『VIVANT』長野(小日向文世)は別班!?経歴や一橋大の場所が怪しいので調査してみた!

長野(小日向文世)
※当サイトのリンクには広告が含まれます

『VIVANT』長野(小日向文世)は別班!?

堺雅人主演のTBS日曜劇場【VIVANT】(ヴィヴァン)の登場人物、長野専務(小日向文世)が怪しいです。4話劇中ではテントでも別班でもなかったと判明した長野。しかし、長野の経歴や一橋大の場所が怪しいので調査してみました。

今回は『VIVANT』長野(小日向文世)は別班!?について。

★4話放送後、5話放送前の記事です。

『VIVANT』長野(小日向文世)は別班!?

小日向文世

日曜劇場『VIVANT』長野(小日向文世)は別班なのでしょうか!?

調査していきましょう。

経歴が怪しい

長野専務の経歴には空白の2年間があります。

1985年3月 防衛大学校 卒業
空白の2年 更生施設「豊前中津園」
1987年4月 一橋大学大学院 入学

長野専務の経歴の空白の2年間は大分県にある更生施設「豊前中津園」に入所していたとのこと。薬物依存症の治療だったそうです。

公安が施設に確認すると、たしかに在籍していたとのこと。

しかし別班は経歴を完璧に消すことができるそうなので、信用できません。更生施設の職員と口裏合わせをしているかもしれないですよね。

また、これで長野専務はシロとなったことで、逆に怪しいのです(笑)

例えば3話で、山本(迫田孝也)が乃木(堺雅人)のサーバールームへの潜入を手伝ったことでシロとなって視聴者を安心させておいて、4話で山本はテントのモニターで、誤送金事件の黒幕と判明。シロとみせてクロってあり得そうですよね。

【トリビア】豊前中津園は大分県中津市?

また、劇中では大分県にある「豊前中津園」としか紹介されておらず、ハッキリした所在地は不明です。大分県豊前市(ぶぜんし)や大分県日田市中津江村(なかつえむら)のことを示す架空の土地かな?と私は思ったのですが…違うようです。

大分県中津市をイメージしているもよう。「豊前」は豊前市もありますが、

「豊前」は九州の中でも北九州と大分の県境の地域のことを言うそうです。日田市中津江村は熊本寄りの村なので、中津江村に豊前をつけることはないとのこと。

現在の地域は↓↓

豊前の国の現在のエリアは福岡県の東部(北九州市の一部、田川市、田川郡、行橋市、豊前市、苅田町、みやこ町、築上町、上毛町、吉富町)と大分県北部(中津市、宇佐市)に当たります。

大分県中津市は、 福澤諭吉旧居・記念館があります。『VIVANT』の原作・監督である福澤さんは福澤諭吉の玄孫です。関係がありそうですね。

一橋大の場所が怪しい

長野専務は一橋大大学院社会学研究科に通っていました。

なぜ福澤克雄監督の母校である慶応義塾大学や架空の大学ではないのか?福澤氏がチーフ監督を務めた『半沢直樹』は主人公が慶應義塾大学の剣道部出身だったのに…。警察と別班への繋がりをさりげなく示しているのではないか?とも予想できます。

実は、一橋大学大学院社会学研究科の場所が怪しいのです。

「国立大学法人 一橋大学 大学院社会学研究科・社会学部」の所在地:〒186-8601 東京都国立市中2-1

実はその近くに陸上自衛隊の駐屯地があります。東立川駐屯地(ひがしたちかわちゅうとんち)です。 所在地: 〒190-8585 立川市栄町1-2-10

また、近くに警視庁警察学校もあります。警視庁の警察官並びに警察職員を養成する東京都の警察学校です。所在地: 〒183-0003 東京都府中市朝日町3丁目15−1

国立市、立川市、府中市と市をまたいではいますが、3つは距離的には近いです↓

一橋大学大学院

偶然じゃない?という解釈も可能です。考察を盛り上げるためのミスリードの可能性もあります。

でも、怪しい位置関係ですよね。

ここからは、小平駐屯地が一橋大学大学院と近いという重要ポイントについて掘り下げていきましょう。

陸上自衛隊小平学校と別班

小平駐屯地に所在していた陸上自衛隊小平学校(りくじょうじえいたいこだいらがっこう)は、陸上自衛隊の防衛大臣直轄機関のひとつ。

この小平学校が別班と深い関わりがあります。

組織の一員=別班員になるためには、陸上自衛隊小平学校(現・情報学校)の心理戦防護課程という、特殊な教育・訓練をするコースを修了する必要がある(このコースは、謀略・諜報・宣伝・防諜といった、いわゆる「秘密戦」に従事する特務機関員や情報将校を養成するための教育訓練機関として設置された、旧陸軍中野学校の流れをくんでいる)。

友人と酒を飲むのもNG…自衛隊の秘密情報部隊「別班」をご存じか より

実は2010年3月に情報科が職種化したことなどの理由から、2018年3月26日をもって旧調査学校の管轄であった情報教育部・語学教育部は「陸上自衛隊情報学校」として分離。このうち情報教育については富士駐屯地内に移転、語学教育は引き続き小平駐屯地に残留したとのこと。

つまり、2018年からは別班になるための機関「陸上自衛隊情報学校」は、富士駐屯地(ふじちゅうとんち)(所在地:静岡県駿東郡小山町須走481-27)にあります。

しかし・・・長野専務の空白の2年は1985年3月から。一橋大学大学院にいたのも80年代後半。移転した2018年とは全く年代が違います。

これはもしかすると、長野専務の一橋大学大学院の経歴は、実際通っていたとしても、経歴の隠れみのになっている可能性があります。大半の時間は陸上自衛隊小平学校(現・情報学校)で訓練を受けていたとか?つまり別班になる訓練を受けていた?!

太田とは不倫関係?

4話で、行方不明になった太田(飯沼愛)にメールで頻繁に連絡していた人物がいました。野崎(阿部寛)たち公安が太田のアカウントからその人物を待ち合わせ場所に呼びだします。やってきたのは長野専務でした。

しかし長野は太田とは不倫関係にあり、心配してメールをしていたそうです。

けれど、送信した人物が特定されないようにネットカフェを移動しまくり、フリーアドレスでメッセージを送っているので、ただの不倫関係ではないと思います。奥さんにバレなければいいだけなのに、そこまでするのか?と、不審な行動です。

でもそれは私の価値観で、リアルにあるのだそうです↓

長野専務がテントの情報部ならば

不倫は嘘だと仮定すると・・・どうして太田に近づいたのでしょうか。

長野専務は太田の口から自分の素性がバレるのを恐れていた可能性もあると思います。

テントのモニターである山本(迫田孝也)はテントの情報部から太田が天才ハッカーだと聞いて、(その正体をネタに?)脅して、無理やり入社させて利用していました。

つまり、山本は生かしていてもそれほど害はありません。

長野専務がテントの情報部ならば、山本がまた失敗することを恐れて、太田の抹殺を考えていたのかも…。

長野専務が別班ならば

不倫は嘘だと仮定すると、どうして太田に近づいたか?もう一つの解釈は…

長野専務が別班ならば、太田を守ろうとしたのかも。

太田は別班側が送り込んだ天才ハッカーなのかもしれません。

または、本当の天才ハッカー「ブルーウォーカー」は東条(濱田岳)で、東条は別班の仲間で、太田はなぜかブルーウォーカーに仕立てられた可能性も…。太田の犯行が映っていた防犯カメラ映像を改ざんした?太田の母親を買収して太田の部屋にハッカーの証拠を残したとか?

可能性ばかり予想しても、ズルいですね(笑)

ただ、長野専務が別班ならば、ややこしい展開になりそうです。長野と乃木とはなぜ顔見知りではない問題が発生するからです。

あるいは、実は乃木は本当は別班ではない、もう誰も信じられない!わけわからない!展開も考えられます。(笑)

公式サイトが乃木と黒須は別班と紹介しているので、それは劇中の情報時点のことでしたーって言われたら、ホント、どこの誰も信用できませんね。

まとめ

『VIVANT』長野(小日向文世)は別班!?について調査してきました。(5話放送前の時点)

まとめると・・・

  • 長野の経歴はいくらでもごまかせる。
  • 長野の一橋大学大学院は嘘の経歴か、実際に通っていても、別班員になるために陸上自衛隊小平学校(現・情報学校)に通っていた?
  • 長野の不倫は嘘かもしれない。

小日向文世さんがキャスティングされているので今後も長野専務からは目が離せないですね♪注目しましょう。

画像出典「VIVANT」HP