのツイート

主題歌もストーリーも良かった

【アライブ・がん専門医のカルテ】1話のまとめ

初回というので15分拡大の「アライブ・がん専門医のカルテ」。
場面がころころ変わりますが、心中心に物語は進んでいきます。患者さんにお笑いコンビ「NON STYLE」の石田明さんが出演していましたね。
単純に医療物語だけではないのが面白い。木村佳乃さん演じる薫は、何を考えているのか。
匠の手術はミスなのか。その真相がわかるまで、さらなる謎が発生するのかも!?
【アライブ・がん専門医のカルテ】2話は、乳がんの物語。患者を演じるのは、寺脇康文さん、小川紗良さんです。

【アライブ・がん専門医のカルテ】2話は、1月16日、フジテレビ木曜夜10時から放送です。

記事内画像:https://www.fujitv.co.jp/alive/