【メゾン・ド・ポリス】の視聴率と最終回ネタバレ! 高畑充希の父の死の真相とは?

メゾンドポリス表紙

【メゾン・ド・ポリス】の視聴率と最終回ネタバレ! 

2019年1月クールのTBS金曜ドラマは【メゾン・ド・ポリス】

高畑充希主演で、退職刑事のおじさんたちと捜査をする異色な刑事ドラマです。

この記事は『メゾン・ド・ポリス』の視聴率と最終回ネタバレについて。

【メゾン・ド・ポリス】の動画&イッキ見※見逃した方は見放題独占配信パラビで。

画像出典:TBS ドラマ【メゾン・ド・ポリス】のキャストとあらすじ! 2019年1月期のTBS金曜ドラマは高畑充希主演の…
スポンサーリンク

【メゾン・ド・ポリス】の視聴率とあらすじネタバレ

『メゾン・ド・ポリス』全話の視聴率とあらすじネタバレは毎話放送後に更新します!

『メゾン・ド・ポリス』1話の視聴率とあらすじネタバレ

メゾンドポリス1話

画像出典:https://www.tbs.co.jp/maison_de_police/story/ep1.html

『メゾン・ド・ポリス』1話の視聴率12.7%

・1話のあらすじネタバレ・感想はコチラ

画像出典:TBS 【メゾン・ド・ポリス】1話の視聴率とネタバレ! 高畑充希主演のドラマ【メゾン・ド・ポリス】第1話が1/…

『メゾン・ド・ポリス』2話の視聴率とあらすじネタバレ

メゾンドポリス2話

画像出典:https://www.tbs.co.jp/maison_de_police/story/ep2.html

『メゾン・ド・ポリス』2話の視聴率12.4%

・2話のあらすじネタバレ・感想はコチラ

画像出典:TBS 【メゾン・ド・ポリス】2話の視聴率とネタバレ! 高畑充希主演のドラマ【メゾン・ド・ポリス】第2話が1/…

『メゾン・ド・ポリス』3話の視聴率とあらすじネタバレ

メゾンドポリス3話

出典:https://www.tbs.co.jp/maison_de_police/story/ep3.html

『メゾン・ド・ポリス』3話の視聴率10.7%

3話のあらすじ
ひより(高畑充希)らが管轄する地域で、青いペンキを掛けられたネコの死体が次々と見つかる「青猫事件」が発生する。ひよりが捜査を開始しようとした矢先、メゾンに区の広報誌の編集者・仁美(橋本マナミ)が訪ねてくる。ネコ殺害予告の投稿が届いたと話す仁美は、夏目(西島秀俊)らに犯人捜しを依頼する。

・3話のあらすじネタバレ・感想はコチラ

画像出典:TBS 【メゾン・ド・ポリス】3話の視聴率とネタバレ! 高畑充希主演のドラマ【メゾン・ド・ポリス】第3話が1/…

『メゾン・ド・ポリス』4話の視聴率とあらすじネタバレ

メゾンドポリス4話

出典:https://www.tbs.co.jp/maison_de_police/story/ep4.html

『メゾン・ド・ポリス』4話の視聴率は、10.2%

4話のあらすじ
元警察官のおじさんばかりが暮らすシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」の面々と共に捜査をすることになった新人刑事のひより(高畑充希)。オーナーで元副総監の伊達(近藤正臣)、元たたき上げ刑事・迫田(角野卓造)、元科捜研・藤堂(野口五郎)、元警務課の高平(小日向文世)、そして元捜査一課エースの夏目(西島秀俊)など、クセ者揃いの彼ら。ある暴行事件の捜査に妙に積極的な迫田。ゲームの掲示板にヒントを見つけるが…。

・4話のあらすじネタバレ・感想はコチラ

画像出典:TBS 【メゾン・ド・ポリス】4話の視聴率とネタバレ! 高畑充希主演のドラマ【メゾン・ド・ポリス】第4話が2/…

『メゾン・ド・ポリス』5話の視聴率とあらすじネタバレ

メゾン・ド・ポリス5話

『メゾン・ド・ポリス』5話の視聴率は、9.6%(初の一ケタ視聴率)

5話のあらすじ

新人刑事のひより(高畑充希)は、元副総監の伊達(近藤正臣)と愛犬・バロンの散歩中に「人を殺した」と告白する老女と出会う。認知症を患っているようだ。丸山栄一(大谷亮介)に連絡すると、西条(内藤大輔)・岡嶋(木下政治)とともにやってきた。3人は春子の亡き夫が創業した零細工場の社長と従業員で…。

・5話のあらすじネタバレ・感想はコチラ

画像出典:TBS 【メゾン・ド・ポリス】5話の視聴率とネタバレ! 高畑充希主演のドラマ【メゾン・ド・ポリス】第5話が2/…

『メゾン・ド・ポリス』6話の視聴率とあらすじネタバレ

メゾンドポリス6話

『メゾン・ド・ポリス』6話の視聴率は、9.9%(2話連続で一ケタ視聴率)

6話のあらすじ

ある日、メゾンに高平(小日向文世)の娘・小梅(水谷果穂)がやってきた。小梅はおじさまたちのことを高平の元部下、ひより(高畑充希)は伝説の刑事である高平に憧れてメゾンに出入りしていると言い出し、メゾンのおじさまたちに解決してほしい事件があると切り出す。どうやら高平は家族に盛大な嘘をついているらしく…。

・6話のあらすじネタバレ・感想はコチラ

画像出典:TBS 【メゾン・ド・ポリス】6話の視聴率とネタバレ! 高畑充希主演のドラマ【メゾン・ド・ポリス】第6話が2/…

『メゾン・ド・ポリス』7話の視聴率とあらすじネタバレ

メゾン・ド・ポリス7話

7話の視聴率は放送後、わかり次第更新します。

・7話のあらすじ

資産家・本郷幸成(井上順)の邸宅で窃盗事件が発生。本郷は内縁の妻・小倉汐里(西丸優子)と訪問看護師の赤井美香(太田美恵)の3人で箱根の別荘を訪れている間に金庫破りに遭ったようだ。犯行翌朝に本郷宅に出勤した家政婦の本宮カレン(大西礼芳)が発見し通報した。本郷は“世田谷のジゴロ”とも呼ばれていて…。

・7話のあらすじネタバレ・感想はコチラ

画像出典:TBS 【メゾン・ド・ポリス】7話の視聴率とネタバレ! 高畑充希主演のドラマ【メゾン・ド・ポリス】第7話が2/…

『メゾン・ド・ポリス』8話の視聴率とあらすじネタバレ

メゾンドポリス

出典:https://www.tbs.co.jp/maison_de_police/story/ep8.html

8話の視聴率は、9.1%

・8話のあらすじ

館林桃香(住田萌乃)という少女が1人で「メゾン・ド・ポリス」にやってきた。祖父がオレオレ詐欺に遭ったという。そんな中、小包みが届き、スマホから変成器を使った声で、藤堂(野口五郎)を誘拐したと告げる。ひより(高畑充希)も、美砂(萩野友里)という女性を連れてやってきて誘拐騒動に巻き込まれていく…。

・8話のあらすじネタバレ・感想はコチラ

画像出典:TBS 【メゾン・ド・ポリス】8話の視聴率とネタバレ! 高畑充希主演のドラマ【メゾン・ド・ポリス】第8話が20…

『メゾン・ド・ポリス』9話の視聴率とあらすじネタバレ

メゾン・ド・ポリス9話

出典:https://www.tbs.co.jp/maison_de_police/story/ep9.html

・9話の視聴率は、9.4%

・9話のあらすじネタバレはコチラ

画像出典:TBS 【メゾン・ド・ポリス】9話の視聴率とあらすじネタバレ! 高畑充希主演のドラマ【メゾン・ド・ポリス】第9…

『メゾン・ド・ポリス』最終回の視聴率とあらすじネタバレ

メゾンドポリス最終回

出典:https://www.tbs.co.jp/maison_de_police/story/

『メゾン・ド・ポリス』最終回のあらすじ

高遠建設常務の野間(佐野史郎)の周到な策略で、ひより(高畑充希)とおじさまたちはバラバラにされてしまった。誰もいないメゾンでひよりは失意に暮れる。すると、そこに伊達(近藤正臣)が帰ってきた。ひよりはこのピンチの原因は自分の判断ミスだと嘆くが、伊達は年をとると諦めが悪くなると語り捜査続行を示唆。そこに娘の名を出されて脅迫されていたはずの高平(小日向文世)も戻ってきた。高平も全く諦めていない。2人のやる気に接し、ひよりは野間と対峙する気力を取り戻す。

そのころ、逃亡中の夏目(西島秀俊)は野間の実働部隊を率いる大黒(中野英雄)に接触。迫田も新木(戸田昌宏)と原田(木村了)を留置所に呼び出し署内の裏切り者探しを頼むなど、それぞれの持ち場でやれることを進めていく。しかし厳重に保管していた証拠のデータが消えるなど、野間の魔の手は署内にも蔓延っている。誰が味方で誰が敵なのか。ひよりたちは圧倒的に不利な状況から野間を追い詰めることができるのか。

出典:https://www.tbs.co.jp/maison_de_police/story/

最終回の視聴率は、10.2%

・最終回のあらすじネタバレはコチラ

画像出典:TBS 【メゾン・ド・ポリス最終回】の視聴率とあらすじネタバレ! 高畑充希主演のドラマ【メゾン・ド・ポリス】最…

【メゾン・ド・ポリス】の視聴率予想

ここでは、ドラマ『メゾン・ド・ポリス』の視聴率予想をします。

結論から言うと…

『メゾン・ド・ポリス』の視聴率は7~9%が妥当。良くて10%前後の視聴率と予想します。

TBS金曜ドラマ枠の視聴率

TBS系・金曜22時枠のドラマ、過去1年分の視聴率を参考にしてみます。

・「アンナチュラル」(2018年1月- 3月、 主演:石原さとみ)全10話平均視聴率 11.1%

・「あなたには帰る家がある」(2018年4月- 6月、主演:中谷美紀)全11話平均視聴率 8.4%

・「チア☆ダン」(2018年7月-9月、 主演:土屋太鳳)全10話平均視聴率 7.1%

・「大恋愛〜僕を忘れる君と」(2018年10月- 12月、主演:戸田恵梨香)全10話平均視聴率 10.0%

(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

過去1年の4作品の平均視聴率は…

(11.1+8.4+7.1+10.0)÷4=9.15(%)

高畑充希主演ドラマの視聴率

テレビドラマの視聴率は主演俳優に左右される傾向にあります。(もちろん内容も影響します…例えば瑛太主演『ハローハリネズミ』は初回二ケタ視聴率。しかし2話目からずっと一ケタ視聴率でした。)

高畑充希主演ドラマは少ないです。

ヒロインを務めたNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』は期間平均視聴率が22.8%!

しかし朝ドラは人気枠のため参考になりません。

他の主演ドラマは1作のみで、その『過保護のカホコ』(2017、日テレ)は平均視聴率 11.5%!

しかしこれも、俳優・竹内涼真の人気があったことは差し引かれる点か。

ちなみにちょうど『ひよっこ』途中退場後の連続ドラマ出演。『ひよっこ』で竹内涼真ロスがあった時期でした。

放送枠、主演女優の数字から、【メゾン・ド・ポリス】は7%~11%台を予想します。

【メゾンドポリス】の最終回ネタバレ

ドラマ『メゾン・ド・ポリス』の原作には、加藤実秋氏の以下の小説2作と発売予定1作の計3作あります。

・「メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス」(角川文庫)全5話・346ページ
・「メゾン・ド・ポリス2 退職刑事とエリート警視」(角川文庫)全4話・361ページ
・「メゾン・ド・ポリス3 退職刑事とテロリスト」(角川文庫、2019年2月23日発売予定)

「メゾン・ド・ポリス」 シリーズはミステリー小説で、連作短編形式の作品です。(連作短編とは、短編小説が集まって、一つの大きな物語になっているもの。)

ドラマ【メゾン・ド・ポリス】も1話完結型ですが、亡き父(原作では失踪)のことが登場するため連続ドラマとして連なるテーマがありそうです。

ドラマ【メゾン・ド・ポリス】の最終回は、原作小説から予想すると…

以下の2つの出来事(事故と自殺)が最終回に関わってくるはず。

牧田ひより(演:高畑充希)の父親の事故死(原作では失踪)の真相

惣一郎(演:西島秀俊)が警察を辞めるきかっけとなった「容疑者の自殺」の遺族との和解と事件解決

※原作小説から予想される結論をネタバレすると…

真相は、会社の裏金を知ったから殺された(原作では失踪した)

・原作では、失踪していた父がひよりと再会。会社・暴力団企業・政治家との癒着・裏金を知り、家族を守るため失踪していた。警察に届けなかったのは会社と警察との癒着もあったから。妻(ひよりの母)とは連絡を取りあっていた。第2巻ラストで、ひよりは警察と大手企業の癒着を暴く。
・しかしドラマでは両親が死亡しています。まさか生きている?それとも復讐劇として、ひよりが真相をつかむのか。

容疑者の自殺の真相には、建設会社と暴力団企業・政治家の癒着があった

・惣一郎の退職のきっかけとなった事件は、ひよりの父が勤務していた「高遠建設」と「青幸興業」の癒着を追求し、高遠建設の社員・池原を自殺に追い込んだこと。
・夏目は、衆議院議員・桐原への金の流れもつかみ、事件解決。癒着は事実であったことが証明されました。

「メゾン・ド・ポリス」最終回のネタバレ

大まかな結末は、原作と同じ。

ただし政治家は登場せず。汚染問題も省略され…

「高遠建設」と青戸組の関連企業「青幸興業」、そして警察上層部の癒着が暴かれました。

そして、ラストは牧野ひより(高畑充希)が柳町北署から警視庁捜査一課へ異動!

栄転です。

続編が可能な結末でした。

原作小説【メゾン・ド・ポリス】第1巻のネタバレ

ドラマ開始時点で既刊の原作小説「メゾン・ド・ポリス」「メゾン・ド・ポリス2」をネタバレします。

原作小説の第1巻は、5話構成の連作。

各話のあらすじ(事件内容)・犯人・ヒントの要点をネタバレします。

第1話「新人女子刑事 vs.くせ者おじさん軍団」のネタバレ⇒ドラマ第1話に相当

あらすじ(事件内容)
柳町北署の管内・ひな菊町で男性が焼死する映像がネットで配信される。
被害者は天ぷら店・店主の園田政二(55)。4年前、男女3人が焼死する様子を生配信した「デスダンス事件」の模倣犯に思われたが…。

犯人

犯人は、なし。園田政二の自殺。政二の息子・園田義政には闇金に3千万の借金があった。そのため保険金目当てで自殺した。自殺は加入期間が短いと保険金が出ないため、「デスダンス事件」を利用して他殺にみせかけた。

ヒントと結果

・靴ひもの結び方が自分で結んだものでなく、人には履かされた場合の結び方だった。デスダンス事件の模倣ができていないため藤堂が疑問を提示。
・ノコギリの刃こぼれもヒントだった。氷をカットする時に使用し刃が欠けたのだろう。氷の上にスマホをセットして焼死の瞬間を政二が自らライブ配信した。火の熱で氷は解け証拠を隠した。
・その後。義政には、伊達(演:近藤芳正)の知人の弁護士をつけた。てんぷら店も常連客・取引先で守ることになった。

ドラマでは…
・結末が改変:園田政二の自殺、園田義政の犯行から過去の「デスダンス」事件の犯人が今回も犯人(殺害の教唆)
・ドラマでは「刃こぼれ」「氷」は登場せず。

第2話「犯罪ウイルス!? 連続暴行事件の謎」のネタバレ⇒ドラマ第4話に相当

あらすじ(事件内容)

・第1の被害者:貫井秀之(ぬくい・ひでゆき)…金属バットで暴行された。自宅のバスケットボールに画びょうが刺さっていたことも最近あった。30分だけ練習していたためボールの音がうるさいという近所の苦情もなかった。
・第2の被害者:竜野要(たつの・かなめ)25歳。神奈川県川崎市高津区で、同じようにバットで暴行される。
・第3の被害者:埼玉県川口市の女子中学生。
・第4の被害者:千葉県市川市の50代男性。
まるで犯罪ウイルスのように各地で暴行事件が連続していく…。

犯人

・犯人は当初、恩田光矢(おんだ・こうや)22歳・フリーターと思われたが、「サイトの契約を守っただけ」と供述。
真犯人はネットの「犯罪マニュアル」サイト。サイトの作成者は櫻井蓮斗(さくらい・れんと)。
・当初は貫井秀之と同級生の連斗の兄・陽斗が疑われていた。しかし、真犯人は弟。
・犯行動機は受験失敗後、秀之のボールの音にイライラしていた兄を守るため。
・「なかよしくらぶ」というサイトを作り、交換で暴行するマニュアルも掲載した。

ヒントと結果

・蓮斗は「秀之くんたちが襲われた事件の聞き込みだって」と兄に言った。あの時点で被害者が複数いるとは報道されていなかった。
・蓮斗は自首をして、罪を認める供述を始めた。
・ひよりは、蓮斗の心のケアのため専門家をつけた。知らない人を襲うのは怖くないという発言を心配して。

ドラマでは老人が犯人。交換で暴行するのでなく、依頼するだけだった。

第3話「科学捜査が迫る密室OL自殺の真相」のネタバレ⇒ドラマ第2話に相当

第3話冒頭で、夏目惣一郎が池原信吾(いけはら・しんご)の墓参りに。

しかし信吾の妻・美沙に追い返されてしまう。

美沙は、惣一郎の取り調べが原因で信吾が亡くなった、と恨んでいた。

それでも惣一郎は事件の裏に何かある、「あきらめていない」そう宣言した。

あらすじ(事件内容)

・自殺者は平松祥恵(ひらまつ・さちえ)46歳。消費者金融のフリーダムファイナンスに勤務。死因は塩素ガスによる呼吸不全。スマホに残された遺書には孤独なさみしさを嘆き「死にます」とあった。さらに現場の自宅アパートは密室。睡眠導入剤も飲んでいたため自殺とみられる。
・第一発見者は大家の小田倉孝二(75)、平松の会社の後輩・三上絵里香(23)。三上が午後7時に電話で話した際、様子が変なのでアパートに来て小田倉に鍵を開けてもらったのは午後8時だった。明らかに自殺に思えたが…。

犯人

・平松の勤務先の同僚、森元妙子(もりもと・たえこ)が主犯。三上絵里香が共犯
・2人は勤務先のお金を着服
・犯行動機は、平松に気づかれて脅されたこと。数回に渡って約100万円を渡していた。
・犯行方法は、平松の部屋で睡眠薬入りのワインで眠らせ、トイレに運びガスを発生させた。
・遺書は平松の指でロック解除してスマホで書いた。
・密室は、実は森元が隠れていた。大家に鍵を開けてもらった後、充満したガスを理由に三上が大家を外へ連れ出した。その隙に森元が逃げた。

ヒントと結果

・藤堂が自殺を疑った根拠は2つ。40代なのにスマホのメモアプリを使った遺書に違和感。平松の佇まいから自殺しそうにないこと。
・証拠となったのは、指の中節の指紋。クローゼットに隠れていた森元は、暑くて軍手を指先部分だけ残してずり下げてしまった。そのため第1関節・第2関節の間(=中節)の指紋が付着していたのだ。

第4話「ペンキ事件と犯行声明文の秘密」のネタバレ⇒ドラマ第3話に相当

あらすじ(事件内容)

・ペンキがかけられる事件が連続して発生!
・「メゾン・ド・ポリス」がある「さくら町」の町内会長、隣町のすもも町にある区役所・防犯課長の依頼で捜査開始。
・犯行翌日には、区の広報誌に抗議文も送られてきたというが…。
犯人は山崎翠(やまさき・みどり)
・犯行動機は、区民センターの建設で家から富士山が見えなくなるから
・行政への抗議の意味で公共の場にペンキをかけていた。

ヒントと結果

・夏目惣一郎が気づいたのはペンキのかけ方。すべて左利きだった。
・広報誌の投稿常連者の中で、山崎だけが左利きだった。
・動機と手段だけで証拠はない。そのため現行犯で逮捕した。
・テレビが区民センター建設を取材する日、その前夜に張り込んだのだった。

原作とドラマの相違点
・ドラマでは事件を2つに改変。死体損壊をプラス。
・「青猫事件」の犯人は原作と同じ。
・富士山が見えなくなる建物は区のセンター建設予定地から「都民住宅」に改変。

第5話「重なり合う過去 さらばおじさん軍団!?」のネタバレ⇒ドラマ9話・10話に相当

あらすじ(事件内容)

・余命3か月の池原美沙は、惣一郎に夫・信吾が自殺した件の捜査を依頼する。
・事件は2年前。青幸興業・社員の大森幸二が射殺された。犯人は金王(こんのう)会の若林和史(わかばやし・かずふみ)。
・青幸興業のバックには青戸組があり、金王会とは抗争状態だった。
・両者は極楽町の再開発の利権も奪い合っていた。開発の元受けは大手ゼネコン・高遠建設、ひよりの父親が勤務していた会社だ。
・惣一郎は、高遠建設の経理部で再開発担当の池原信吾を複数回取り調べた。そして自殺してしまった。
・高遠建設と青幸興業の癒着の背景には、衆議院議員・桐原哲也も絡んでいると惣一郎は推理するが、金の流れの証拠がなく…。

犯人

・犯人というより、建設会社・下請け企業・政治家の金の流れをつかむことが課題。
・迫田が青戸組をつぶしたい金王会にコンタクトをとる。
・高遠建設に「二十一世紀建設企画」、桐原議員に「未来政治研究会」というダミー団体があると判明。
・別団体ルートの闇献金。その証拠は、ひよりの父のパソコンに入っていた。

ヒントと結果

・ひよりの父のパソコンのロック解除のキーワードは「genbachizu(現場地図)」
・書類の中で、不自然に丁寧にしまってあるのを探せという迫田の指示がヒントとなった。
・その一冊には父が担当した現場地図のコピーがたくさん入っていた。それは家族にいつか自分の仕事を見せるためだ、と迫田は代弁した。
・証拠によって、警察が高遠建設の経理担当者・ダミー団体の関係者・桐原議員を逮捕。
・ひよりの拉致の罪で、青幸興業の大黒社長と幹部も逮捕。
・今後、徹底捜査されるもよう。
・惣一郎の退職のきっかけとなった事件が解決。そのため警察に戻れるが、「メゾン・ド・ポリス」に残る決心をした。

原作小説【メゾン・ド・ポリス】第2巻のネタバレ

【メゾン・ド・ポリス】の原作・第2巻は、全4話の構成。

牧田ひよりの父親・失踪の謎が解決するシリーズ最終巻です。(2019年2月現在)

第1話「血痕が導き出す死者の声」のネタバレ⇒ドラマ第5話に相当

あらすじ(事件内容)

・歩道橋の下に男性が倒れて死亡していた。
・男性は、安達高史(あだち・たかし)38歳、自動車部品製造工場に勤務。
・警察は事故の可能性が高いと判断しているが…。

犯人

安達は、工場の階段から落ちて死亡
・丸山工場長は救急車を呼ぶつもりだった。
・しかし親会社の三崎から電話があり、長時間労働の発覚を恐れて事故に見せかけるため、三崎が死体遺棄に及んだ。

ヒントと結果

・ヒントは2つ。一つは歩道橋の下から少し離れたゴミ収集所に落ちていた血痕。つまり死体が移動してきた可能性が高かった。二つ目は血痕が高いところが落ちたこと。丸山は低く三崎は高身長だった。
・死体遺棄を見逃した丸山は、執行猶予がつく可能性が高い。社員たちは丸山が戻るまで会社を守っていくつもりだ。

第2話「錯綜する資産家女性殺人事件!」のネタバレ⇒ドラマ第6話に相当

あらすじ(事件内容)

・被害者は大浦春江(おおうら・はるえ)
・この第2話は冒頭から犯人が判明。
・藤子の孫・中松香織がお金欲しさに殺害した。
・ドラマの「コロンボ」「古畑任三郎」のような、いわゆる倒叙ミステリー形式で話は進む。

犯人

・犯人は中松香織だが、紛失していた高級な花器の行方も判明する。
・窃盗犯は春江の息子・寿三郎とその妻・藤子。

ヒントと結果

・犯行がバレたのは春江の飼い猫によるひっかき傷がヒント。革手袋でごまかしていたが頻繁に右手を気にしていたことを伊達が見抜いた。
・犯人が2人いると見抜いたのは牧野ひより。「メゾン・ド・ポリス」の薄味な味噌汁が夕食では濃くなっていた。
・実は迫田が味噌追加・藤堂が煮詰めて、食べられないほどにした。そのことから殺害犯と窃盗犯がいると推理。

