【なつぞら】69話の視聴率とあらすじ!広瀬すず、貫地谷しほりの対立から川島明の名言へ!?

なつぞらアニメーション編子記事

【なつぞら】69話の視聴率とあらすじ!

広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第69話が2019年6月19日(水)に放送。

キャラクター検討会にて、広瀬すず、貫地谷しほりが対立!?

からの、まさかの川島明(下山役)の名言へ展開!?どういうこと?

二人の絵の評価にも繋がる深い台詞に大反響です。

今回は【なつぞら】69話の視聴率・あらすじ・感想について。

【なつぞら】68話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第68話が2019年6月18日(火)に放送。 …
朝ドラ【なつぞら(夏空)】のキャスト相関図とあらすじ!広瀬すず×岡田将生! 2019年度前期・NHK朝ドラは広瀬すず主演の【な…
スポンサーリンク

【なつぞら】69話の視聴率

『なつぞら』69話の視聴率は、21.4%!

前回から0.5ポイントダウンですが、9話連続で視聴率20%超えの好調キープです。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)

【なつぞら】の視聴率とネタバレあらすじ・最終週まで! 映画主演多数の若手女優・広瀬すずがNHK朝ドラ『なつぞら』ヒロインに! …

【なつぞら】69話のあらすじ

69話のあらすじ(事前情報)

アニメーション映画のキャラクター検討会が行われ、常盤御前のキャラクターを巡りなつ(広瀬すず)と麻子(貫地谷しほり)の意見がぶつかる。そこで仲(井浦新)と井戸原(小手伸也)は、ある提案を行う。午後になり、仲から呼び出されたなつと麻子は、1枚のキャラクターの絵を見せられる。その絵を見たなつは、自らの足りない部分を感じ、麻子に謝る。一方麻子は、謝るよりも仕事で責任を取るしかないとなつに伝え…。

出典http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-06-19&ch=21&eid=26424&f=4681

69話のあらすじから事前レビュー

69話は、キャラクター検討会で、なつ(広瀬すず)と麻子(貫地谷しほり)の意見がぶつかるシーンが見どころ。

その後、なつが謝るとのこと。

なつにいったい何が足りないのか気になります。

69話のあらすじネタバレ

キャラクター検討会では、牛若丸のキャラクターが仲の絵で決まっていた。

「君は出さないのか、そのために遅刻してきたんだろ」井戸原(小手信也)に言われた、なつ。

なつは、育ての母・富士子(松嶋菜々子)をモデルにした常盤御前(ときわごぜん)を提出した。

「みんな美人を書こうとしている。」と言う仲は、なつの絵を推薦。一番母性を感じるからだ。

しかし井戸原は、麻子(貫地谷しほり)の絵を「表情に惹かれる」と推薦。

穏やかな絵のなつ。一方、麻子のは鋭い目が印象的だ。麻子は「したたかで強い女性」を描いたという

しかし、なつは麻子の絵は顔が怖いと意見を述べた。

漫画映画は子どもに夢を見せるものだから、怖い母親の顔を子供にみせたくないと主張。

仲は常盤御前には両面あると指摘し、井戸原は2人のどちらの絵も中途半端だと伝えた。


キャラクター検討会が終了後。

下山(川島明)がなつの服装が見たことあるものだと気づき、心配して何かあったのかと尋ねた。

なつは、千遥のことを風車のお客さんに例えて相談。下山は警察官時代の先輩の話しをする。

下山「あの頃は、警察も混乱していたかもしれないけど、そこにいるのは人間だからね。
僕が新米のころ、近くの店から逃げてきた子がいた。
店では、その子を売ろうとしていた。でも、まだその時点では違法とは言えない。
でも先輩は、憲法を勉強して、その子を助け出した。上司も飲食店の店主も怒ってね。
奇跡なんてもんは、案外、人間が当たり前のことをする勇気をもつことだよ。」

なつは、その先輩が下山ではないか疑ったが、否定されてこう言われる…。

下山「僕は、勤務日誌に落書きばかりしていた。だから、警察をやめたんだ。
その勇気をもっている人間は、どこにでもいるよ。きっと、そのお子さんも誰かに助けられているんじゃないかな。」


「二人の絵を見て書いたのだけど。」

仲がなつと麻子に絵を見せてきた。なつはどうしてこんな絵が描けるのか驚いた。

仲はなつが母をモデルにしたことを見抜いた上で、母親は優しさだけでなく、怒りや悲しみなど子どもに見せたくないものも持っていると言い…

仲「子どもが見て本当だと思ってくれるような絵を僕らは探し続けなきゃいけないんだから、子どもの力を侮ったらそれで終わりだ」と助言した。

なつと麻子は自身の足りないところを自覚する。

「さっきは、生意気なことを言ってすみませんでした。」となつは謝った。

「別に謝らなくていいから、仕事をきっちりとやって。」麻子は返答。自身も理屈ばかり考えていたことを反省した。

なつはもっと漫画映画の勉強をしなければと思うのだった…。

【なつぞら】69話の感想

69話は絶賛の嵐。

広瀬すず、貫地谷しほりの対立から川島明の名言へ(!?)

と展開していく、秀逸な脚本で話題です。

広瀬すず,貫地谷しほりの絵は一面だけだった…

川島明の名言に反響:信じることの大切さ!

芥川賞作家の平野啓一郎氏も個人主義でなく「分人主義」というのを提唱しているのですが、簡単に言うと人は場面で使い分けているということ。

人はいろいろな顔があります。それはアニメのキャラクターも同じ。そして警察官もいろいろ。

だから「信じてみよう」と繋がるのですが、さらに「子どもの力」を信じることにもリンクしていきました。

子どもの力も侮ってはいけないのです。たくましく生きてるのかもしれない…。

6歳で行方不明ならば厳しいかと思われましたが、奇跡を起こす勇気をもつ人は案外いる……千遥が生きていることも、案外、ある。そう信じたいものです。

※次回70話のあらすじと感想はコチラ

【なつぞら】70話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第70話が2019年6月20日(木)に放送。 …

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク