【正義のセ】3話のネタバレと視聴率!仕事を頑張る女性が振られることに疑問の声

【正義のセ】3話のネタバレと視聴率!仕事を頑張る女性が振られることに疑問の声

4月25日に放送された「ドラマ正義のセ」の第3話。

結婚詐欺師と戦う凜々子だったが、仕事を頑張りすぎるあまり彼氏の優希に振られてしまう!

この場面を見た人から疑問の声が上がっています。

ドラマ【正義のセ】3話の視聴率と最後までのネタバレについて書いています。

ドラマ【正義のセ】が2018年4月から日本テレビ系列で放送されることが決まりました! 阿川佐和子さん原作の人気小説が、吉高由里…
スポンサーリンク

【正義のセ】3話の視聴率

【正義のセ】3話の視聴率は、10.3%でした!

女優の吉高由里子が主演を務めるドラマ【正義のセ】が2018年4月から放送されます。 去年人気を集めた「東京タラレバ娘」で主演を…

【正義のセ】3話のネタバレ

それでは「正義のセ」3話のあらすじを書いていきます。

ネタバレ要素があるので、まだ見てないという方はご注意ください。

婚活パーティー

友達に騙され、婚活パーティーに駆り出された凜々子(吉高由里子)

検事は男ウケしないからと、職業を公務員とだけ明かす友達たち。

そんなとき彼氏の優希(大野拓朗)から連絡があり、婚活パーティーを抜け出す。

彼氏の家でお泊まりしたあと遅刻ギリギリで出勤すると、相原から昨日と同じ服はいいけど検事としての冷静さは常に失わないでくださいと小言を言われてしまう。

結婚詐欺事件

婚活パーティーで、鈴木(三浦貴大)と出会った沢井七美(磯山さやか)。

「1000万が無いと会社を閉めるしかないんだ」

結婚の式場まで予約した直後に、鈴木の会社でトラブルがあったのだ。

七美は結婚する彼を支えないといけないという思いから1000万円を渡すが、それから鈴木と一切連絡が取れなくなってしまった。

結婚詐欺師を起訴するのは難しい

鈴木の取り調べを始める凜々子。

名前や職業などウソをついていたことを問い詰めるも、騙そうとしていなかったの一点張り。

七美が1000万円を引き落とした直後のメールのやりとりを見せるも、1000万円は貰っていないと言う。

鈴木が1000万円を受け取ったという確たる証拠を見つけなければ、起訴は難しい。

人の気持ちは証明できない

人の心の中までは誰にも分からないのと同じで、気持ちを証明することはできない。

他に女がいたとか、結婚してるのに独身だと嘘をついていたという客観的事実がないといけないと大きなため息をつく凜々子。

最近、どこかの知事が私は彼女が好きだったとか似たようなことを言ってたような気がする(笑)

手付金20万円

結婚式場の手付金、20万円を払っていた七美。

式場をキャンセルしたときに、鈴木がそのお金を受け取っていたことが判明。

鈴木を問い詰めるも、「すっかり忘れてた、早く七美に返さないと」と、とぼけたあと謙虚に頭を下げるのだった。

相原(安田顕)に、このままでは起訴は難しいと言われてしまう。

プロポーズされる

高そうなイタリアンレストランでディナーをする凜々子と優希。

「俺たちさ、結婚しない?」

優希にプロポーズされ喜ぶ凜々子だったが、同じお店で女を口説こうとしている鈴木を発見!

優希のことそっちのけで鈴木を追っかけて行ってしまう!

鈴木が口説こうとしていた女性からの証言と、鈴木が契約していたロッカーから見つかったお金を突きつけるも、「証拠でもあるんですか」と言われ、七海の手紙を読み出す凜々子。

お金と袋に七美の指紋がついていた証拠で、ついに鈴木は観念した。

破局

「別れよう」

凜々子が大事にしてるのが仕事だと分かった優希は、俺と仕事どっちが大事なんて言えないよと凜々子を応援する形で別れを切り出す。

特に引き留めることもなかったけど、涙を流す凜々子だった。

【正義のセ】3話の感想

プロポーズからの破局で驚きの展開でした。

そんなことで身を引いちゃダメですよね。

私もアンナチュラルのミコト(石原さとみ)のことを思い出しました。

仕事を頑張る女性を増やしていこうと国も力を入れてるなら、まずはこういう偏見を無くしていくところから始めないといけないですよね。

優希、「俺と仕事どっちが大事?」とか言ってちゃダメだよ。

両方大事に決まってるんだから。

※記事内の画像出典:日本テレビ公式HP

原作のネタバレ感想はこちらをご覧ください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク