【やすらぎの刻~道】163話のネタバレと感想!認知症の母とポチ袋の思い出がシナリオに!

【やすらぎの刻~道】163話のネタバレと感想!
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】163話が2019年11月21日に放送。
菊村(石坂浩二)が思い出を語る40年前の出来事は律子の思い出と重なり……。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】163話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
【やすらぎの郷】(2017年4月~9月)の続編。 「帯ドラマ劇場」【やすらぎの刻~道】(やすらぎのとき ~みち)がスタート。 テレビ朝日…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】163話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】163話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】163話のネタバレ

しのが作ったポチ袋の話は、菊村(石坂浩二)の体験談から生まれた話。

それは40年前のこと。
菊村の母(奈良岡朋子)は認知症が進んでいる。

「はい、お年玉」
と菊村に渡す母。
「もう、貰ったよ」と菊村。
「私が貰います」と律子(風吹ジュン)がそれを貰う。
その袋を見ると、カレンダーで作ったものだった。

菊村はそれが嬉しくもあった。

母の認知症は進んでおり、律子のことを認識していない。
「あの人誰?」
と菊村に聞いてくる。
「律子」

すぐにまた
「名前なんていうの?」
と聞いてくる。

そうして、手にあまった菊村は母を施設に預けることにした。
母のもとに行くと、菊村にまたしても、律子のことを聞いてくる。
「あの人誰?」
菊村が結婚をしたことも忘れている母。
菊村が帰ろうとすると、母が言った。

「本当に私生きてていいの」

それから1年して、母は他界した。

**

そうして月日が流れ……。
律子が認知症になってしまった。
思い出を追いかけながら、菊村は執筆を続けて行く。

**

そんな中、菊村に秀次(藤竜也)が相談があるといってきた。

めぐみ(松原智恵子)の認知症がひどくなり、お財布のお金が盗まれると言っている。
犯人を秀次だと思いこんでいるというのだ。

菊村は、めぐみとは別に暮らすように言うが、秀次は
「それはできない」と言うのだ。

**

カサブランカ。

マロ(ミッキーカーチ)、冴子(浅丘ルリ子)、マヤ(加賀まりこ)、菊村。
秀次の噂話をしている。

**

句会。
テーマは鰯雲だが、すべてが食べ物の鰯についての句ばかり。

**

菊村・ナレーション。

「やすらぎの郷は相変わらずの日々が過ぎていた」

<続く>

【やすらぎの刻~道】163話の見どころ

菊村(石坂浩二)の母への思い

【やすらぎの刻~道】163話の感想

認知症をテーマにした163話。重く切なくもあるストーリーでした。
母が認知症になり、年月を重ね、律子も認知症に。老いることを目の当たりにする菊村。
そして、めぐみも認知症に……。
菊村に問いかけた母の言葉が胸打つ163話でした。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク