ドラマ【高嶺の花】キャストとあらすじ!石原さとみ主演なのに爆死確実?

高嶺の花表紙

2018年7月期の水曜ドラマは『高嶺(たかね)の花』

主演は、石原さとみ!相手役は峯田和伸。原作なしでおくる、美女と野獣の格差恋愛ドラマです。しかし心配されるのは脚本担当の野島伸司?

今回はドラマ【高嶺の花】のキャストとあらすじ、爆死確実の理由をご紹介!(※見逃した方はHuluで全話配信があります)

【2018夏ドラマ一覧】7月スタートの新ドラマ情報まとめ 2018年夏ドラマ(7月〜9月)の新ドラマ情報を民放〜ネット…
【高嶺の花】の視聴率と最終回ネタバレ! 主演・石原さとみ(『アンナチュラル』)×脚本・野島伸司(『彼氏をローンで買いました』)…
スポンサーリンク

2018年7月期のドラマ【高嶺の花】は爆死確実?

ドラマ【高嶺の花】は2018年7月11日(水)よる10時に15分拡大スタート!その後、日本テレビ系で毎週水曜よる10時に放送します。

日テレの看板枠で、かつては同枠で『家政婦のミタ』(2011)が最終回視聴率40.0%を記録し、社会現象になりました。

本作は人気女優・石原さとみが主演でもあるため、視聴者も期待を寄せています。が、心配されるのは脚本の野島伸司。かつて『ひとつ屋根の下』など大ヒットを連発した大御所。近年はネット配信でセックス依存症がテーマの『雨が降ると君は優しい』(Hulu)、彼氏を買うドラマ『彼氏をローンで買いました』(FOD×dtv)など刺激的な作品で高評価を得ています。

ただ、地上波での野島伸司ドラマといえば『OUR HOUSE』(2016、フジテレビ)の惨敗が思い出されます。同作は平均視聴率4.5%。最終回3.3%の低視聴率。内容も古くさい台詞・ギャグ・展開が酷評され、9話で打ち切られました。

本作も地上波の制限で思い切った企画ができなかったのか、平凡で無難な設定。ロンバケから使い古された結婚式での破談、美女と野獣の恋愛…。不安しかありません。

このままでは爆死が確実視される本作ですが、希望もあります。それは、人気女優・石原さとみ主演!脚本の心配を払しょくしてくれることが期待されます。ここからは主演をはじめ、脇を固めるキャストやドラマあらすじもご紹介します。(発表され次第更新します)

ドラマ【高嶺の花】のあらすじ

主人公は月島もも(石原さとみ)。華道の名門「月島流」本家に生まれ、美貌と才能がある。

ももは心から愛する男性と結ばれるはずだった。

しかし、結婚式当日・婚約者の二股が発覚!!!!

婚約は破断になり、ももは自信を失ない大ピンチ。

そんなとき、ある平凡な男…ルックスも金も何も持たない自転車屋の店主・風間直人(峯田和伸)と出会う。

「高嶺の花」と「地上の凡夫」。絶望的な格差のある二人がまさかの恋に落ちて・・・


・脚本の野島伸司は「ドラマっていいな。そうか、だからわざわざ時間を割いて、ひととき日常を離れてのめり込めるエンターテインメントなんだよね。作り手と受け手が、そんな思いを共有できる、そういう熱を呼び起こせるものを書きたい」とコメント

・石原さとみ曰く”怒涛のラブストーリー”。「心を揺さぶられ、深くハッとさせられる台詞のオンパレード」とコメント。

ドラマ【高嶺の花】主演キャストは石原さとみ

石原さとみ(役:月島 もも )

石原さとみ

登場人物:月島 もも(29)……華道家。華道の一大流派である名門『月島流』本家の長女。圧倒的な才能と抜群のルックスを持つため「高嶺の花」と言われる。

キャスト:石原さとみ(いしはら・さとみ)……1986年12月24日生まれ。子供時代にホリプロ系の俳優養成所に所属。2002年、ホリプロタレントスカウトキャラバンのグランプリを受賞。以降、本格的に女優活動し、NHK朝ドラ『てるてる家族』(2003)主演、NHK大河ドラマ『義経』(2005)出演などで知名度を高めた。

アメリカの映画レビューサイト「TC Candler.com」で「世界で最も美しい顔100人」に選出される。2018年1月期のドラマ『アンナチュラル』では主演女優賞を総ナメした。

私生活では俳優・山下智久との熱愛が報道されてきたが、2018年には前田裕二社長とのデート現場が報道された。公私ともに国民的に注目される人気女優である。

石原さとみは「野島伸司さんの脚本でラブストーリーをやりたい」と野島ドラマへの出演を待望していた。夢が叶ってプレッシャーを感じつつ意欲を燃やしている。

※ももが持っている花は、シャクヤク(芍薬)。ボタン科の多年草。花言葉には「bashfulness(恥じらい、はにかみ)」「compassion(思いやり)」や「謙遜」がある。

シャクヤクが高嶺の花のももの象徴である、と以下の2点から考えられる。①和名の「シャクヤク」が「姿がしなやかで優しいさま、たおやかなさま」を意味する「綽約(しゃくやく)」に由来すること。②シャクヤクは、冬には地上部が枯れて休眠するため「月島もも」の精神崩壊=休眠の象徴も?

石原さとみの相手役・キャストは峯田和伸

峯田和伸

登場人物:風間 直人(39)……優しく穏やかだが特に取り柄もない、自転車屋の店主。
成人してから女性と交際したことはなく、母親を亡くして結婚を考える。

※自転車屋のロケ地は3か月の賃貸料を払い、おもちゃ屋を改装した。店主が体を壊し店を閉めていて、現在施設に入っているという偶然が重なった。(「1周回って知らない話」2018年7月4日放送回より)

キャスト:峯田和伸(みねた・かずのぶ)……1977年12月10日生まれ。バンド「GOING STEADY」を経てバンド「銀杏BOYZ」のボーカル・ギターを担当。俳優として、映画『アイデン&ティティ』(2003)主演、『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(2010)主演、『ピース オブ ケイク』出演、NHK朝ドラ『ひよっこ』(2017.4-10)では主人公の叔父さん役で出演し人気を博した。大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(2019)も出演予定。

「今夜くらべてみました」(2018.7.11放送)に出演。マナカナに似てると言われる。番組ゲストの水野美紀は峯田の元カノとそっくりらしい。また、美少女が好きすぎて女子になりたい、美少女画像4万枚ある、広末涼子の写真を初めて見たとき自分だと思った。美少年も好き、吉沢亮を膝枕したいとトークし、場を沸かせつつ凍らせた。番組中、俳優のジェジュンからリップクリームをもらう。

日本や台湾のライブで全裸になって警察の取り調べを受けることも。脚本の野島伸司も裸でダイブの件を知っているが、「実際にお会いしたら、とても情緒的で聡明な印象」とコメント。過激な一面とは裏腹に『ひよっこ』でも影のある明るいキャラを繊細に演じた。峯田の独特な演技力がドラマで生かされるかは見どころ。

ドラマ【高嶺の花】キャスト一覧

「月島家と関係者」のキャスト・相関図

高嶺の花相関図月島家

石原さとみ……役:月島もも(29):主人公で美人の華道家。

芳根京子……役:月島なな(21):月島流本家の次女で、ももの異母妹。

戸田菜穂……役:月島ルリ子(45):市松(小日向文世)の妻。ももの継母(血の繋がらない母)。

小日向文世……役:月島市松(62): 月島流家元。ももの父。

升毅……役:高井雄一(58):月島家の運転手。

正司照枝・花江……金・銀:月島家の使用人。


三浦貴大……役:吉池拓真(33):月島もも(石原さとみ)の元婚約者

西原亜希……役:吉池真由美(28):吉池拓真の妻。妊娠中。


千葉雄大……役:宇都宮龍一(31):新興流派「宇都宮龍彗会」を率いる華道家。

商店街のキャスト

高嶺の花相関図商店街

峯田和伸……役:風間直人(39):自転車屋店主

十朱幸代……役:風間節子(74):直人の母


袴田吉彦……役:田村幸平(40):タクシー運転手。

笛木優子……役:今村佳代子(39):スナック喫茶「ボンソワール」のママ。

吉田ウーロン太……役:原田太郎(39):肉屋の店主。

高橋ひかる……役:原田秋保(17):太郎の娘。コスプレ好き。

田畑志真……役:今村芽衣(13):佳代子の娘。

城後光義……役:三宅吉行(64):直人の恩師。

舘秀々輝……役:堀江宗太(14):ひきこもりの中学生。

追加キャスト

博多華丸……役:坂東基樹:元美術教師。愛称「イルカ」。崖から転落した宗太を助けた。脳腫瘍を患い余命宣告されている。恋人りっちゃんがいる。7話にて病院に運ばれた。

大貫勇輔……役:神宮兵馬〈31〉:「神宮流」の次期家元候補。宇都宮の異母兄。(7話から登場)

香里奈……役:新庄千秋〈30〉: 看護師。 直人と図書館で顔見知りになる。(7話から登場)

2018年7月スタート・ドラマ【高嶺の花】基本情報

放送日程

放送局:日本テレビ系列

放送時間:2018年7月11日(水)スタート、毎週水曜22時放送

脚本・主題歌・プロデュ―サー・演出

脚本:野島伸司(『高校教師』『101回目のプロポーズ』『ひとつ屋根の下』ほか)

原作:なし(オリジナル作品)

主題歌:エルヴィス・プレスリー「ラヴ・ミー・テンダー」

チーフプロデュ―サー:西憲彦(『母になる』『ボク、運命の人です』)

演出:大塚恭司、狩山俊輔、岩崎マリエ

『高嶺の花』トリビアな情報

●「1周回って知らない話」(2018.7.4放送)より、ドラマ『高嶺の花』の明日だれかに話したいトリビア(雑学的な事柄、豆知識)をご紹介!

・小道具はレンタルが多い。自転車屋の大量のチューブはオークションで1円で落としたらしい。送料は千円以上かかった。

・『高嶺の花』1話分の完成までかかる時間は、合計10日。……『高嶺の花』助監督のダニエルによると放送1分を1時間かけて撮影。1話50分で撮影50時間。1日労働8時間として撮影約6日。編集で+2日。音楽関係で+2日。合計10日間かかる。

・峯田和伸は、石原さとみとのせっかくの共演ドラマなので、袴田吉彦のスキャンダルによる放送中止を心配している。(中止より撮り直し・部分的なカットになる確率が高いが…笑)

・大塚監督ほかスタッフによると、共演NGは現実では出くわしたことはない。芸能記者・山田美保子によると離婚後の夫婦、親子共演などはある。(余談だが、ますだおかだの岡田と娘・岡田結実の親子共演NGは事実)

●オープニングのタイトルの文字について(朝日新聞2018.8.14のはてなTVより)

・題字は、文字デザイナーの出原祥奈。経歴として、大道具を経て日本テレビアートに採用され、劇中の看板などの筆文字を担当してきた。書道の高位有段者ではない。8種ほど毎回プレゼンし3回目で採用に至ったという。


※見逃した方はHuluで全話放送予定。

(記事内の画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク