【ブラックぺアン】7話あらすじと視聴率!相武紗季出産後ドラマ初出演!

ブラックぺアン

日曜劇場『ブラックぺアン』第7話が6月3日に放送されました。

7話ゲストは相武紗季。出産後初のドラマ出演!日曜劇場への出演は『華麗なる一族』以来11年ぶりです。気になる役柄は?

今回は『ブラックぺアン』7話の視聴率・ゲスト・あらすじネタバレ・感想について。

日曜劇場(TBS系日曜よる9時)で大人気放送中の医療ドラマ『ブラックぺアン』 豪華キャストが集い「チーム・バチスタ」の海堂尊原…
【ブラックぺアン】あらすじと最終回ネタバレ!二宮和也が知る真相とは? 2018年4月期のTBS日曜劇場は二宮和也主演『ブラック…
スポンサーリンク

【ブラックぺアン】7話の視聴率

【ブラックぺアン】7話の視聴率は13.0%!

前回と横ばいの数字となりました。

2018年4月期のTBS日曜劇場【ブラックぺアン】。4年ぶりのドラマ主演となる二宮和也など豪華キャストにくわえ、『チーム・バチスタの…

【ブラックぺアン】7話のゲスト

相武紗季(役:山本祥子)

ブラックぺアン7話相武

登場人物:山本祥子(やまもと・しょうこ)……東城大付属病院に入院した患者。木下香織(加藤綾子)の元同僚看護師。

キャスト:相武紗季(あいぶ・さき)は、1985年6月20日生まれ。放送時は32歳。 『絶対彼氏〜完全無欠の恋人ロボット〜』『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』『僕のヤバイ妻』など多数出演する人気女優。

2015年に年上の一般男性と結婚。2017年5月に妊娠を報告。同年10月に第一子を出産。本作のゲスト出演は、出産後初。

ドラマ出演は『女の勲章』(2017年4月15・16日)以来、約1年2か月ぶりとなります。

〈相武紗季のコメント〉

「ドラマの撮影は1年近く空いていたので、ドラマ特有の撮影の勢いに圧倒され、ついていくのに一生懸命でしたが、(以前お世話になった)プロデューサーさんや演者さんも共演した方が多かったので、身を委ねる気持ちで現場にはスムーズに入っていけました。

加藤(綾子)さん演じる香織の過去が少し明らかになる話なので、香織さんの感情の変化を楽しんで見て頂けたら幸いです」

長谷川忍(シソンヌ)(役:武田秀文)

登場人物:武田秀文……帝華大の医局員。手術執刀中にミスを起こし、渡海にある条件で助けられる。

【ブラックぺアン】7話のあらすじ

厚労省の富沢(福澤朗)が、ダーウィン手術の難度が低い症例の患者・山本祥子(相武紗季)を佐伯教授(内野聖陽)に紹介。

“国産ダーウィン”の手術支援ロボット『カエサル』は、国を挙げての一大プロジェクト。佐伯に積極的に行ってほしいのだ。

佐伯は、祥子の症例なら誰が手術をしても失敗することはないと考える。

東城大の手柄にすべく執刀医に黒崎(橋本さとし)を指名し、治験コーディネーターの木下(加藤綾子)を呼び出す。

黒崎と木下は治験の説明のため祥子の病室を訪れる。しかし祥子と香織は顔見知りだった。そして祥子は治験コーディネーターの担当変更を申し出る。

祥子は隣の市の病院に勤務する現役の看護師主任。香織はかつて看護師として祥子と共に働いていた。

世良(竹内涼真)高階(小泉孝太郎)美和(葵わかな)は、香織がなぜ看護師を辞め、治験コーディネーターとして働くこととなったのか、知ることになる。

そして黒崎が執刀する手術は無事成功するのか・・・。

そのころ帝華大に引き抜かれ、東城大を去った渡海(二宮和也)は…。

【ブラックぺアン】7話のあらすじネタバレ

【渡海が帝華大に移った理由は?】

渡海は母の手術を自ら行ったため、減給処分が言い渡された。

不服な渡海は、西崎教授がいる帝華大に現在の2倍の報酬で引き抜かれたのだった。

【情報流出疑惑】

厚労省の富沢から国産ダーウィン=カエサルの手術に佐伯祥子を紹介された。

しかし、佐伯は富沢が東城大の患者を知っていることから、情報流出を疑う。

【祥子が香織を拒否した理由は?】

香織と祥子は6年前に同じ病院に勤務する看護師同士だった。ある手術で香織は器械出しをしていたが、執刀医の指示ミスで医療過誤が起きた。

香織がミスしたことになり、責任をとって病院を去ることになった。

その時に、祥子は病院側から香織の医療ミスを証言しないと「クビ」にすると言われ、やむなくうその証言をしてしまった。「人の敵は人だ」と今でも後悔する祥子。

【渡海の信念とは】

香織は、渡海を心配して帝華大にやってきたが、渡海は見事な手術で執刀医のミスをカバーしていた。

渡海は、「患者がいる、そいつを助ける。以上。…どこに行こうと俺がやることは変わらないんだよ」と香織に話した。

【祥子と香織の和解】

渡海の言葉で吹っ切れた香織。

祥子も看護師が医師の指示通りの点滴をしようとして、香織が直前で止めた。医師がアレルギーを見過ごしていたのだ。

こうして祥子の治験コーディネーターには、もとの香織が担当となった。

【祥子の手術当日】

高階は血栓が浮遊していることをエコーから見つけた。(血栓=血の固まり、脳梗塞などの原因となる)

しかし執刀医の黒崎と見学していた守屋院長(志垣太郎)は、予定の手術は成功したので、手術を終えようとする。

高階は、「放置することは、患者に対しての裏切り行為だ」と断言し執刀を代わる。黒崎は抵抗するが、香織がマイクで今の会話を患者に知らせると告げ、黒崎をだまらせた…。

結果、高階の手術で、血栓は取り除かれた。術後、香織は祥子に「人の味方も人」と伝え、和解にいたった…

【情報流出の犯人は?】

手術後。院長室にて…。

渡海は、帝華大で見つけた東城大の患者リストに、東城大のホストコンピューターにログインしたIDが載っていると告げる。そのIDは看護師の宮元(水谷果穂)であると判明した。

しかし、渡海が問い詰めるとおびえた顔になった。香織は「何があったのか教えてくれませんか。あなたのことは私が必ず守るから」と訴える。守屋院長の方をみながらも懸命にこらえる宮元。

渡海は、院長が宮元の弱み(親を特別に治療)を握り、帝華大に患者情報を流していたと指摘した。メールの証拠もにぎっていた。帝華大医局員・武田の手術ミスをフォローしてIDを借り、メールのやりとりをつかんだのだった。

【渡海の復帰と西崎の狙い】

佐伯は、守屋の罪を不問に付す代わりに、帝華大から渡海を東城大に再び受け入れ、渡海の給料の倍の部分を自費で支払うことを命じた。

西崎は、当初から守屋を切る予定だった。高階が西崎の刺客として、東城大で論文を書きやすくするためだ。

治験を進めてカエサルの論文を完成させることを再度、高階に命じる。こうして、渡海は東城大に戻ってきた。

【ブラックぺアン】7話の感想

情報流出の犯人捜しがスリリングで毎回のワンパターンを脱出。

今回は面白かったとの感想が多かったです。

渡海先生を演じるニノの悪魔的な演技も見ごたえがありましたね。

看護師の宮元が泣きました。

相武紗季出産後ドラマ初出演で、人間ドラマも描かれた第7話!

どこにいてもやるべきことは同じ。敵も味方も人ですね。

次回第8話はついにブラックぺアンの謎が描かれそうです。次回6月10日の放送をお楽しみに!
(視聴率は関東地区・ビデオリサーチ調べ/記事内の画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク