【結婚相手は抽選で】6話のネタバレと視聴率!奈々・高梨臨の涙にもらい泣き!

【結婚相手は抽選で】6話のネタバレと視聴率

主演・野村周平×ヒロイン・高梨臨のドラマ『結婚相手は抽選で』(フジテレビ系)第6話が2018年11月10日深夜に放送されました。

今回は【結婚相手は抽選で】6話の視聴率・あらすじネタバレについて。

ドラマ【結婚相手は抽選で】のキャストとあらすじ! 主演・野村周平×ヒロイン・高梨臨で、オトナの土ドラの新作が2018年10月ス…

※「放送を見逃した」「1話から最新話まで一挙に見たい」そんな方には、FODプレミアムがおすすめ。

▼FODプレミアムで話題のドラマが見放題!

FODプレミアムに登録

スポンサーリンク

【結婚相手は抽選で】6話の視聴率

結婚相手は抽選で6話

画像出典:公式サイト

【結婚相手は抽選で】6話の視聴率は、3.0%

ドラマ【結婚相手は抽選で】の視聴率とネタバレ! 主演・野村周平×ヒロイン・高梨臨で、オトナの土ドラの新作が2018年10月スタ…

【結婚相手は抽選で】6話のあらすじネタバレ

友人の北風(松本享恭)からゲイであることを打ち明けられた龍彦(野村周平)は、LGBTについて真剣に調べはじめる。北風のゲイの友人である劇団の主催者・広瀬(内田健司)にも会い、性的マイノリティの社会的現状について教えられる龍彦。それは、「抽選見合い結婚法」での被害者をこれ以上増やさないよう、「抽選見合い結婚法 改定案 上申書」を作成するためだった。

さらに龍彦は出来上がった上申書を見てもらうため、以前からその政権批判の記事に感心していたフリージャーナリストのひかり(大西礼芳)に会った。ひかりは内容に共感し、会話するうちに、龍彦が自分の愛読するブログの主宰「たっちゃん」であることに気付く。テレビの討論番組を見て、失言する大臣の小野寺(若村麻由美)を苦々しく思っていたひかりは、龍彦の作成した上申書を持って、ある行動に出たのだった……。

そんな中、奈々(高梨臨)は、龍彦と最後に会ってから、一週間以上連絡がないことにどこか苛立っていた。そして、幼い頃に亡くなった母親との思い出が詰まった自宅をリフォームするという祖母・紅子(冨田恵子)の言葉に激しく動揺する。

一方、嵐望(大谷亮平)から、「お母さんに、紹介して欲しい」と告げられた好美(佐津川愛美)は一抹の不安を感じながらも、母・あき恵(山口美也子)を東京に呼び寄せた。嵐望を交えた食事会の日、「好美さんとの結婚、許していただけませんでしょうか」と言った嵐望に、その場では承諾したあき恵。しかし好美には、「あの男は信用できん」と、好美から結婚を断るようにと言うのだった。

そんな中、緊張しつつも龍彦は奈々にようやく連絡し、龍彦が決めた居酒屋で再会していた。いつものようにマイ箸を使おうとすると、強引に店の箸で食べさせる奈々に感謝する龍彦。そんな奈々も龍彦に自然と家族の話をし、悩みを打ち明けて涙を流す。変わりたいのに変われない。テロ撲滅隊にも行きたくない…。リーチ女であることを告白した奈々は、龍彦に…。

出典:http://tokai-tv.com/chusenmiai/story/06.html

小野寺(若村麻由美)の元を、ひかり(大西礼芳)が訪問。

ひかりは小野寺の実の娘で、父親のセクハラのスキャンダルのために呼び出された。

平気だと了解したひかりは、母でなく大臣へ法律の改正案の陳情書を提出。

その頃、奈々が打ち明けた家族の話しとは、祖母のこと。

母が教えてくれたようにバイオリンの先生になりたかったが、祖母にやめさせられたのだ。

自分が悪いと分かっている奈々。

何もかも中途半端で、結婚しても幸せになれないからと泣く奈々は、龍彦にあなたから断ってとお願いした。

考え込む龍彦は…。

【結婚相手は抽選で】6話の感想

【結婚相手は抽選で】6話のまとめ

【結婚相手は抽選で】は、結婚をテーマとした世にも奇妙な(?)社会派ドラマ。

6話もハマっている人続出でした。

小野寺大臣とひかりがまさか母娘とは!という新事実も発覚!

奈々と龍彦の関係が今回も微笑ましい。

奈々(高梨臨)の境遇に共感し涙する視聴者も多かったようです。

嵐望が義母に反対されるのは原作どおりなのですが、なぜ見抜いたのか、原作小説読んでいたときも「?」でドラマも全く伏線や予感はなし。

第7話で、嵐望の秘密、ダメな理由が明かされるようなので期待しましょう!


※視聴率はビデオリサーチ社調べ・関東地区・世帯

※関連リンク

フジテレビ公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク