【やすらぎの刻~道】183話のネタバレと感想!平泉成が根来家にやってきた!

【やすらぎの刻~道】183話のネタバレと感想!
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】183話が2019年12月19日に放送。

公平(橋爪功)は、しのぶ(清野菜名)と翔(菅谷哲也)が一緒に寝ることに動揺し、ふたりに話を聞くことに……。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】183話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
【やすらぎの郷】(2017年4月~9月)の続編。 「帯ドラマ劇場」【やすらぎの刻~道】(やすらぎのとき ~みち)がスタート。 テレビ朝日…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】183話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】183話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】183話のネタバレ

屋根の上に三平が座っていたとしの(風吹ジュン)から聞いた公平(橋爪功)は驚いて飛び起きる。
三平は歌を歌っていたのだと。
三平は昔のまんまの姿で足もあったというしのに
「お前、おかしい」
と公平。
その時、電気が点いた。
そして、暮らしは日常に戻った。

しかし、戻らないものもあった。
ひとつは、しのがまだ三平兄ちゃんのことを忘れていないこと。公平は三平に嫉妬をする。
もうひとつは……。

しのぶ(清野菜名)と翔(菅谷哲也)は電気が点いても、一緒に寝ていることに公平は
「ふしだら」だと。
しのに、しのぶに
「言ってやれ」
と言うが、しのは言えないと。
結局、公平からしのぶに話すことに。

まずは、しのぶを呼び出す。
しのぶは翔と抱き合って寝ていると平然と言う。
公平は
「変な気にならん?」
と訊くと
「変て?」
と不思議がられる。

次は、翔を呼び出して訊くと
「変て?」
さらに「俺たちは従妹どうしだから」だと。

公平
「最近の若者はわからなくなった」

**

しのぶと翔はひとつに布団で寝ている。
翔は暖かくなったら釜焼きをすると話すと、しのぶは
「なんだか気持ちよくなってきた」
と、言い……。
二人は飛び起きて
「やばいぞ」と。

そして、しのぶはしのと一緒に寝ることになった。

**

翔としのぶは、山仕事を始めた。
公平は、ふたりがそのことを話さないので、何をしようとしているのかわからなかった。

**

名倉(平泉成)が訊ねてきた。
翔が養蚕のことを聞きにきたという名倉。
公平としのは、初耳。

そのときに頼まれたことがあると名倉。
それは、こぶちまる、という小さな繭を見つけて欲しいと言われたが、探してみたが、見つからなかった、と。
名倉はそのことを伝えに来たという。

公平としのは、生糸はどこも扱ってくれない、と話している。
そこにしのぶが戻ってくる。
翔は炭焼きをしているという。

しのぶは翔へのおにぎりをしのに頼む。

公平は、色々と訊きたい気持ちを抑えていた。

<続く>

【やすらぎの刻~道】183話の見どころ

公平(橋爪功)がしのぶ(清野菜名)に聞きたいこと

本当はもっと突っ込んで聞きたい、言いたいところ、公平は言わずじまいに。

平泉成さんの登場

【やすらぎの刻~道】180話で翔が蚕業のことを聞きにいき、そして、再びの登場です。
平泉成さんは元、蚕業の方。【同期のサクラ】では子会社の社長さんですね。
存在感のある平泉成さんです。

【やすらぎの刻~道】183話の感想

しのぶと翔が一緒に寝ている。しかも「気持よくなってきた」発言は、気持ち悪いという声もありました。
結局、しのぶと翔は別々に寝ることになります。心配するなら始めから一緒になんて寝かせなければいいのに、なんてことも思うのですが、そこがまた難しいお年頃。変に意識させても大変だし、なんて思ってのことでしょうが……。なんだかまたしてもしっくりとこない183話でした。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク