2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

ドラマ【DASADA】のキャストとあらすじ!日向坂46初主演 ハッピーオーラ全開!?

DASADA
出典日テレ

ドラマ【DASADA】のキャストとあらすじ!

「日向坂46」が初主演する連続ドラマ【DASADA】(ダサダ)が2020年1月15日深夜スタート!

紅白も初出場したばかりの日向坂が、メンバー総出演。マロニエ女学院の生徒たちが、クラスで“ダサい”と評判の少女たちを中心にファッションブランド「DASADA」を立ち上げることに!

欅坂46の2軍のようだった「けやき坂46」(通称:ひらがなけやき)時代の苦労を経て、改名しブレイク中の日向坂。大人気アイドルの彼女たちが2020冬に贈る、学園青春ストーリーです。

今回はドラマ【DASADA】のキャストとあらすじなどについて紹介!

※見逃した方は、Huluで!オリジナルストーリーも配信予定。(2020年1月現在の情報です)

【冬ドラマ一覧】2020年1月期の新番組情報まとめ!
【冬ドラマ一覧】2020年1月期の新番組情報まとめ!2020年1月スタートの冬ドラマ情報が出始めたのでまとめていきます。地上波・朝ドラ、深夜ドラマ、ネット配信動画まで一挙紹介!冬ドラマ情報と、キャストやあらすじ、ネタバレなど最新情報記事へのリンクも随時更新!
スポンサーリンク

ドラマ【DASADA】の主演キャスト:日向坂46とは?

主演は「日向坂46」

メンバー18名が総出演する、ファン必見かつ待望のドラマになります。

「日向坂46」とは?

「日向坂46」(ひなたざかフォーティーシックス)とは、2019年2月11日に改名によって誕生した女性アイドルグループ。

秋元康がプロデュースする「坂道シリーズ」(乃木坂46、欅坂46、吉本坂46)内のひとつ。

AKB48グループ(=48グループ)とは一応、違う存在。46グループと言うより「坂道グループ」と呼ばれています。※公式には「坂道シリーズ」だそうです。

2011年にAKB48の公式ライバルとして結成されたのが乃木坂46。

以降、欅坂→けやき坂→吉本坂→日向坂(改名)と続けて発足されています。

↓年表参照(CDデビュー順)

グループ活動開始日CDデビュー日カラー
乃木坂462011年8月21日2012年2月22日    紫
欅坂462015年8月21日2016年4月6日    緑
吉本坂462018年8月20日2018年12月26日    橙
日向坂462015年11月30日結成
2019年2月11日改名
2019年3月27日    空色

現メンバーは以下の20名(1名は休業、1名は自粛中)

●1期生(10名):井口眞緒(2019年9月8日から活動自粛中)、潮紗理菜、影山優佳(2018年6月1日から活動休止中)、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依

●2期生(9名):金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、濱岸ひより(2019年6月21日から活動休止、2020年1月7日に活動再開を発表)、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂

●3期生(1名):上村ひなの

●卒業:長濱ねる(オリジナルメンバー)、柿崎芽実(1期)

「日向坂」誕生のきっかけ

「けやき坂46」(ひらがなけやき)は、長濱ねる(ながはま ねる)が特例で欅坂46に加入する際に、欅坂46の後輩≒アンダーグループとして発足しました。

長濱ねるさんは、欅坂46の第1期のオーディションで最終審査まで進んだものの、親の反対により長崎へ連れ戻されてしまいました。

悔しくて泣きじゃくる娘(長濱ねるさん)を見かねた父親が運営側に相談した結果、特例で欅坂46の一員に!

そして「けやき坂46」(通称:ひらがなけやき)も誕生。これは、バラエティ番組『欅って、書けない?』(2015年11月30日)放送中に発表されました。(この日がのちの日向坂の活動開始日とされています)

なぜそのまま欅坂で活動でなかったのでしょうか?

長濱ねるさんは、最終オーディションを受けていないため、他のメンバーと同様に加入するのではなく、まずは欅坂46のアンダーグループ「けやき坂46」(ひらがなけやき)を結成し、そのメンバーとして活動をスタートさせようと運営スタッフが考えたわけです。

つまり、けやき坂46を結成した理由は、長濱ねるさんの活動のためでした。

「ひらがなけやき」時代の年表

年月出来事説明
2016年5月8日1期生決定オーディションにより選ばれた11名と長濱ねるの計12名が決定。
2016年8月初の握手会全力すぎ事件握手のレーンがガラガラだったため遠くのファンに全力で手を振っていた事件※1
2016年12月ライブ参加欅坂46ワンマンライブに参加
2017年3月-ワンマンライブ初のワンマンライブ開催(Zeppツアー)
2017年4月大道芸ムリヤリ習得事件「ひらがなはエンターテインメント集団を目指すんだ」という迷走した方針で、大道芸を「ムリヤリに習得」し披露
2017年4月1期生 衣装部屋たてこもり事件2期生募集の発表前にリハーサルで知ってしまった1期生たちはショックを受けて立てこもり※3
2017年8月富田鈴花 不正合格事件2期生富田さんがダンス審査でダンスを覚えていなかった事件※4
2017年8月13日2期生加入追加メンバーの合格者9名が決定。
2017年9月24日長濱ねる・欅坂へ長濱ねるさんが、欅坂46の5thシングル「風に吹かれても」から「けやき坂46」との兼任解除が発表され、欅坂46専任へ。※5
2017年9月25日-全国ツアー翌日から1期生11人での全国ツアー札幌公演が開催

※1…佐々木久美さんが明かす(2019.04.7テレビ番組にて)
※2…高瀬愛奈さんが明かす(2019.04.7テレビ番組にて)
※3…佐々木美玲さんが明かす/2019.04.7テレビ番組にて)大道芸と同じ会のため、2期生の富田さんは会場にいたそうです。黒歴史でなく「大道芸もショーとして楽しんでました」と富田さんは語ります。
※4…渡邊美穂さんが明かす/2019.04.7テレビ番組にて)
※5…長濱ねるさんは2019年7月30日に欅坂46を卒業しています。

グループの中心だった長濱ねるさんが去って、ひらがなけやきメンバーは方向性を見失い、迷走しながら活動していきます。

「ひらがなけやき」時代の苦労

テレビ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」(2019年12月23日放送)で、日向坂メンバーが苦労した歩みを明かしました。

キャプテンの佐々木久美さんは…

結成のきっかけは(元欅坂46の)長濱ねるのため、そのために集められたグループでした。

結成当時の握手会は同じ人が何回も並んでいる状態で列がまったくできない状況に、「滑走路って呼ばれてました」

「今、こうやってお仕事できてることが本当に幸せ」

「日向って太陽がないとできないじゃないですか。私たちもファンの方々がいないとこういう活動はできていないので、そういう気持ちも込めて、ファンの方を“おひさま”って呼ばせてもらっています。」

「人生が変わる1分間の深イイ話」より

と不遇の時代を経ての今に対しての感謝をコメント。

加藤史帆さんも、当時はレッスンも月1程度と明かし…

「自分がアイドルっていう自覚がなかった」

「人生が変わる1分間の深イイ話」より

と自虐(?)コメント。齊藤京子さんは…

「私たちのグループの居場所が3年間ずっとわからなくて、そこでようやく認められたなって思いました」

「人生が変わる1分間の深イイ話」より

長濱ねるさんが欅坂46専属になってからも、地道に活動をしていき、ライブや冠番組などで活躍してきた「ひらがなけやき」です。

次はその「ひらがなけやき」時代の活躍をまとめ年表で確認 ↓

長濱ねるが去ったあとの「ひらがなけやき時代」の年表

2017年出来事説明
10月19日ドラマ主演けやき坂46初主演ドラマ「Re:Mind」放送開始 ※1
11月6日全国ツアー「ひらがな全国ツアー」福岡公演
12月12、13日全国ツアー 「ひらがな全国ツアー2017FINAL」2期生が初めてライブに参加
12月14日ニックネーム“こさかな”パクられ事件「こさかな」と富田鈴花が言った日。結論としては勘違いの事件。※2
2018年出来事説明
1月30日 – 2月1日初の武道館日本武道館3days公演
4月9日初の冠番組『ひらがな推し』(テレビ東京)がスタート
4月20日初の舞台初舞台『あゆみ』に全員出演
4月17日日テレ・冠番組『KEYABINGO!4 ひらがなけやきって何?』(日本テレビ)がスタート
5月6日舞台坂道グループ合同の舞台『ザンビ』に出演
5月21日専属モデル小坂菜緒がけやき坂46で初の専属モデルに。(セブンティーン)
6月1日メンバー休止影山優佳が学業のため一時活動休止を発表
6月3日キャプテン佐々木久美がキャプテンに就任
6月4日ツアー「走り出す瞬間ツアー2018」がスタート
6月20日デビューアルバムアルバム『走り出す瞬間』発売 ※3
11月29日3期生1名が加入「坂道合同オーディション」の結果、として上村ひなの(かみむらひなの)が加入。
12月上村ひなのの事件「上村ひなのが干し芋にハマる」を年表に追加 ※4

※1…けやき坂としての初主演ドラマ。1期生と渡邉美穂(2期生)が出演。

※2…富田鈴花さんが小坂菜緒さんのニックネーム「こさかな」を一番先につけたと自称していた日。 加藤史帆さんが名付けたと言われていたが、私がつけたと主張。しかし2017年10月頃、佐々木久美さんが「こさかな」と付けていたと判明。(2019.04.7テレビ番組にて)

※3…ヒット祈願として、全員バンジーに挑戦しました。(『ひらがな推し』2018.06.17深夜放送より)

※4…番組の年表作成の企画において、年表追加が決定。(『ひらがな推し』2019.04.14深夜放送より)

「日向坂46」の年表

2019年出来事説明
2月11日日向坂46に改名アンダーグループの位置を脱却!
2月12日ひらがなおもてなし会2期生9名による、おもてなし会
3月2日名称おひさまファンの名前を「おひさま」に決定※1
3月5日、6日デビューライブ『日向坂46 デビューカウントライブ‼︎』(横浜アリーナ)開催
3月27日1stシングル日向坂46のデビューシングル「キュン」発売※2
4月8日冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京)がスタート
(「ひらがな推し」からタイトル変更)
4月16日冠番組『HINABINGO!』(日本テレビ)がスタート
7月16日冠番組『HINABINGO!2』(日本テレビ)がスタート/9月24日終了
7月17日2ndシングル「ドレミソラシド」を発売※3
8月11日メンバー卒業1期生の柿崎芽実さんが卒業
9月26日ライブ『日向坂46 3rdシングル発売記念ワンマンライブ』(さいたまスーパーアリーナ)開催
9月29日冠番組『セルフ Documentary of 日向坂46』(TBSチャンネル)がスタート。
月1回で全6回または7回(予定)。
10月2日3rdシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」発売※4
12月4日検索大賞『Yahoo!検索大賞2019』のパーソンカテゴリー・アイドル部門受賞
12月17日・18日ライブ『ひなくり2019』(幕張メッセ)開催
12年30日初のレコ大「日本レコード大賞」(TBS)で、優秀作品賞ノミネートの「ドレミソラシド」披露
12月31日初の紅白『第70回NHK紅白歌合戦』に初出場。「キュン」を披露
2020年出来事説明
1月15日-初主演ドラマ日向坂46の初主演ドラマ『DASADA』放送開始
2月19日4thシングル「ソンナコトナイヨ」発売
3月18日 – 5月14日ツアー広島(3月18日・19日)・福岡(3月31日・4月1日)・大阪(4月10日・11日・12日)・群馬(5月8日・9日)・神奈川(5月12日・13日・14日)の全国5ヵ所で「全国アリーナーツアー」
12月6日 – 7日ライブ東京ドームで『ひなくり2020』開催予定

※1…日向坂46ファンの名前はおひさまに決定したとSHOWROOMで発表。(公式ブログより)

※2…「キュン」は、女性アーティストの1stシングル初週売上の歴代1位を記録!(ヒット祈願で120km駅伝を実施)

※3…ヒット祈願でドラゴンボート15km走破+登山(番組『日向坂で会いましょう』より)

※4…ヒット祈願で「日向坂で会いましょう」番組オリジナルPVをワンカット撮影。

ドラマ【DASADA】のあらすじ

あらすじ(全体)

平凡な日々を過ごしていた私立マロニエ女学院の生徒たち。
ある日、クラスでも“ダサい”と評判の少女を中心にファッションブランド「DASADA」を立ち上げることに。
同じ目標に向かうことで築かれていく友情、そして叶えたい夢。
だが、夢をかなえるために奮闘する彼女たちの前に、学園生活の中でさまざまな騒動が巻き起こっていく…。
「DASADA」を取り巻く学園青春群像劇が幕を開ける!

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/intro/

第1話 「出会い」のあらすじ

容姿は完璧だが何故かモテない私立マロニエ女学院2年生の佐田ゆりあ(小坂菜緒)は、親友の立花ゆりこ(佐々木久美)と畑屋菜々緒(富田鈴花)と平凡な日々を過ごしていた。

だがある日、実家の「佐田洋裁店」に借金の取り立てが来る。ゆりあは両親が大切にしている店を取られまいと、半年で1000万円を返済するという約束をしてしまう。

お金を稼ぐために仕事を探すも、なかなか見つけられずに途方に暮れ、落ち込むゆりあ。
そんな時、同じクラスの篠原沙織(渡邉美穂)の洋服のデザイン画をみつける。
自分と沙織のデザインがあれば、半年で1000万円稼げる!と考えたゆりあは、沙織に「一緒にブランドを作ろう」と持ちかけるが…。

