【約束 16年目の真実】の最終回ネタバレと全話あらすじ!真犯人の正体は?

当サイトのリンクには広告が含まれます
「約束〜16年前の真実〜」

【約束〜16年目の真実】の最終回ネタバレと全話あらすじ!真犯人の正体は?
2024年春ドラマ【約束〜16年目の真実】のあらすじとネタバレをまとめていきます。
先が読めない完全オリジナルストーリーの衝撃の結末とは — —!?

あわせて読みたい
【約束〜16年目の真実】のキャストと相関図!中村アンと横山裕が刑事バディに! 【約束〜16年目の真実】のキャストと相関図!中村アンと横山裕が刑事バディに!日テレ/読売テレビ「プラチナイト」4月期のドラマはオリジナルの本格ミステリー。全員怪...
目次

【約束 16年目の真実】1話のあらすじネタバレ

1話のあらすじ

刑事・桐生葵(中村アン)は、長年の希望が叶い、東京郊外に位置する故郷・望野町の警察署に着任。葵のバディとなった望野署の刑事・香坂慧(横山裕)は、なぜ彼女が望野署に来たのか不審に思う。葵もまた警視庁勤務だったエリート刑事の香坂がここにいることが引っかかる。

この町では16年前に2件の連続殺人事件が発生。被害者はいずれも若い女性で、遺体の口にはビー玉が詰められていた。当時高校生だった葵は、想いを寄せていた同級生の不破翔(細田善彦)の妹の遺体を発見。ショックのあまり、遺体発見直前の記憶を失ってしまう。

まもなく葵の父が連続殺人犯として逮捕され、留置所内で病死。凶悪犯の娘とされた葵は町を去った。そして敏腕刑事となった今、父の事件の真相を突き止め、父の冤罪を晴らすために戻ってきた。

葵は、翔とともに映像研究部の仲間だった同級生の尾藤恵(佐津川愛美)、天草勇樹(森永悠希)、飛鳥桃(織田梨沙)と再会する。当の不破も16年前の事件後、行方不明になっている。

そんな中、女子高生・石岡紗季の失踪事件が発生。一条健人(岡部たかし)率いる望野署のチームは、彼女の足取りを追跡。そこで葵と香坂は、16年前の事件を思わせるビー玉を発見する。

香坂の元上司・有村毅(杉本哲太)は、葵が冤罪を訴えていると知り、香坂に葵を監視させる。

1話のネタバレ

紗季は母親と実の親子ではないことを知ったショックからの家出だった。紗季が北見方面に行ったと聞いた葵は北見坂の伝説を思い出し、紗季がそこで一夜を過ごしたと推理。その後、所持金もなくお腹が空いた紗季の行き先は、「お腹が空いた子は無料」で食事をさせる桃の店にいると突き止めた。

紗季の失踪は無事に解決したが、紗季はビー玉を持った女性に話しかけられたと言っていた。

不破の暗号とサインを見つけた葵は神社で不破と再会。不破はなんと「葵の父親は犯人じゃない、これからすべてがわかる」と意味深な言葉を残す。そのとき、女性の悲鳴が聞こえる。葵が見に行くと、16年前の事件を彷彿とさせる、ビー玉を口に入れられた女性の遺体が転がっていた — —。

くわしいネタバレと考察はこちら↓↓

あわせて読みたい
【約束 16年目の真実】1話のネタバレと考察!葵、ラストの笑みに鳥肌! 【約束 16年目の真実】1話のネタバレと考察!葵、ラストの笑みに鳥肌!中村アン主演の心理サスペンスがスタート。連続殺人犯として死んだ父親の冤罪を晴らすために故郷...

【約束 16年目の真実】2話のあらすじネタバレ

2話のあらすじ

葵(中村アン)が発見した遺体は観光客と思われる梅崎若菜(向里祐香)だった。香坂(横山裕)や捜査第一係のメンバーは16年前の事件の模倣犯だと考える。葵は、16年前の事件はえん罪。今回の殺人はまだ捕まっていない真犯人の可能性があると主張する。

また葵は、恵(佐津川愛美)と天草(森永悠希)、桃(織田梨沙)ら映像研究部の仲間から16年前、不破が書いていたシナリオに、連続殺人事件を彷彿とさせるビー玉の描写があったことを隠していたことを知る。

梅崎若菜殺害事件の直後に現場近くを立ち去る男の姿が防犯カメラの映像に映っていた。それは不破によく似ているため、捜査班は不破をマークする。葵が課長の一条(岡部たかし)に、不破と若菜の接点を調べたいと訴えると、一条は、香坂と行動することを条件に許可する。

2話のネタバレ

不破と会った葵は、不破の真意を確認しようとするが、葵をマークしていた香坂ら刑事が迫ると葵を人質にとり、16年前の事件も今回の事件も自分が犯人だ、俺の物語を捻じ曲げた無能な警察への復讐だと叫び、逃走する。その動画が拡散されてしまう。

あわせて読みたい
【約束 16年目の真実】2話のネタバレと考察!一条と天草が怪しい! 【約束 16年目の真実】2話のネタバレと考察!一条と天草が怪しい!同級生たちの秘密を知った葵(中村アン)は彼らを疑う。不破(細田善彦)が大胆な行動に出て流れを変...

【約束 16年目の真実】3話のあらすじネタバレ

3話のあらすじ

「すべての犯人は俺だ」と語る動画を拡散させて16年前の事件にも注目させようとした不破(細田善彦)の狙いは的中し、マスコミが警察に押し寄せる。一条(岡部たかし)は16年前の事件との関係を否定するが、葵(中村アン)は再捜査の可能性を匂わせる。

不破に言われて動画を撮ったのは天草(森永悠希)だったが無関係。不破は最初の被害者・山名恵里香の母の家に隠れていたが見つかって逮捕される。父・康男のことを犯人じゃないと言ってくれたあなたを信じたいという葵の気持ちに打たれて不破は真実を語り始める。

3話のネタバレ

冤罪事件について調べていた若菜は、16年前の殺人事件の調査をしていた。その過程で不破と知り合った。望見野町に帰ってきたのは、若菜が目星をつけた人物と会うからと呼び出されたからだった。若菜はすでに死んでいたが、16年前の事件と関連づけるためにビー玉を口に詰めただけだった。

若菜の足取りを追った葵と香坂は、恵の父でセキュリティ会社の社長である尾藤誠が若菜と会っていたことを突き止める。

あわせて読みたい
【約束 16年目の真実】3話のネタバレと考察!同級生の父親に疑惑! 【約束 16年目の真実】3話のネタバレと考察!同級生の父親に疑惑!すべての犯人は俺だと言った不破(細田善彦)の真意とは?意外にも香坂(横山裕)が葵(中村アン)に...

【約束 16年目の真実】4話のあらすじネタバレ

4話のあらすじ

尾藤は、若菜はセキュリティシステムについての取材に来ただけだと説明する。自分の父を疑う葵に恵(佐津川愛美)は、16年前の事件の際、康男を見た目撃者は自分だと打ち明ける。葵はさらに、桃(織田梨沙)からも、康男が不破玲につきまとっていたことを聞く。尾藤から受け取ったらしい賄賂の領収書が家にあったことから、父にも裏の顔があったのかもしれないと落ち込む。

4話のネタバレ

そんな中、恵の娘・志歩が誘拐される。犯人の要求は、16年前の真実を語る動画をHPにアップすること。バイク便でビー玉が届き、パニックになる恵。葵が持ち前の勘のよさで志歩を無事に見つけると、父親の尾藤に口止めされながらも、恵はずっと抱えていた秘密を暴露する。それは康男を目撃した時間の偽証だった。

賄賂をもらっていたのは、尾藤と癒着関係にあった間宮議員でその点でも康男はシロ。香坂の追及に、若菜の死は事故だったという真相を語った尾藤は、獄中でタオルで首を吊って死んでしまう。

あわせて読みたい
【約束 16年目の真実】4話のネタバレと考察!尾藤親子の嘘と若菜殺人の犯人 【約束 16年目の真実】4話のネタバレと考察!尾藤親子の嘘と若菜殺人の犯人ライターの梅崎若菜を殺した犯人を追う葵と香坂は、恵の父・尾藤を怪しむ。そんな中、恵の娘...

【約束 16年目の真実】5話のあらすじネタバレ

5話のあらすじ

留置所内で死亡した尾藤(井上肇)の遺体を見た葵(中村アン)は、16年前に不破翔(細田善彦)の妹・玲の遺体を発見した時の記憶がフラッシュバックする。望野警察署・捜査第一係では、恵(佐津川愛美)の娘を誘拐した犯人の捜査を進めていた。香坂(横山裕)は、誘拐犯の要求から16年前の事件の関係者だと主張する。

葵は不破に、私たちしか知らないはずの暗号を他に知っている人物がいるか、尋ねる。不破は、妹の玲が暗号を知っていたと答える。葵は、不破から玲の遺品を借りて調べる。その最中、葵にある記憶が蘇る──。

未発表だった16年前の事件での目撃証言が虚偽だった可能性がマスコミに知れ、ニュースで報道される。さらには、16年前の連続殺人犯の娘が身元を詐称して警察官になった、と葵を告発する記事までもが出回る。葵は一条から、事態が落ち着くまで自宅謹慎を命じられる……

番組HPより

5話のネタバレ

恵の娘・志歩を誘拐し、尾藤家に16年前の真実を告白しろと要求した犯人は、一条だった!それは、康男の無実の証拠を探したが、結局は目撃証言しか得られず、このまま裁判になれば葵も道連れになると心配して康男を説得してしまった。結局、康男を死に追いやったのは自分。葵が、当時の記憶をなくしたせいで父親のアリバイを証明できず、康男の死は自分のせいだと罪悪感を背負っていたことをきっかけに、真実を明らかにしなくてはいけないと思い直したからだった。

マスコミへのリークも一条の仕業だった。

あと少しで黒幕を追い込める、もう少し待ってくれと頼む一条だが、無罪の父が逮捕されて亡くなり、何も信じられなかった葵の唯一の味方で、これまで支えてくれたのはほかならぬ一条。葵は一条の背中を追いかけて警察官になった。だからこそ、黙認はできない…。

香坂は、事件のもみ消しを支持した黒幕が刑事部長の有村だと確信する。

あわせて読みたい
【約束 16年目の真実】5話の考察!誘拐犯と黒幕の正体判明、同級生の新たな疑惑 【約束 16年目の真実】5話の考察!誘拐犯と黒幕の正体判明、同級生の新たな疑惑断片的にだが16年前の記憶を取り戻す葵(中村アン)は自分が犯人なのではないかと不安に...

【約束 16年目の真実】6話のあらすじネタバレ

6話のあらすじ

葵(中村アン)は、16年前に不破翔(細田善彦)の妹・玲の遺体を発見した場所に暗号メッセージで呼び出される。すると、そこには新たな遺体があった。犠牲者は和田瑠璃。最後に電話をかけた相手=桃(織田梨沙)に疑いがかかる。

6話のネタバレ

速水家の庭に遺体が埋まっているという謎のメッセージが警察に届く。掘り起こすと3つの遺体とビー玉が埋められていた。そしてその1つが、桃を捨てて失踪したはずの桃の母親だったことがわかる。

そして衝撃のラスト!被害者・瑠璃の携帯を意外な人物が持っていた!

あわせて読みたい
【約束 16年目の真実】6話考察!香坂(横山裕)の過去に何が!? 【約束 16年目の真実】6話考察!香坂(横山裕)の過去に何が!?新たな殺人事件の容疑者に桃(織田梨沙)が浮上。さらに葵の実家からは過去の遺体が発見される!香坂の過...

【約束 16年目の真実】最終回ネタバレと結末予想

【約束 16年目の真実】最終回ネタバレと結末を予想していきます。

登場人物のプロフィールやあらすじ、ヒント画像を見て注目したいポイントをまとめてみましょう。

・16年前の事件の真犯人は誰か
・16年前と現在の事件は同一犯か
・葵はなぜ記憶を失ったのか
・葵の父はなぜ罪を着せられたのか
・「セキュリティ特区構想」との関わりは
・「悪魔の子」の意味は?
・「夏祭りの夜」に何が起こる?
・「北見ヶ丘」の伝説は事件にも関係?

1話の犯人予想

1話でタイトルの「約束」を口にしたのは、葵の親代わり的存在の一条(岡部たかし)だったので最有力候補。
一条は葵の父・康男(長谷川朝晴)と旧知の仲で、16年前の事件の捜査員。康男が逮捕された後も「葵に何かあったら助ける」という「約束」をして、康男の死後もそれを守っています。

康男は持病の狭心症が悪化して獄中で亡くなりましたが、刑事の一条なら康男を殺すチャンスもあったかもしれません。1話の最後に葵を監視するような動きがあったのも怪しいですね。

そして警視庁刑事部長の有村が葵を監視するのは、当時の誤認逮捕の発覚を恐れているから。

「セキュリティ特区構想」の実現に尽力する恵の親や、現・国会議員の間宮にも秘密がありそうだし、16年前に失踪した桃の母親も事件に関わっているかもしれません。

2話の犯人予想

2話では同級生たちの秘密=不破のシナリオにビー玉殺人事件を彷彿とさせる描写があったことがわかりました。

そして不破は16年前の事件も若菜殺しも自分がやったと警察に叫びました。さすがに妹を殺したりしないと思うし、若菜の遺体のそばでビー玉を持っているシーンがありましたが、若菜はすでに死んでいてビー玉を口に入れただけかもしれません。葵と会ったときも、人を殺した後という感じもなかった。

気になるのは不破に呼び出されて怯えるように出て行って、不破の逃走に協力した天草。若菜を殺してしまったのが天草で、不破が「若菜を殺したのはお前だな。バラされたくなかったら協力しろ」と脅したなら辻褄が合います。

また一条もやっぱり怪しい。事件を担当していた刑事なら証拠や証言の捏造もできるでしょうし、葵が模倣犯ではないと言い出したとき、明らかに動揺していましたね。

「約束〜16年前の真実〜」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次