【なつぞら】103話の視聴率とあらすじ!坂場(中川大志)がめんどうで話題!?

natuzora

【なつぞら】103話の視聴率とあらすじ!

広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第103話が2019年7月29日(月)に放送されました。

今回は【なつぞら】103話の視聴率・あらすじ・感想について。

朝ドラ【なつぞら(夏空)】のキャスト相関図とあらすじ!広瀬すず×岡田将生! 2019年度前期・NHK朝ドラは広瀬すず主演の【な…
【なつぞら】のネタバレ最終週最終回まで! NHK「朝ドラ」こと連続テレビ小説の第100作『なつぞら』が2019年4月~9月まで…
スポンサーリンク

【なつぞら】103話の視聴率

『なつぞら』103話の視聴率は、21.2%!

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)

【なつぞら】103話のあらすじ

昭和39年のお正月を迎えた。なつは夏がくれば27才になる。…1月3日。東洋動画では新年会が開かれた。

「子どもたちが喜んでれるように、予算と期日を守りながら成し遂げて下さい」と、大杉会長(角野卓造)は長いスピーチをした。その後、なつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)に対して、テレビ漫画に力を入れるよう激励していった。

新年会後、喫茶「リボン」にて。坂場は、自分が映画から外されたのは、仲から嫌われているからだと言い出した。

だが、茜(渡辺麻友)が疑問をはさむ。仲(井浦新)が才能を買っているはずのなつまで、テレビ漫画に異動させたからだ。桃代(伊原六花)が、二人が付き合ってると思われているからではと言い出す。

坂場は動揺しながら「君は付き合ってないと否定すればいい」という煮え切らない態度をとる。「仲さんに言えばいいことです。僕とは何も関係ないと。仲さんにそうあなたは主張して下さい。」

なつはそれでは仲のことを(人事に関して)疑ってるみたいだから言えない、と拒否した。

帰り道。「全くあんなに煮えきらないやつだとは思わなかったわ。つきあってるのか、つきあってないのか、そのくらいはっきりしてよ…。」とひとり文句をいうなつ。

「風車」に戻ると、元ムーランルージュの新年会が開かれていた。

話しの流れで、亜矢美のスキャンダル、悲恋に触れたが、詳しくは明かされなかった・・・。

【なつぞら】103話の感想

坂場(中川大志)がめんどうで話題です。

よくも悪くも…。

恋のウワサをきっぱりは否定しないので、なつはヤキモキ。

ウマが合う2人なので、周りから見たらお似合いなのですが、視聴者の方もじれったい。

ここから今週・第18週のタイトル「なつよ、どうするプロポーズ」になっていくのか、まだまだ不明ですが、今日のあいまいな「君は否定して」が伏線になっていくのか。

今週も目が離せない『なつぞら』です。

※次回104話のあらすじと感想はコチラ

【なつぞら】104話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第104話が2019年7月30日(火)に放送さ…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク