2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【仮面ライダーゼロワン】16話のネタバレと感想!決着の時と新たな戦いの幕開け!

第16話「コレがZAIA(ザイア)の夜明け」

【仮面ライダーゼロワン】16話が放送されました。

セロワンと滅亡迅雷.netの戦いはついに決着の時を迎えます。そして、休む間の無く新たな戦いが始まります。

今回の記事では怒涛の展開を迎える【仮面ライダーゼロワン】の16話のネタバレと感想などをお伝えします。

【仮面ライダーゼロワン】のキャストとあらすじ!イケメン高橋文哉が担うAIと人類の未来は?
テレビ朝日の2019年の仮面ライダーは「仮面ライダーゼロワン」に決定しました。 次世代を担う注目のイケメン俳優・高橋文哉が令和初となるライダーに挑みます。 今回のライダーは人工知能AIをモチーフにし、「AIの発達と人類の...
【仮面ライダーゼロワン】の視聴率と最終回ネタバレ!飛電或人と父親・其雄もAIなのか
令和最初の仮面ライダーである【仮面ライダーゼロワン】がいよいよスタートしました。「令和 = ゼロワン =AI」ということで人工知能と人類の未来がテーマです。 そして、早くも主人人・飛電或人(高橋文哉)と父親・其雄(山本耕史)の...
スポンサーリンク

【仮面ライダーゼロワン】16話のあらすじ

滅亡迅雷.netとの最終決戦の幕が上がった

或人(高橋文哉)はゼロワンシャイニングアサルトホッパーに変身、ライダー迅と激しい戦いを繰り広げる。

周囲にいたトリロバイトマギアをまとめて一掃するもギーガーが2体も現れて追い詰められてしまう。

その時、或人の意識が衛星ゼアに接続され治療中のイズ(鶴嶋乃愛)と再会する。イズから
シャインシステムというシャイニングアサルトホッパーの力を最大に引き出すシステムを提案される。

再び意識がゼロワンに戻るとシャインシステムが起動、その力は凄まじく起動の衝撃だけでギーガーを粉砕する。

ゼロワン「人間が何をしたって言うんだ」

迅「そんなこと知らないよ…滅からそう言って聞かされたから…」

ゼロワン「良くも悪くもヒューマギアは純粋なんだな…悪意のラーニングが無ければ戦うことも無かったかもしれない…」

「いつか人とヒューマギアが笑い合える日が来るといいな」

迅「ヒューマギアが笑えるのは…人類が滅亡した時だ!!」

それぞれの思いを胸に2人が激突する。

【仮面ライダーゼロワン】16話のネタバレ

決着の時

両者の必殺技が炸裂するもゼロワンの力が上回りライダー迅の変身が解かれる。

「人類は..必ず滅亡する…..アークの意志のままに…..」

そう言い残して迅(中川大輔)は大破する。こうして滅亡迅雷.netとの戦いは幕を閉じた。

一方、滅亡迅雷.netではアークが2つの新たなプログライズキーを開発していた。その様子を一人垓(桜木那智)が見守っていた。

修理が終わりイズも目を覚ました。「おかえり。ここまで来れたのはイズのおかげだ」と再会を喜ぶ或人。

その後、或人の解任の是非を決める緊急取締役会が開かれる。副社長の福添(児嶋一哉)が解任賛成に一票投じるが、専務の山下(佐伯新)ら他の役員は「社長は一人戦ってくれた。我が社のヒーローです。」と拍手喝采する。こうして或人の解任は間逃れた。

一方、戦いを終えてエイムズの本部では唯阿(井桁弘恵)と諫(岡田龍太郎)が話をしていた。唯阿の出向は終わりザイアに戻ることになった。その場には回収された滅(砂川脩弥)の姿があった。

町はすっかりとクリスマスムード一色。ヒューマギアも仕事を手伝い活気に溢れていた。

衝撃の真実

ザイアでは唯阿が垓に戦いの報告をするが垓の口から驚くべき真実が語られる。

  • 12年前にアークを生み出したのは垓で人類を憎むようにプログラムしていた
  • アークは滅亡迅雷.netを生み出すがデイブレイクが起きて湖に沈んだ
  • そして戦いの末にアークは復活した

「飛電インテリジェンスもエイムズも滅亡迅雷.netも利用してガイアが全世界を掌握する」それが垓の真の狙いだった。

「自分も不破も命がけで戦ったのに….」と憤る唯阿だったが垓に従うしかなかった。

新たな戦い

同じ頃町では今まで倒したはずのマギアが暴走、人々を襲いだしてしまう。ゼロワン、バルカンが倒して騒動を治めるも世間のヒューマギアと飛電インテリジェンスへの不信感は高まってしまう。

飛電インテリジェンスが緊急記者会見を開くもマスコミから糾弾されてしまう。或人は何とかヒューマギアの安全性を訴えようとするが

「安心などできませんよ」

と垓が現れる。この場で飛電インテリジェンスの買収と「それが出来たら全てのヒューマギアを廃棄する」と高らかに宣言する。或人への宣戦布告だった。

一方でエイムズの本部では回収された滅の目が突然開いていた。

帰社した該は謎のドライバーを手にしながら

「これからは1000%、私の時代だ」

とほくそ笑むのだった。

【仮面ライダーゼロワン】16話の感想とまとめ

滅亡迅雷.netとの戦いが決着

ついに滅亡迅雷.netとの戦いが決着しました。

ヒューマギアだった迅は滅から「人類は敵」と叩き込まれ自分でその意味を考えたり、自身の意志で戦うことはしていませんでした。

大破してしまいましたが復活、今度は「善意のラーニング」が行われて自身の意志で味方として戦う日は来るのでしょうか?

ザイアとの戦いの幕開け

これまでの一連の戦いはザイアの社長・垓に仕組まれて彼の思い通りに動いていたことが判明しました。そして、或人は企業間競争という形で新たな戦いに挑んでいきます。

  • 戦う目的を失った諫
  • 自分を押し殺して従っている唯阿
  • 再び目覚めた滅
  • 大破したが復活の可能性が高い迅

を加えたライダー5人でザイア、アークとの戦いとなるでしょうか?

そのザイアとの戦い第一戦は…..なんと生け花での性能対決となります。いわいる特撮物の戦いとは異なりますがどうなるのでしょうか?

放送は年明け2020/1/5(日)9:00からです。お見逃し無く。

この記事で使用している画像の引用元:テレビ朝日「仮面ライダーゼロワン」公式サイト

特撮
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】
タイトルとURLをコピーしました