【100万回言えばよかった】2話のネタバレと視聴率!謎が渦巻くミステリー展開に引き込まれる視聴者続出!

100万回言えばよかった

【100万回言えばよかった】2話のネタバレ・視聴率・感想!謎が渦巻くミステリー展開に引き込まれる視聴者続出!

【100万回言えばよかった】2話が1月20日に放送されました。

悠依(井上真央)は直木(佐藤健)がそばにいると思い始め…。
直木が殺人事件に関係してる?
ミステリー要素満点!事件は思わぬ方向に!

TBS金曜ドラマ【100万回言えばよかった】2話のネタバレ・視聴率・感想を紹介します。

【100万回言えばよかった】ネタバレあらすじを最終回まで!結末と事件考察・奇跡の悲しいハグに号泣!?
【100万回言えばよかった】ネタバレあらすじを最終回まで!結末と事件考察・奇跡の悲しいハグに号泣!井上真央×佐藤健×松山ケンイチ出演のTBS金曜ドラマ【100万回言えばよかった】ネタバレあらすじを最終回までまとめていきます。安達奈緒子によるオリジナル脚本。2023年冬の大注目のファンタジーラブストーリー!全話と結末予想。

見逃し配信:【100万回言えばよかった】の全エピソードはパラビで配信しています。(2023年1月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)

【100万回言えばよかった】2話のネタバレ

【100万回言えばよかった】2話のネタバレを紹介します。

悠依にとって幽霊の直木が支え

悠依(井上真央)は、譲(松山ケンイチ)を通して直木(佐藤健)と会話をした。

直木が幽霊になったということは、直木が死んだということだ。悠依はそのことが悲しい。しかし、直木は記憶がなく、自分が死んだのか否かがわからない。
戸惑う悠依に直木は「混乱させてごめん」と譲を通して伝えてもらう。

悠依こうして直木が幽霊となった現実を受け止める。そして、直木がどんな姿であってもそばにいてくれることが励みとなっていく…。

直木はいつも悠依のそばにいる。
悠依は直木がさばにいると思うと独り言が増えていく。そんな悠依の独り言に直木はちゃんと返事をしていた。悠依には聞こえていないのだが…。
そんな中、美容室「miele」に、悠依を助けてくれたソン(シム・ウンギョン)がやってきた。ソンは医者だった。

直木が犯人?

一方、譲は田島(少路勇介)と村中(穂志もえか)と高原涼香の事件について捜査。
涼香宅の防犯カメラには、直木が涼香を訪ねているのが映っている。
田島は直木が犯人だろうといい、悠依に連絡をとろうとする。そこで、譲は思い切って「直木の幽霊が見える」と発言。その場はシンとなってしまう

悠依から呼び出された譲は直木とともファミレスに行く。

悠依は譲に直木はどこに行ってしまったのか、調べてほしいと頼む。
譲は「直木は亡くなっているだろう、調べると現在よりも辛いことがわかるだろう。それでもいいのか」と念を押す。悠依は覚悟の上だと頭をさげる。

ファミレスは閉店になってしまい、話の続きを直木の部屋でする。
直木がいなくなった13日。『ハチドリ』は閉めていた。昼間はこども食堂を開催。子どもたちは2時に帰った。直木は『ハチドリ』を出た記憶がなく、気づいたら自分の部屋で寝ていた。悠依が部屋にいたこともわかっていた。
「結婚したいというつもりだった」と直木はポツリと言う。しかし、それは伝えなくていいと譲にいう。悠依には伝わらないプロポーズだ。

7時間の空白に何があったのか。

そこで、直木のスマホを探そうということになる。パソコンから位置情報を確認するがわからなかった。しかし、ショートメールを閲覧できた。「待っています。何かありましたか」というメッセージがあった。

直木は誰かと会う約束をしていたのだ。その相手は、尾崎莉桜(安斉星来)で悠依も知る人物だった。

直木が悠依に隠していたこと

20年前。

梨桜は、広田の家で直木と悠依とともに暮らした人物。当時は、悠依たちの2歳上で高校2年生だった。莉桜は施設で手におえず、広田の家で引き取ったのだ。しかし、莉桜は突然いなくなった。結局、そのまま莉桜は見つからなかった。

6年前、美貴子(桜一花)が亡くなり、直木は勝(春風亭昇太)の家に行くようになった。勝の紹介で英介(荒川良々)と出会い『ハチドリ』を開いた。その勝も病気で亡くなった。勝の葬儀に悠依と直木は一緒に行く。悠依は勝の家で『100万回生きたねこ』を読み「100万回泣いたら生きててほしい」と言う。その時に、直木は「すごく好きだって言えばよかった」と後悔していた。

直木は、莉桜に渡してほしい、と勝から荷物を預かっていた。その荷物を渡すため、直木は莉桜を捜していたのだ。悠依にそのことを隠していたのは、莉桜がどんな感じだかわからなかったから。莉桜がちゃんとしていたら伝えようと考えていたのだ。

樋口は幽霊

数日前に『ハチドリ』の前にいた樋口(板倉俊之)が再び直木の前に現れた。
樋口は直木にベラベラと話しかけてくる。
樋口は自分は幽霊だといい「生き返る方法教えようか」と言ってきた。

直木の遺体発見!?

悠依は莉桜の電話番号に「会いたい」とメッセージを送る。その時、警察から「身元不明の遺体が発見された」という連絡がある。

その頃、直木と譲は警察捜査本部にいた。

涼香は買い物依存症で2年前から精神科の回復プログラムに通っていた。自己破産してブラックリストにのっている。しかし、現金300万で買い物をしている。お金の入手先は不明。
譲は防犯カメラを提示。その場にいた直木は自分が涼香の家を訪ねていたことを知る。

直木は譲に涼香を訪ねた理由を明かす。
涼香は莉桜の中学時代の友人だった。直木は莉桜を捜すため、友人たちに聞き込みをしていた。その中で、涼香は唯一莉桜の連絡先を知る人物だった。
直木は事件当日、涼香の部屋に行ったが返事はなかった。直木が譲に説明をているその時、譲のもとに直木の遺体が山北署管内で発見されたと連絡がある。

一方、悠依は警察に出向く。遺留品から直木ではないことがわかり譲に連絡をする。悠依は直木だったらどうしようかと思ったと涙をこぼし、過換気症候群を発症。その場で座りこんでしまう。
悠依はソンの病院に。薬を処方してもらう。そこに譲と直木が。
ソンは譲を見て動揺する。

**

病院から帰宅した悠依は、付き添ってくれた譲と直木(幽霊)に気持ちを打ち明ける。
直木がそばにいると感じたのは嬉しかった。でも、直木が死んでいると知ることに拒絶反応を示すのだという。

悠依は、直木に触れられないことに涙する。

悠依の涙を直木が手で拭う。でもそれは伝わらない。
「悠依がしんどい思いするのは嫌だ。だから、何があったかちゃんと確かめる。俺が死んでたとしても前に進もう」
直木の言葉を譲が伝える。
悠依は泣きながら頷く。

2話の結末:悠依に危険が迫る

直木は譲に黙っていたことがあると打ち明ける。直木は勝から莉桜にと500万を預かっていた。そのお金は、莉桜のものだと勝は言っていた。

直木は涼香にはお金のことは伝えていないが、私物の中にお金があることを莉桜が知っていて、それを涼香に伝えているとしたら、金をめぐって二人がもめたのではないか、と考えられた。

莉桜は障害の前科があった。莉桜が犯人か?
12日の夜、直木は莉桜から電話があり会う約束をした。その時、涼香はすでに死んでいた。莉桜はなぜ直木に連絡をしたのか。直木は何かを知っていて殺された可能性が浮上する。

その頃、悠依は莉桜と会うため待ち合わせ場所に。今から莉桜と会うと譲に連絡をする。
譲と直木は、急いでその場所に向かう。

<続く>

【100万回言えばよかった】2話の視聴率

【100万回言えばよかった】2話の視聴率は、7.6%でした。(ビデオリサーチ調べ・関東地区)

【100万回言えばよかった】2話の感想

【100万回言えばよかった】2話の感想を紹介します。

ミステリー要素に「面白い」の声

ラブストーリーではあるけれど、2話はかなりのミステリー展開。考察がグルグルするほど謎が多く、楽しくて仕方ない!
新しい莉桜という人物も登場し、次回は直木の親も登場。今後、どんどんと新たな人物が登場しそうです。直木の遺体はまだ見つかってはいないことから、生存している可能性もあるのかとかすかな期待もあります。
樋口はやっぱり幽霊でしたね。これからも直木のそばをウロウロしてくるのだろうなと思われ、どこで登場するかもひとつの楽しみです。
そんな楽しみあるストーリーの中、やっぱり、悠依を演じる井上真央さんの涙にはウルウル。触れることができないことはやっぱり辛い。悲しい現実に胸が痛くなりました。

次回予告

・直木の過去が明らかに!?
・直木の母が悠依と会う。

次回もお楽しみに♪♪

1話<<>>3話

記事内画像:【100万回言えばよかった】公式サイト

コメント