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/story/01.html

第2話 「始まり」のあらすじ

沙織(渡邉美穂)に「一緒にブランドを作ろう」と誘うも断られたゆりあ(小坂菜緒)は、理由が「ダサい」という事にショックをうける。一方、沙織は大好きなクリエイティブアイドルユニットFACTORY【ぐいのみ(東村芽依)/おちょこ(松田好花)/トックリン(河田陽菜)】ファンのオフ会に誘われる。オフ会に行くも、沙織は同じFACTORYファンのキラリ(高瀬愛奈)にバカにされ、悔しくなり飛び出してしまう。その帰り道、公園でTシャツを売っているゆりあを見つける。ゆりあは、沙織とどうしてもブランドを立ち上げたいとお願いをする。そんな矢先、沙織はある事実を知る…。

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/story/index.html

ドラマ【DASADA】のキャスト

小坂菜緒(役:佐田ゆりあ)

dasada-キャスト-01
出典https://www.ntv.co.jp/dasada/character/

登場人物:佐田ゆりあ(さだ ゆりあ)……マロニエ女学院2年生。とにかく可愛いと自分でも思っている究極の天然な性格。親友の立花ちゃん、菜々緒といつも一緒にいるクラスの中心人物。

しかし、どこかダサいせいで、周囲からなんとなく下にみられている面もある。沙織と出会い、ブランド「DASADA」 の立ち上げを決意。一見、世間に流されているようにみえるが、フラットな目線を持っている。

そんな彼女に周囲の人たちは惹かれ、変えられていく。実家は古くから続く「佐田洋裁店」。

キャスト:小坂 菜緒(こさか なお)…2002年9月7日生まれ。大阪府出身。日向坂46の2期生。愛称:こさかな。

・日向坂46のシングル曲・4作連続でセンターに抜擢されている。

・2018年6月から『Seventeen』(集英社)の専属モデルを務めている。

・『恐怖人形』(2019年11月15日) で映画初主演も務めた。

・『日向坂で会いましょう』の司会・若林(オードリー)の「ごひいき」メンバー。前身の番組『ひらがな推し』第1回放送のとき、小坂だけがMCはオードリーさんがいいと推していた。そのときから好印象のもよう。若林の著書も読みアピールしたことも。フラッシュ暗算も得意で、番組で披露したこともある。

・若林のごひいきを決め直した(?)企画(2019.11.24放送)のときも、これからも「ひいき」することを明言されている。

【コメント】
“佐田ゆりあ”は私の性格とは全く違う逆のキャラクターです。すごく明るくていつもテンション100%って感じです。なので初めはどうしたらいいかわからなかったのですが、メンバーの丹生明里をみていると、似てるかも!!と思ったので、丹生をイメージしていました。
あとは、普段の生活でいつもよりテンションをあげたりしてました。少しだけ笑
日向坂らしいところもあったり、コメディー要素もあるので、みてくださっている皆さんにも楽しんでもらえると思います。私と美穂の絡むシーンはすべてみどころです。笑えて泣けて面白いですよ!

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/articles/449q4vtcalmuw42sy3n.html

渡邉美穂(役:篠原沙織)

dasada-キャスト-02
出典https://www.ntv.co.jp/dasada/character/

登場人物:篠原沙織(しのはら さおり)……マロニエ女学院2年生クラスの空気的存在。いつもスケッチブックにデザイン画を描いている。コミュニケーション能力が低く思っていることをストレートに言ってしまう。群れたり目立ったりすることは好きではなく、一人でいることをなんとも思わない性格。「FACTORY」が大好きで、リーダー“おちょこ”を特に尊敬している。

キャスト:渡邉 美穂(わたなべ みほ)…2000年2月24日生まれ。 埼玉県出身。日向坂46の2期生。愛称:みほ、べみほ、キョロちゃん。オードリーからは「ミホ・ワタナベ」と呼ばれることが多い。

・1期生のメンバーとともに、けやき坂46主演のドラマ「Re:Mind」に出演した。

・特技は部活経験のあるバスケットボール。オードリーの春日との対決も番組でたびたび披露。メンバーの中では体育会系の方。

・好きなものは、パン。バラエティで、オードリーによる持ち物検査にて「パンパンパーン、パンになりたい」と書いたメモが発見された。食パン好きだが、菓子パン好きの佐々木美玲からは「まだまだですね」と言われたことがある。(番組『ひらがな推し』より)

【コメント】
ドラマが決まった時ずっと演技のお仕事に挑戦したかったので素直に嬉しかったです。日向坂46の全員でドラマさせていただくのは初めてなので、「どんな感じになるのかな~」とわくわくしました。“篠原沙織”の役はいつもの自分からあまりイメージできない役柄だったので最初は難しかったです。撮影期間中は言葉使いを役柄に近づけて生活したり、頭に沙織を住まわせていました。今回のドラマでは体をはることが多かったので今後バラエティや演技のお仕事に活かしていけると思います。思い切ってやってみることもすごく大切だなと思いました!

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/articles/449q4vtcalmuw42sy3n.html

齊藤京子(役:小笠原真琴)

dasada-キャスト-03
出典https://www.ntv.co.jp/dasada/character/

登場人物:小笠原真琴(おがさわら まこと)…マロニエ女学院3年生。バレーボール部部長で仲間想い、コツコツ努力することが好きな性格。暑苦しく一生懸命な姿が周囲からダサい存在だと思われているが周りの目は気にせず自分を持っている。他の生徒と比べると一番大人な考え方の持ち主。ゆりあが、バレー部を3日で辞めたことを根に持っていて彼女を追い回している…と思われているが…。

【コメント】
今回演じた“小笠原真琴”という役がもう自分にピッタリすぎるキャラクターで自分でもはまり役と思えるほど素で取り組めてすごく楽しく、演じやすかったです!
真琴先輩は廊下を絶対に走らなくて、どんなに焦っていても早歩きかつ笛を吹いています。本当に熱血で真面目な性格です。
それと撮影中、とろろちゃん(井口眞緒)とのシーン全般が最高です!みんな笑ってしまってNGをたくさんだすほど面白くて、とろろちゃんが出ているシーンは最高なので注目してほしいです。

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/articles/449q4vtcalmuw42sy3n.html

キャスト:齊藤京子(さいとう きょうこ)…1997年9月5日生まれ。東京都出身。日向坂46の1期生。愛称:きょんこ。『ar』のレギュラーモデル(2019年6月~ )。

・趣味はラーメンを食べること。一番好きなのは日高屋のチゲ味噌ラーメン(「ひらがな推し」より)。

・番組「ひらがな推し」の「抜き打ち手荷物検査」企画にて、東京23区の名所を紹介する「ラーメン雑誌」、ラーメンの油対策である「紙エプロン」が大量にカバンから出てきた。

・特技はバビ語。桐谷美玲さんがテレビでしていたのを見て、小学四年生のころから披露している。

・料理は苦手。(カップラーメンも作れない。「3分リレークッキング」企画でナポリタン作りの際、後に続いた宮田愛萌から「京子さん何やってるんですか!」とキレられた。バーベキューの際にカレーに酢飯を投入、など。)

・キャッチフレーズは、「ラーメン大好き 齊藤京子です」。

・メンバー内の人気は高い。高本・東村がともに本命彼氏(?)で、キスだけが加藤、井口も本命(?)。

・おバカな一面も。「ラーメンの国民的栄養賞を受賞したい」と発言。国民栄誉賞のこと?(『日向坂で会いましょう』より)

・自分と同じように声の低い中森明菜が好きで、ノートにまとめて番組で授業をしたことも。女性が上から目線の歌詞が好きな理由。

・舞台「サザエさん」(2019年9月3日 – 10月) では磯野ワカメ 役を演じた。

加藤史帆(役:高頭せれな)

dasada-キャスト-04
出典https://www.ntv.co.jp/dasada/character/

登場人物:高頭せれな(たかとう せれな)…マロニエ女学院3年生。モテ女の象徴である白鳥学園のネクタイをつけている、ヒエラルキーのトップにみきてぃ、くるみんとともに君臨。読者モデルで「せれな~で」という名で活動しているが撮影のとき緊張してしまい顔が強張ってしまう癖がある。トップでいる思いが強いため、実はゆりあのことを少し疎ましく思っている。

キャスト:加藤史帆(かとう しほ)…1998年2月2日生まれ。東京都出身。日向坂46の第1期生。愛称:としちゃん、オードリーからは「かとし」と呼ばれることが多い。

・2019年4月号から、『CanCam』の専属モデルを務めている。

・番組『ひらがな推し』では、齊藤京子のおしり当てが得意だとして披露したが、外してしまい泣いたことがある。

・番組『日向坂で会いましょう』では、MC・オードリー若林に「はまりたい」が口癖。しかし「LOVEではない」と相関図を書く企画のときに否定している。

【コメント】
私は“高頭せれな”というみんなから“せれなーで”と呼ばれる役を演じさせていただきました。読者モデルでヒエラルキートップだけど、本当は…という素のせれなーでと素ではないせれなーでを演じ分けるのが大変でした。
撮影中、とろろ(井口眞緒)のシーンで笑わないようにするのが大変でした。あと、記憶力があまりないのでセリフを覚えるのが大変でした!ドラマを経験して改めて演技の難しさを知りました。次はホラーやヤンキー系などに挑戦してみたいです!

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/articles/449q4vtcalmuw42sy3n.html

佐々木美玲(役:岡田いちご)

dasada-キャスト-05

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/character/

登場人物:岡田いちご(おかだ いちご)…マロニエ女学院2年生。進学組。教室では誰とも会話せずにひたすら進学のために勉強をしている。全てに対して諦めているため基本的に意見を言わない。何も考えずに行動するゆりあたちを冷めた目でみている。周囲には絶対に知られたくないある秘密が…

キャスト:佐々木美玲(ささき みれい)…1999年12月17日生まれ。兵庫県出身。日向坂46の1期生。愛称は「みーぱん」、オードリーからは「ささみ」と呼ばれることが多い。

・好きな食べ物はパン(菓子パン)。「日向坂46佐々木美玲の開店!みーぱんベーカリー」(CSテレ朝チャンネル1、2019.03.15放送)ではパン作りに挑戦した。

・2019年2月から雑誌『non-no』の専属モデルを務めている。

【コメント】
全員でドラマするのは初めてだったのでドキドキでした。どんな話になんだろうと?とすごく気になりました。私が演じた“岡田いちご”はどんどん変わってくるので、その変化をみてもらえたら嬉しいです。お茶目さが可愛いです!
撮影中大変だったことは、空き時間です。撮影で10時間空く日があってその日はさすがに暇すぎて大変でした。ひたすらおかしを食べて寝ていました。
将来「DASADA」みたいに洋服をプロデュースしてみたいです!洋服が好きなので、自分が求める服を作りたいです。それと、今回ドラマを経験してたくさんアドバイスをいただいたので、また演技をする機会があれば頑張りたいなと思いました!

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/articles/449q4vtcalmuw42sy3n.html

佐々木久美(役:立花ゆりこ)

dasada-キャスト-06
出典https://www.ntv.co.jp/dasada/character/

登場人物:立花ゆりこ(たちばな ゆりこ)…マロニエ女学院2年生。ゆりあ、菜々緒の親友。穏やかで中立な立場で物事をみることができる性格。親友の二人といることが幸せと感じている。「DASADA」を立ち上げたゆりあが遠くにいき悲しくなる時もあるが優しく平和主義なので基本的には応援している。メイクをするのが好きで、卒業後はメイクの専門学校に通う予定。

キャスト:佐々木久美(ささき くみ)…1996年1月22日生まれ。千葉県出身。日向坂46の1期生でキャプテンを務めている。愛称は、くみ、きくちゃん、オードリーからは「キャプテン」または「ささく」と呼ばれることが多い。

・2019年4月号から雑誌『Ray』の専属モデルを務めている。

・2ndシングルのヒット祈願・企画の全員バンジージャンプでは、一番手で飛んでメンバーに勇気を与えた。その後、体調不良となったメンバーの代わりにもう一度飛ぶなど、リーダーシップを発揮。

【コメント】
日向坂46になってから全員での作品がなかったのでとても嬉しかったです。2期生や3期生と演技するのはほぼ初めてだったのでとても楽しみでした。
各メンバーが普段とは全然違うキャラクターを演じているのが注目ポイントです。役は本当の年齢と関係ないので、1期~3期バラバラの学年なのもなかなか見られないと思います。
富田鈴花とずっと一緒だったのですが、仲良くなってとても楽しかったです!
改めて演じることの難しさ、楽しさを実感しました。もっとこうしたい!という感情が湧いてきたのでまたドラマをさせていただく機会があったら活かしていきたいです。パフォーマンスにも活かせるようになりたいです。

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/articles/449q4vtcalmuw42sy3n.html

富田鈴花(役:畑屋菜々緒)

dasada-キャスト-07
出典https://www.ntv.co.jp/dasada/character/

登場人物:畑屋菜々緒(はたけや ななお)…マロニエ女学院2年生。ゆりあと立花ちゃんの親友。物事の判断基準がはっきりしている。一生懸命な人や頑張ることをダサいと思っている。手を抜いているというよりは、根が真面目なため最初から何もしないことで自分を守っている。「DASADA」が立ち上げたゆりあと少しずつ距離ができる。実家は「カットサロン畑屋」をしている事もあり、人の髪の毛をいじるのが趣味。

キャスト:富田鈴花(とみた すずか)…2001年1月18日生まれ。神奈川県出身。日向坂46の2期生。愛称:パリピちゃん、ノブ子(由来:鼻の穴を膨らませるのが特技→ノーズブラックホール→ノブホ→ノブ子)。

・パリピを自称しているが、実は真面目なことが家族アンケートでばらされている。(番組『ひらがな推し』より)

・ラップを得意としているが、デビューしてから勉強し始めた。

・実はどん欲(?)…2019年12月22日深夜の『日向坂で会いましょう』では過去の名言(迷言)を振り返ったが、「春日さんが(コメントを)ふってくれない」と泣き出した。《富田無視事件 勃発》とテロップも出た。悔しくて泣いたことに対して、若林が「どれだけオンエアのりたいんだ、ふりが少なくて泣いたの初めて見た」と笑いにした。

【コメント】
日向坂46全員でドラマをやるというのが夢だったのですごく嬉しかったです!1期さんが出演していたドラマをみていたので、2期・3期全員で挑戦させていただけるのはすごく光栄なことで楽しみとワクワクしかありませんでした。
“畑屋菜々緒”という役を演じるために、とにかく「性格悪く!!」と監督に言われていました。学生ならではの女子同士の苦悩を表すために自分が女子高生だった時の感情を思い出して頑張りました。
今回ドラマを通して自信をもつことが大切だと思いました。演技をする上で恥じらいがあったのですが、今は自信をもって演技をすることができるようになりました。いろんな役柄に今後は挑戦してみたいなと思いました。よく、主人公の友達っぽいと言われるので挑戦してみたいです!