ドラマでは…

・味噌のエピソードなし。高平が「伝説の刑事」となり推理する。決め手は高価な花器を守ろうとしたから。

第3話「vs.連続窃盗犯! おじさん軍団の長い夜」のネタバレ

あらすじ(事件内容)

「メゾン・ド・ポリス」がある商店街で連続・窃盗事件が発生。食材は商店街と決まっている(?)ため、おじさん軍団が捜査にあたる。

犯人

・第3話の中盤で逮捕されたのは便乗犯で、進藤友弥。親の店に忍び込んだが他の窃盗は否認。
真犯人は、黒木尊(くろき・たける)と志村賢人(しむら・けんと)だった。
・黒木は商店街でバイト経験があり店・住居のつくりを把握していたのだ。

ヒントと結果

・黒木らと彼らの住まいを突き止めたのは元警察犬・バロン。
・彼らが犯行時に落としたニット帽の匂いをたどった。
・証拠はないためニット帽と50万を交換しようとおびき出した。
・会話の中で、黒木が「これじゃねえ」と偽物と気づいたため犯人しか知リ得ない発言をしたため犯人と断定。ひよりが逮捕した。

第4話「ハイテク工場の闇 遂にクライマックスへ!」のネタバレ⇒ドラマ9話・10話に相当

あらすじ(事件内容)

・ドラマ放送前の既刊2作品の最終話。ついに牧野ひよりの父親・失踪の謎に迫る。
・警察上層部の圧力もあり、ひよりは休暇を取って捜査。
・高遠建設の群馬県蒼野町のプロジェクト、白鵬電機の新工場建設に問題がありそう。
・ひよりの父・尚人の同期・市野沢が事故死していた。
・しかし地元の人は雇用や町が潤うことから、工場建設に反対はなかったらしいが…。

犯人

・工場建設には住民説明とは別に、有害物質のデータがあった
・白鵬電機の糸居は市野沢に相談。アドバイスされて糸居は上司に相談したが相手にされない。
・その上司が白鵬電機・渉外部の野間に報告。野間からの圧力で糸居は告発をあきらめる。市野沢にも忘れるように糸居が進言した。
・白鵬電機の渉外部は、警視庁の天下り先。警察と大手企業の癒着が隠ぺいの原因となった。
・市野沢の事故死を知り、糸居は自責の念にかられた。尚人は家族の身が危険だと感じ失踪した。

ヒントと結果

市野沢の事故死は睡眠不足、やつれていたことが原因。
・そこで惣一郎がライターを使い捜査に当たる。結果的に事故の遠因は、汚染問題の隠蔽からくるストレスであったといえる。
・事件解決のヒントのひとつは、尚人がひよりに送った地図。
・それは白鳳電機の工場が建つ前の古い地図で、ひよりたちは聞き込みしていた。
糸居がひよりにデータを告白。きっかけは、市野沢の妻の発言「主人は殺された」というのをひよりたちが教えたから。
・尚人は会社の裏切りはショックだが、仕事には誇りを持っていた。しかし娘・ひよりに「ごめん」と謝罪。地図を送って娘を巻き込んだことに対して謝った。
・ひよりは「後悔はしてないけど反省してる」と解釈。「おかえり」と声をかけた。
・その後も、ひよりとおじさん達の捜査は続いている…。

【メゾン・ド・ポリス】の最終回ネタバレまとめ

『メゾン・ド・ポリス』最終回では、牧田ひより(演:高畑充希)が成長し、おじさん達と別れがたい関係になっている、そう期待しています。

もちろん、ひよりと惣一郎の抱える問題が解決する、と予想されますが、果たして?

最終回までドラマ『メゾン・ド・ポリス』をともに楽しみましょう。

(追記)ドラマは原作があるものの、改変ありのストーリー。犯人を変更したり、7話の世田谷のフィクサー登場、8話の偽装誘拐などはオリジナルで描きました。

一番の改変は草介(竜星涼)の正体でした。夏目の動きをマークしていた警察官。裏切り者にみえた草介が最終回では「メゾン・ド・ポリス」の一員として活躍!

最終回のラストシーンまで「メゾン・ド・ポリス」のおじさん、ひよりらみんなが捜査にイキイキ活躍し、楽しませてくれました。また会える日を願っています。

*記事内の画像出典:TBS

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク