『VIVANT』別班4人の生存説!予告動画に熊谷(西山潤)が生きている証拠があった?!

VIVANT
※当サイトのリンクには広告が含まれます

堺雅人主演の日曜劇場『VIVANT』(TBS、日曜21時)7話(8月27日放送)で銃撃された別班メンバー4人。8話(9月3日放送)では棺で運び込まれました。即死という情報ですが…。

なんと別班4人に生存説が!?予告動画に証拠があった…?!

今回は『VIVANT』別班4人の生存説について!

『VIVANT』別班4人の生存説!予告動画に証拠があった?!

『VIVANT』別班4人の生存説を紹介します。

別班4人の生存説(1)生死を誰も確認していない

第7話終盤にて、テントのノコル(二宮和也)を確保できる直前、急展開が…。

別班の乃木憂助(堺雅人)が仲間である別班メンバーの高田明敏(市川笑三郎)、和田貢(平山祐介)、廣瀬瑞稀(珠城りょう)、熊谷一輝(西山潤)の4人を射殺。黒須駿(松坂桃李)だけは負傷で済んだため、乃木と一緒にテントの牢屋へ収監されます。

要するに、乃木は別班を裏切ったのですが…本当に裏切ったのでしょうか。

8話時点でも乃木はテントの仲間として行動していきます。射殺された4人は棺(ひつぎ)に入れられて、公安とバルカ警察が見守る中、飛行機にのせられます。その場面を監視していたテントのメンバー曰く別班4人は「即死だった」とのこと。

しかし、テントのメンバーは別班4人の心臓の動き、呼吸や脈拍などを確認していません。棺に入っているからって遺体とは限らないです。

野崎(阿部寛)は乃木につけていたGPSの信号を頼りに、ロシアのテロ組織・ヴォスタニアのメンバーが麻酔銃で眠らされているドライブインへ。そこで野崎はスマホで何かを見ていました。

直後、野崎は・・・ヴォスタニアのメンバーになりすました別班6人とノコルたちテントメンバーの会合場所にたどり着いています。

ドライブインで野崎が見たスマホには、乃木からの連絡があった…という考察で間違いないでしょう。

その会合場所で、野崎は別班4人のマスクを取って顔を確認。みんな目を閉じていて、動かないし、死亡している…遺体のような演出です。しかし、野崎もまた別班4人の生死を確認していません。

つまり、誰も別班4人の生死を確認していないのです。視聴者が、別班4人の生存説を疑うわけです。

【補足】:会合場所で、テントのメンバーが、撃たれた別班4人の生死を確認すれば良かっただけの話なのですが・・・飛行機に棺でのるところまで確認しているということは、会合場所では生死を確認しなかった(出来なかった)ことになります。とどめも刺してないようです。警察が向かっていることに気づいて、早々に退散したのでしょうか?

別班4人の生存説(2)熊谷(西山潤)が生きている証拠があった?!

VIVANT・西山潤
TBS公式YouTubooチャンネルより

実は、予告動画に生存している証拠がありました。

3話放送前の予告動画「『VIVANT』キャスト最新ビジュアル公開!遂に、本当の冒険物語が幕を開ける―第3話 7/30(日)よる9時【TBS】」に熊谷一輝役の西山潤さんが入院中の場面が映っています。

熊谷は乃木に撃たれた別班4人の一人。即死のはずが…点滴をして入院着で、病院にいるようです。

この入院中の場面は、まだ8話時点で劇中に出て来ていません。回想シーンかもしれませんが、熊谷は生きていて入院しているという可能性が高いと思います。

しかし他の高田(市川笑三郎)、和田(平山祐介)、廣瀬(珠城りょう)は皆さんスーツです。

  • 高田はワインなどがあるバーが背景。これって既出?私は分からなかったです。
  • 和田はバルカでの既出の場面。
  • 廣瀬は経産省での別班の会議の場面で既出。

予告動画で入院しているという証拠から、少なくとも熊谷一輝(西山潤)は生存していることでしょう。でも熊谷だけ生存というのもおかしいので、他の3人の生存の可能性も高いと思います。

■証拠の予告動画↓

別班4人の生存説(3)野崎へのメール

8話時点でも、乃木が送ったであろう野崎へのメールの内容が不明。なので、別班4人の生存説が高まることになっています。

8話で、野崎は飛行機内で、乃木がノコルを確保してたのに裏切った動画をスマホで確認しています。これは別班メンバーが持っていたカメラのチップからの映像か?

乃木憂助は射撃の能力が高い人物です。乃木は急所を外して別班4人を撃ち、野崎にスマホでメッセージを送って、救命措置を頼んだのでは?と予想します。

ドライブインで野崎はスマホを開いた時、驚きの表情でした。会合場所の説明を見ただけで顔色は変わらないでしょう。(まあ、何をもって驚くかは個人差があるので筆者の主観ですけど)

仲間を撃つ計画と救助要請が書かれていたから、驚いた…と解釈したいです。  

救助を頼むということは、つまり、乃木は別班4人を殺す気はなかった別班4人は生きているということになります。

乃木が日本からバルカに向かう機内で、 「鶏群(けいぐん)の一鶴(いっかく)」(=多くの凡人の中に一人だけ際立って優れた人)、「眼光紙背(がんこうしはい)に徹す」(=注意力や理解力が鋭いこと)と野崎に告げていました。

優れた人である野崎なら、俺の裏切りの意味を理解してくれるよね?という意味か。

野崎は、乃木の真意を理解し、別班4人を遺体に見せかけて日本へと運んだのだろうと思います。


9話以降で、別班4人の生死の真相が明かされることでしょう。要注目ですね♪

画像出典TBS「VIVANT」