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/articles/449q4vtcalmuw42sy3n.html

潮紗理菜(役:荻原みき)

dasada-キャスト-08
出典https://www.ntv.co.jp/dasada/character/

登場人物:荻原みき(おぎわら みき)…マロニエ女学院3年生。せれな、くるみんと仲が良く一緒にいる。周りに流される性格。昔から一生懸命物事に取り組んでも結果に結びつかなかったことがあり、一生懸命取り組んでいる人の事を内心馬鹿にしている。白鳥学園に彼氏がおり、ネクタイをしている。せれな〜でと一緒にいる事で、マロ女の中でのヒエラルキーのトップにいる。

キャスト:潮紗理菜( うしお さりな ).…1997年12月26日生まれ。神奈川県出身。日向坂46の1期生。愛称:なっちょ、ママ、聖母、サリマカシーなど。

・サリマカシーとは「さりな」+「トゥリマカシー」(インドネシア語でありがとうという意味)をくっつけてできた造語。

・幼稚園から小学校3年までインドネシア在住の経験があり、インドネシア語で自己紹介できる。(「欅って書けない?」より)

【コメント】
日向坂46になってからまたグループでドラマをさせていただけて感謝の気持ちでいっぱいです。スクールカースト上位?という言葉があてはまるかわかりませんが、イケイケ役の加藤の後ろにちょこんとついている“荻原みき”役です。にぶちゃんとたくさん繰り返し練習しました。
好きなシーンがあって、ゆりあを真琴先輩が追いかけるシーンなのですが、そのきょんこが可愛かったです。
撮影期間中はずっとにぶちゃんと一緒で、録音をして自分たちできいてあれ?なんか違うかななどいろんなお話をしたりしてとても楽しかったです。にぶちゃんにずっと癒されていました。

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/articles/449q4vtcalmuw42sy3n.html

丹生明里(役:春澤くるみ)

dasada-キャスト-09

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/character/

登場人物:春澤くるみ(はるさわ くるみ)…マロニエ女学院3年生。せれな〜で、みきてぃと仲が良く一緒にいる。人情に熱い部分があるが、隠している。白鳥学園に彼氏がおり、ネクタイをしている。せれな〜でと一緒にいる事で自分の存在価値を高めている。また白鳥学園に彼氏はいるが、付き合っている人よりもステータスの高い人が現れるとすぐにそっちに乗り換えてしまう。

キャスト:丹生明里(にぶ あかり) …2001年2月15日生まれ。埼玉県出身。日向坂46の2期生。愛称:ちゃんにぶ、ぷーちゃん、オードリーからは「にぶちゃん」と呼ばれることが多い。(メンバーに対して若林は呼び捨て、春日は~くん呼びが多いが、ナゼか「ちゃん」呼びをしている)

・オードリー春日のお気に入りメンバー。

・『日向坂で会いましょう』での宮崎ロケの早押しクイズにて、明らかに松田好花の方が早かったのに、オードリー春日に指名された。しかし宮崎県の定番グルメを「タルタルチキン!」と絶叫し不正解だった。年末の名言にもノミネートされた。(正解はチキン南蛮)

【コメント】
日向坂46のメンバーでドラマをすることが一つの目標でもあったので夢が叶いました!どんなドラマになるか楽しみで仕方なかったです。
“春澤くるみ”はお嬢様系というかトップ的なキャラクターだったので、ネットでスクールカースト上位の子が出ているドラマなどをみてみました。自分の性格とは逆なキャラクターでしたが、なりきりが楽しかったです。それと初めて髪の毛を下ろしての演技のお仕事だったのでその部分に注目してほしいです!メンバーもいろんな髪型なので新しいと思います。
演技のお仕事が好きなので、次は声を使った演技をしてみたいです。アニメーションの映画などをみてすごく感化されました。

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/articles/449q4vtcalmuw42sy3n.html

松田好花(役:おちょこ)

dasada-キャスト-11

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/character/

登場人物:おちょこ…FACTORYのリーダー。小学校の頃、友人たちとバンドのまねごとを始め路上で披露していた。歌唱能力が高い。13歳という若さで地下アイドルとして活動を始め、「本物」として生きるべく、数々の偉人の名言を引用する。責任感が強く、FACTORYをトップにするため必死で走ってきた。結成5年で世界トップアーティストまで登りつめた。

キャスト:松田好花(まつだ このか)…1999年4月27日生まれ。京都府出身。日向坂46の2期生。愛称:この、このちゃん、だーこの、オードリーからは「まつだこの」と呼ばれることが多い。

・好きな食べ物は、納豆。

・得意なモノマネ:バレエを踊りながら芦田愛菜が言いそうにもないことを言う(例:あのね春日さんがつかえないの)

・MCのオードリーが好きな漫画『キン肉マン』を勉強し、その後、「週刊プレイボーイ」(2019年5月20日)で、キン肉マンつっこみのスペシャリストとして紹介された。(日向坂公式ツイッターより)

・NHK Eテレの高校講座「社会と情報」 1学期(2019年4月- 2019年7月)  2学期(2019年9月- 2019年12月) 3学期(2019年1月-2月) レギュラー出演。

・中学の時に和太鼓をしていた経験があり、ヒット祈願のドラゴンボートで15km走破企画のときに太鼓を叩いた。(『日向坂で会いましょう』より)

【コメント】
クリエイティブアイドルユニット「FACTORY」の“おちょこ”を演じました。クールでカッコイイ役柄だったので、表情や口調を監督さんと相談して演技に繋げました。ストーリーはもちろんのことセリフ中にちょこちょこでてくるギャグや日向坂46メンバーの普段じゃ見られないような表情や動きにも注目してほしいです!小道具も細かいところまでこだわってくださっているのでそこも見てほしいです。FACTORYのMVシーンの撮影でファン役の方々の前で実際にライブをしたのが新鮮で楽しかったです。ドラマ撮影を通して、セリフが無いところでどういう表情をすればいいのかや間のとり方などたくさん学ぶことができました。今後の演技関係のお仕事だけでなくライブパフォーマンスでの表情などにも活かしていこうと思います。普段の自分とは違う役柄を演じることの楽しさを改めて感じたし、もっと色んな役柄をしてみたいなと思いました。

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/articles/449q4vtcalmuw42sy3n.html

東村芽依(役:ぐいのみ)

dasada-キャスト-10

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/character/

登場人物:ぐいのみ…FACTORYのメンバー。とにかくダンスが大好きで、ダンスの授業中にアイドルが踊っていたダンスを完コピし披露していた。そのダンスの才能をかわれデビューする。ダンスレッスンは誰よりも努力をする。人当たりがよく、笑顔を絶やさないようにしている。FACTORYとしての生き方を全肯定している。

キャスト:東村芽依( ひがしむら めい )…1998年8月23日生まれ。奈良県出身。日向坂46の1期生。愛称:めいめい、やんちゃる、やんちゃるめいちゃん(赤ちゃんの時のあだ名)

・特技:カラーガード、ダンス(ダンスが上手いメンバーランキング1位 / 番組「ひらがな推し」より)

・運動神経が抜群で、5メートル走でオードリー春日に勝ったことがある。(番組「日向坂で会いましょう」より)

・発言をふられても無言なため「無言ボケ」が定着。声も小さい。家族アンケートでイエス・ノーで答えられるふりをMCに要望があった。(「ひらがな推し」「日向坂で会いましょう」より)

【コメント】
私はクリエイティブアイドルユニット「FACTORY」で歌って踊るという今のアイドルの自分と似ている所もありました。でも、クールに語るセリフの所もあったので普段声が小さい分そこは大きい声でハキハキ言うというのを意識しました。FACTORYのダンスは、日向坂46のダンスにはないようなちょっと不思議なダンスで”なぜ”っていう歌詞で?のポーズをしてたりするので注目して見て欲しいです。撮影中は、自分のドラマの名前の本名がないのでこのちゃんが考えてくれて 、“おちょこ”だったら“小川ちよこ”とかFACTORYの3人で勝手に名前を作って遊んでたのが面白かったです。撮影現場で初めて知る事もたくさんあって台詞の言い方とか間のとり方とか教えてもらって色々学びました。自分とは全然違う役柄に挑戦してみたいなと思いました。

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/articles/449q4vtcalmuw42sy3n.html

河田陽菜(役:トックリン)

dasada-キャスト-12

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/character/

登場人物:トックリン…FACTORYのメンバー。家族の影響で小さい頃から洋楽を聴いていた。英語の歌詞はわからないので、曲に合わせて自分の考えた歌詞で唄うようになった。その作詞のセンスをかわれて上京しデビューする。FACTORYのやり方に少し不満を感じているがすべて飲み込んでいる。とても繊細で周りを気遣う優しい性格。地方出身なので訛りがありあまり喋らない。

キャスト:河田陽菜( かわた ひな )…2001年7月23日生まれ。山口県出身。日向坂の2期生。愛称:かわださん(濱岸ひよりが呼び始めたことがきっかけ:公式ブログより)、ひな。

・愛されキャラで、「第1回I LOVE河田選手権」企画もあり、高本彩花と加藤史帆が勝利した。(「日向坂で会いましょう」より)

・妹にしたいメンバー1位を獲得。(「HINABINGO!」より)

・妄想未来ヒストリー企画では、2021年(20才)で山口ふるさと大使、2026年(25才)銅像をたてる、2037年(36才)パンダと暮らすと紹介。(「日向坂で会いましょう」より)

・怪盗・河田(?)…2回、手鏡を盗んだことが発覚。加藤史帆の番組アンケート用紙を(盗んで)散髪マットに使う事件も。(「日向坂で会いましょう」2020.01.06)

【コメント】
たくさんのことを経験させていただいて、また新しいことに挑戦できると思うとワクワクしました!その反面緊張しました。
私はクリエイティブアイドルユニット「FACTORY」の一員“トックリン”を演じました。普段は無口な役で、なぜ無口なのかがドラマを観ていただけたらわかるので楽しみにしていてほしいです。セリフがないところの演技がすごく難しいなと思いました。すごく探り探りでした。
好きなシーンは真琴先輩が早歩きでゆりあを探すシーンがとても好きです。
表情で感情を伝えるのはすごく難しいなと感じて、少しそういう部分が学べたのでライブパフォーマンスなどで活かしていきたいです!

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/articles/449q4vtcalmuw42sy3n.html

金村美玖(役:古岡五月)

dasada-キャスト-13
出典https://www.ntv.co.jp/dasada/character/

登場人物:古岡五月(ふるおか さつき)…マロニエ女学院1年生。五反田が親友。五反田とよく可愛いもの探しの旅に出かけるが、実は可愛い系のものよりはシンプルなものが好き。五反田の天然と圧が強すぎて、あまり自分の意見を多く言わない。要領が良く、人当たりも良いため、先輩にも好かれやすい。

キャスト:金村美玖(かねむら みく)…2002年9月10日生まれ。埼玉県出身。日向坂46の2期生。愛称:みく、おすし。オードリーからも「おすし」と呼ばれる。

・キャッチコピーは「みなさん美玖をお寿司(お推し)かない!お寿司大好き、金村美玖です。」

・妄想未来ヒストリー企画では、2022年(20才)でお寿司屋さん「かねざんまい」開業、2024年(22才)お寿司系アイドルをプロデュース、2032年(30才)カメラマンとして評価される、と紹介。(「日向坂で会いましょう」より)

・オードリー若林の二代目ごひいきメンバーを勝ち取った。なお、小坂とおたけもごひいき継続中。(「日向坂で会いましょう」2019.11.25より)

【コメント】
私は1年生の“古岡五月”役で、上村ひなのと一緒にいることが多かったのですが、ひなのは演技も初めてで少しだけ経験のある自分が少しでも助けられたらいいなと思いながら挑みました。「DASADA」という言葉に注目して頂きたいです!一番のキーワードになる言葉だと思うので「DASADA」とは何なのか?どう変化していくのか?最後まで注目です!
撮影の待ち時間で、ひなのと一緒に教室でダンスをしたのが楽しかったです。「パプリカ」や「ジャンボリミッキー」を踊れるようになりました。
学園ドラマのような学校と制服を着れたことが嬉しかったので、また学園ドラマの生徒役を演じてみたいです。ヒロインにも憧れますが、少し悪い役も挑戦してみたいです!

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/articles/449q4vtcalmuw42sy3n.html

上村ひなの(役:五反田すみれ)

dasada-キャスト-14

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/character/

登場人物:五反田すみれ(ごたんだ すみれ)…マロニエ女学院1年生。古岡が親友。天然な性格で古岡がいつもフォローをしている。昔から可愛いものには目がなく、可愛いと思ったものには異常なほど執着する。高校生になった今ではとにかくゆりあの顔が大好きで、最推ししている。一度ゆりあの顔にニキビができた時に、ゆりあ以上にパニックを起こした。口癖は「顔推しなんで!」。

キャスト:上村ひなの(かみむら ひなの)…2004年4月12日生まれ。東京都出身。日向坂46唯一の3期生。

・キャッチフレーズは「いつでもどこでも変化球、ひなのなの」

・大喜利やギャグが得意で、オードリー若林からは「あいつはいずれ発見される。あいつとは別番組で戦うことになる」と評価されている。例:落ち込む人にかける言葉のとき「元気田支店長(げんきだして んちょう)」…2019年末の名言特集でノミネート。(『日向坂で会いましょう』)

・咀嚼音(そしゃくおん)が嫌い:あえて咀嚼音を聞いて当てるクイズに挑戦(させられた)した企画では本当につらくて「悲しくなりました」と発言。「悲しくならないで。俺たちはバラエティやってんだ」と若林を困惑させた。

・度胸がある(?)…司会からふられたときに、間をおいて「なんですか」と聞き返したとき、オードリー若林からそう言われた。

【コメント】
日向坂46として初めての、そして自分の人生の中で初めて出演させていただけるドラマなのでとても嬉しかったです。
1年生の“五反田すみれ”役を演じさせていただきました。五反田はゆりあ(小坂さん)の顔が大好きで最推ししています。口癖の「顔推しなんで!」というセリフの言い方をたくさん練習しました!好きなシーンは3年生のお三方(加藤さん・潮さん・丹生さん)がレッドカーペットを歩いてくるシーンです。五反田すみれからみても、お三方が輝いて見えました。
金村さんと同じシーンが多かったのでとても仲良くなれました!初めてのドラマだったので右も左もわからない状態でさまざまな事を監督さんなどに教えていただきました。
もっと成長できるように頑張りたいです!

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/articles/449q4vtcalmuw42sy3n.html

高本彩花(役:マホぽよ)

dasada-キャスト-15
出典https://www.ntv.co.jp/dasada/character/

登場人物:マホぽよ…キャンティーンの専属トップモデル。表紙を何回も飾る人気モデル。自分が中心でないと気が済まない性格。せれな〜での事を格下のモデルだと思っており、内心バカにしている。また自分がどの角度から写真を撮ると一番可愛く写るかをわかっている。女子高生のファンも多く、マホぽよが雑誌で着ているコーデを真似する子も多い。

キャスト:高本彩花(たかもと あやか)…1998年11月2日生まれ。神奈川県出身。日向坂46の1期生。愛称は、たけもと、たけちゃん、あやちぇり、あや姉さん、おたけ(オードリー若林があだ名は「何でもいいです」と言う高本の言葉を受けて、おたけと呼んで定着。「ひらがな推し」より。)

・オードリー若林のごひいきメンバーの一人。例:バンジージャンプ企画の際は「おたけは飛ばなくていい」とも言われる。/ 二代目ごひいき決め直しの時にも負けたのに抜擢される。

・バーベキュー企画の移動中に、おたけの本名を尋ねられたオードリー春日は悩んだ末に「高本ひろみ」と答えた。このことは、のちの放送で、おたけが「根にもってます。」と発言し場を笑わせた。(「日向坂で会いましょう」より)

・2019年2月より『JJ』の専属モデルを務めている。

【コメント】
私はトップモデル“マホぽよ”という役柄でした。実際、私はJJの専属モデルをさせていただいて、トップモデルではありませんが目標なので自分のなりたいトップモデルを想像しながら撮影しました。
普段のモデルの撮影を思い出しながら挑みました。撮影するところをあまり見ることができないと思うのでぜひ注目して見ていただきたいです。
せっかくトップモデルという役をいただくことができたので、モデルとして恥ずかしくないよう、いつか本物のトップモデルになれるよう頑張りたいです!今回生徒役ができなかったので、学生役をいつか演じてみたいです。

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/articles/449q4vtcalmuw42sy3n.html

宮田愛萌(役:直島正子)

dasada-キャスト-16
出典https://www.ntv.co.jp/dasada/character/

登場人物:直島正子(なおしま しょうこ)…マロニエ女学院2年生。バレーボール部所属。2年B組。バレー部の中では珍しく真琴先輩を尊敬しており、部員が真琴先輩を追い出そうとするのをよく思わない。実は中学生の頃、試合会場でたまたま見かけた他チームにいた真琴先輩が、誰よりも楽しそうに試合をしているのを見て、憧れを抱き、真琴先輩を追ってマロ女に進学した。声が小さく自信がないのが唯一の欠点で、頭も良く真面目でなんでも器用にこなせる

キャスト:宮田愛萌( みやた まなも ).…1998年4月28日生まれ。東京都出身。日向坂46の2期生(2期生最年長)。愛称:まなも、まなもってぃー、まにゃも。

・趣味は読書(江國香織・千早茜のファン)と神社めぐり(御朱印が好きで集めている)、好きな食べ物は小豆、ミニチュア・ダックスフンド・ワイヤーヘアーの愛犬(名前は、みんと)がいる。(公式ブログより)

・「スナック眞緒」企画の時は、「バイトのまなも」としてカウンターに立つ。(「ひらがな推し」より)

・「ぶりっ子メンバーランキング」で2位(9票)を獲得。※1位は卒業した柿崎(10票)。(「ひらがな推し」より)

【コメント】
ドラマをするのはほぼ初めての経験だったので、どうなるのか少しだけ不安な気持ちもありましたが、わくわくした気持ちの方が大きかったです。
京子さん演じる真琴先輩を尊敬している真面目なバレー部の“直島正子”という役だったのですが、すごく不器用な子で可愛いなと思って演じました。私は運動があまり得意ではないので、今回バレー部の役で珍しくバリバリ動いているところが見られると思うので、そこに注目してほしいです。ドラマを経験させていただいて、もっといろいろな役にも挑戦してみたいと思いました。DASADAで学んだことを活かして、またドラマにも挑戦してみたいです!

高瀬愛奈(役:キラリ)

dasada-キャスト-17

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/character/

登場人物:キラリ…FACTORYファン。ファッション好きのFACTORYファンを公言しているが、実際にFACTORYのようなファッションをすることには抵抗がある。実は周りからバカにされた過去があり着なくなった。沙織と出会いバカにしつつも、どこかで周りの言葉に影響されず着たい服を着る沙織を羨ましく思っている。

キャスト:高瀬愛奈(たかせ まな)…1998年9月20日生まれ。日向坂46の1期生。大阪府出身、イギリス育ち(小学4年生から中学1年生まで)。愛称:まなふぃ=オードリーにも定着している。

・オードリー春日推し。日向坂46で唯一の春日派のため、若林の第二代ごひいき決め企画のときは司会にまわった。(「日向坂で会いましょう」より)

・グローバルなキャラ。英語はTOEIC700点で、四カ国語(日本語・英語・ドイツ語・フランス語)を操る。

・英語キャラ対決も見せ場だった(?):「I am 16 years oldとか言ってるけど英語が得意なのは愛奈の方だから絶対勝つぞ」と柿崎にマイクパフォーマンスをぶつけた。(「ひらがな推し」より)

【コメント】
「FACTORY」ファンのトップのような役柄です。1日で数話分の撮影をしたので、シーンに合わせて気持ちの切り替えを一瞬でできるように頑張りました。
セリフなどで表現するところ以外にも、動作や表情だけで心情を表さなければいけないシーンもいくつかあったので私のキャラクターの気持ちも考えながら注目して頂きたいです。
今までお芝居をするときは相手がメンバーであることが大半だったのですが、今回のドラマではメンバー以外の方と一緒のシーンがほとんどでとても新鮮で楽しかったです。
お芝居をして自分以外の人になりきることがとても好きなのでまたいつかドラマに挑戦できる日がくればいいなと思います。

井口眞緒(役:とろろ)

dasada-キャスト-18

出典https://www.ntv.co.jp/dasada/character/

登場人物:とろろ…グラビアアイドル。とろろ昆布やビールの広告に出演。天然でのんびりとした性格。グラビアだけでは食べていけず、生活費のほとんどを中華料理屋のバイトの給料でまかなっている。

キャスト:井口眞緒(いぐち まお)…1995年11月10日生まれ。新潟県出身。日向坂46の1期生。愛称:まおママ、ばうちゃん、井口。

・キャプテンの佐々木久美と並んで、グループ内では最年長。

・音感とリズム感は苦手で、冠番組内でイジられることも。

・変顔が得意で、顔面破壊王とも称された。

・将来の夢は「スナック眞緒」をオープン。場所はみなとみらい。「ひらがな推し」内の企画では実現している。

・2019年9月から、熱愛発覚により活動自粛中。(本作のドラマ撮影は2019年7月頃とみられるため出演している。公式サイトにも登場人物として掲載中)

長谷川朝晴(役:ゆりあのパパ)

登場人物:ゆりあのパパ…佐田洋裁店の店主。優しいのだが、それゆえに人から頼まれごとをされると拒めない。実は佐田洋裁店をゆりあに継いで欲しいと考えているが、口に出せないでいる。

池端レイナ(役:ゆりあのママ)

登場人物:ゆりあのママ…明るくて陽気な性格。本人は流行りに乗っているつもりだが、いつも一昔前のギャグを言っている。意外としっかりしており、お金の管理などは全部ママが担当している。

野間口徹(役:丑岡)

登場人物:丑岡…誰もが恐れる町の借金取り。いつも寅田を従えて借金を取り立てている。

森谷勇太(役:寅田)

登場人物:寅田…丑岡の子分。丑岡とは家族ぐるみの仲。借金取りではあるが、根っからの陽気人間。

坪倉由幸(役:中池)

登場人物:中池…2年A組担任で担当は数学。少し口うるさい時もあるが、生徒想いの良い先生。ゆりあに対して注意することが多いのだが、実は空気を和ませてくれるゆりあに感謝している。

ドラマ【DASADA】の原作

企画・原作:秋元康

秋元 康(あきもと やすし)…1958年5月2日生まれ。主に音楽プロデューサー、作詞家として活躍。

・作詞家・プロデューサー業:かつては「おニャン子クラブ」のプロデュースを担当。「川の流れのように」(美空ひばり)の作詞など、著名な歌手の曲を多数手がける。現在はAKB48グループや坂道グループのプロデューサーを務める。

・ドラマの企画・原案は『愛してたって、秘密はある。』(2017)『あなたの番です』(2019)など。

2019年に流行した半年間放送の通称「あな番」の企画に関わった秋元さんは自称“ラストの引っ張り研究家”で、怖がらせ方が巧く、次を見たいと思わせる作品となりました。

本作『DASADA』はミステリーでないので、どこまで関わるのかは不明ですが、ヒットメーカーが手掛けたドラマのひとつとして記憶されることは間違いありません。

ドラマ【DASADA】の放送日

放送日:2020年1月15日水曜深夜24時59分スタート(毎週木曜 0:59 – 1:29/水曜日深夜 )

放送局:日本テレビ(関東ローカル:東京・神奈川・群馬・茨城・千葉・栃木・埼玉の地域で放送)

*最新の放送地域は各系列局で確認してください。

配信:Huluなら全国どこでも視聴出来ます。「DASADA」オリジナルも配信予定。日向坂・ひらがなけやき出演の「KEYABINGO!」「HINABINGO!」も配信中です。(2020年1月現在)

hulu

ドラマ【DASADA】の主題歌

主題歌:日向坂46「青春の馬」 *4thシングル(2020.02.19発売)にカップリングとして収録される予定。

コメント:

佐々木久美は「このドラマのために作ってただいた曲で、青春を熱く歌った曲で結構かっこいい系の曲。ドラマといい感じにマッチしていて、皆さんにたくさん聴いていただきいです」と説明。

出典https://tokyopopline.com/archives/124387

DASADA主題歌は日向坂46「青春の馬」!TGCしずおかでサプライズ発表、ファンの反応は?
DASADA主題歌は日向坂46「青春の馬」!TGCしずおかでサプライズ発表、ファンの反応は?日向坂46が初主演を務める日本テレビ系・深夜ドラマ『DASADA』(1月15日深夜スタート)の主題歌が、日向坂46の「青春の馬」に決定!今回はDASADA主題歌について。『DASADA』とは?『DASADA』は、少女たち=私立…

ドラマ【DASADA】の見どころ

ドラマ「DASADA」の主演を務めるのは日向坂46。

2019年2月「日向坂46」へと電撃改名し、メンバー総出演となる本作はファン必見。

ファンからは日向坂は“ハッピーオーラ”があって元気をくれると大人気なグループ。

明るく笑顔あふれるパフォーマンスが特徴の日向坂メンバーの音楽番組やバラエティ番組とはまた違った表情が楽しめそうですね。

彼女たちのドラマでの新たなステージに乗り遅れるな!

と言いたくなります。

“夢を追う青春ドラマ”ということで、握手会でガラガラだった時代を経て紅白までたどり着いた日向坂46の歩みと重なります。

人気急上昇中グループとはいえ、まだまだ、つたない演技かもしれません、それでも大きな心で楽しみたい作品です。

ドラマ【DASADA】のスタッフ

監督

・河合勇人……監督作に『映画 鈴木先生』(2013)、映画『俺物語!!』(2015)、映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜(2017)、映画『兄に愛されすぎて困ってます』(2017)、『ニセコイ』(2018) 、『初恋ロスタイム』(2019)、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』(2019)など。

・西村了……ドラマ演出に『ブラックスキャンダル』(2018)、『ザンビ』(2019)、『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』(2019)など。

脚本:吉田恵里香

吉田 恵里香(よしだ えりか)…1987年11月21日生まれ。主なドラマ脚本は『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(2018)、『Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜』(2019)、『フォローされたら終わり』(2019)など。主な映画脚本は『ヒロイン失格』(2015)『センセイ君主』(2018)、『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』(2018)など。

制作:南波昌人、髙谷和男

プロデュース:植野浩之

プロデューサー:山王丸和恵、水田貴久、伊藤裕史(AXON)

コンテンツプロデューサー:横山祐子

制作プロダクション:AXON

企画制作:日本テレビ

製作著作:「DASADA」製作委員会

*改名して以降、快進撃が続く人気グループ「日向坂46」の初主演ドラマ。乞うご期待!

DASADA
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】