【トドメの接吻】8話あらすじと視聴率!山崎賢人・弟の死を受け入れる家族に視聴者涙!

【トドメの接吻】8話のあらすじと視聴率!

2018年1月開始の日曜ドラマ【トドメの接吻】。

2月25日に【トドメの接吻】8話が放送されました。

クズなイケメンホストの前に現れた謎の女。

その女にキスをされると絶命し、何故か7日前に何度も戻ってしまう・・・。

運命のその先は?生と死が織り成すサスペンスドラマです!

【トドメの接吻】8話の視聴率、あらすじ、感想をまとめます。

スポンサーリンク

【トドメの接吻】8話の視聴率

【トドメの接吻】8話の視聴率は6.5%でした。

7話の視聴率は7.3%でした。

視聴率が上がったり下がったりと不安定ですが、このまま視聴率が上がる事に期待です!

【トドメの接吻】8話のあらすじ

おうたろう)(山﨑賢人)の幸せのために道具として生きる決意をした宰子(さいこ)(門脇麦)のいじらしさに心を打たれ思わず抱きしめた旺太郎だが、美尊(みこと)(新木優子)に見られたことに気づき咄嗟に宰子のことを面倒を見ている遠い親戚だと紹介する。

タイムリープを夢の出来事だったと思う美尊は、夢の中で自分にキスをした宰子が実在することに驚きながらも、旺太郎に結婚を前提に付き合って欲しいと告白する。

一方、旺太郎に協力している宰子の正体を春海(はるみ)(菅田将暉)からほのめかされつつはぐらかされた尊氏(たかうじ)(新田真剣佑)は、美尊と旺太郎の交際を応援するふりをして、旺太郎と宰子を並樹家に招くことに。

そしてその頃、布袋(ほてい)(宮沢氷魚)に襲われ未だ意識の戻らない長谷部(はせべ)(佐野勇斗)の病室の周りには旺太郎の父・旺(あきら)(光石研)が現れて…。

宰子と共に並樹家を訪れた旺太郎は美尊に婚約指輪を渡し、尊氏の前で結婚への駒をすすめるが、なぜか余裕を見せつつ宰子について執拗に探りを入れてくる尊氏を不気味に感じる。

そして翌日、旺太郎のもとに長谷部が病室で殺されたという連絡が入る!

なんと犯人として捕まったのは旺で…!!

事件を受け旺太郎との結婚に反対する声が高まる中、美尊は尊氏の優しい言葉に揺れる。一方、自分の幸せの邪魔ばかりする父親に激しい怒りを感じる旺太郎は、タイムリープをして旺を助けようという宰子の提案をなかなか受け入れられず、沈没事故での服役後、自分たちに何の説明もなく姿を消した旺への長年の怒りに苦しむが…。

そんな中、尊氏が宰子のアパートに訪れる。宰子の秘密を力ずくで暴こうとする尊氏の前に現れたのは旺太郎で…。

宰子にキスをした旺太郎は尊氏の目の前でタイムリープし、長谷部が殺される直前の病室へと走る!そこで旺太郎と宰子が見たのは旺の意外な行動だった…!?

自分の思惑を旺太郎にことごとく潰され、美尊の気持ちを取り戻せないことに苛立つ尊氏は、さらなる過激な手に出ようとしていた…。

【トドメの接吻】8話の感想

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク