【アンラッキーガール!】1話のネタバレ|相対性ラッキー理論と伏線回収が面白い!

アンラッキーガール1話
©読売テレビ

【アンラッキーガール】1話のネタバレ!

・主演のドラマ「アンラッキーガール!」第1話が10月7日(木)に放送されました。

放送後、相対性ラッキー理論という独特な考え方と、ラストの伏線回収が面白いと話題で…

今回は【アンラッキーガール】1話のあらすじネタバレと感想について。

『アンラッキーガール!』はHuluで配信!


ADVERTISEMENT

【アンラッキーガール!】1話のネタバレ

アンラッキーガール1話
©読売テレビ

【アンラッキーガール】1話のネタバレを紹介します。

あらすじ

くじ売り場で働く幸(福原遥)は、金運をはじめあらゆる運がない。ある朝、喫茶店に入ると、男運がない香(若月佑美)と仕事運がなく無職の樹(高梨臨)と居合わせる。
香と恋人の卓海(板垣瑞生)の別れ話に樹が口を出し、口論となってしまう。その後、幸の職場に香がくじを買いに来ると、くじ売り場に火の手が上がり、燃え始める。そこに樹もやってきて…。世界一不運な3人が遭遇する1000万分の1の確率の不運とは!?

ネタバレ(1): 福良幸(福原遥) の不運な1日の始まりがヒドイ!

くじ売り場で働く福良幸(福原遥)は、金運をはじめあらゆることに運がない女性。この日、くじ売り場が…燃えました。

さかのぼること6時間前

玄関には干支の置物。ベージュの花柄の玄関マットに観葉植物。風水的な観点から見れば完璧ともいえる この部屋に福良幸は暮らしています。

ある朝。本棚を支えるコルクがきしみ、葉っぱがノートに落ちて、ノートが下のペットボトルにあたり、倒れたペットボトルが立てかけていた掃除用具を倒し、洗濯もの干しが倒れて、リモコンにぶつかります。

テレビがつくと、10月4日月曜は山羊座のあなたが運勢1位で、「まさに燃える一日。とても活動的な1日を過ごせる、ラッキーアイテム:焦げたもの」と報じています。

幸は、テレビの音で起きました。6時59分です。幸は…山羊座です。1位でこれです。

偶然に偶然が重なって部屋がめちゃくちゃな状態。

この部屋がたまたま 風水的に完璧だということを幸は知りません。 その実感もありません。彼女の不運は 風水でカバーしきれないのです。

幸がゴミ袋を持ち上げると、中で卵がつぶれて液が飛び出ます。しかし幸は卵のパックを袋にねじ込みます。それでも 日々は動いていくからです。

さらに、画びょうを踏んでしまう幸。いたーい、と叫びますが、外では、 朝倉香(若月佑美) が靴のかかとが取れて転びます。

幸がゴミ捨て場へ行くと、転んで、ゴミの山へダイブ!?

いつも通り、朝から不運続きの幸は、出勤前に割引券をもって喫茶店「コーヒーリベルタ」へ向かうと、本日から無期限休止の貼り紙が!?

幸は仕方なくとなりの喫茶店「蓮(れん)」に入ります。

客の指宿(生瀬勝久)は占い師でもあり、「来たよ、逸材が」と幸をみて店員にいいます。

ネタバレ(2):アンラッキーガールが集合

その店には、幸と同じように不運に見舞われてばかりいる2人の女性が来ていました。

仕事運がなく無職の綾波樹(高梨臨)は、仕事を紹介してくれると約束した男性・吉田に相談していました。しかし、話しが違います。「飲み会の場のを本気にしないで。飲みなら誘ってよ、キライな顔じゃないから」と期待外れな結果に!

男運がない朝倉香(若月佑美)は、元バンドマンの恋人・桜田卓海(板垣瑞生)は無職。「絶対うまくいくと思うんだよね。あの銀行」と言っています。安物のプレゼントでも嬉しかった香ですが、「働く気がないのは違う」と告げます。

彼氏に「別れよっか」と朝倉が告げると…「やっちゃえば」と別の席にいた樹が口を挟みました。

香と卓海、樹は口論になって、「やってやるよ」と出ていく卓海。「たっくんはやるかもしれないの」と追いかけていく香。

幸は、その一部始終を見ていました。

香は幸に「何わたしが悪いの?」とにらんで、幸が頼んだはずの焦げ目つきトーストを食べてしまい…。

ネタバレ(3):アンラッキーガールの悲劇

そして…福良幸をまたひとつの不運が襲います。幸はくじ売り場で働いていますが、そこへ有り金をすべて出して「買えるだけください」という客が来ました。その客は、香でした。

幸は「やめたほうがいいですよ」と必死に止めますが、香はなんとしても くじをしたくて…。2人が押したり引いたりしていると…くじ売り場に火の手が上がり、燃えてしまいます!そこに、3人目のアンラッキーガール・樹もやってきて、火の勢いは増し、幸たちはパニックに!?

ついていない3人は、また喫茶店 「蓮」に入ります。 落ち込む3人の前に、弁護士の指宿恵徳(生瀬勝久)が現れました。趣味で占いをやっているという指宿は、3人を無料で占ってくれます。樹は興味ないのですが、香が「私と彼のことみてください」と懇願。

案の定、結果はさんざん。「男運、対人運が悪すぎる」と指摘。勝手に樹のことも調べた指宿は「仕事運が悪い。再就職も見つからないぞ。希望が高すぎる!」と指摘。

最後は幸の番。すると「ここまでついてないやつ、めったにお目にかかれない」と賞賛!?

そんな中、店のテレビから銀行強盗のニュースが流れてくる。被害総額は1億円で、犯人は逃走中だという。香は、卓海がやったのではないかと心配になる。

指宿は「絶望的な運のなさではあるが3人で協力すれば道は開けるかもしれない」とアドバイスします。3人は1月1日生まれ、と判明。不思議な縁でした。幸は自分だと当たらないので、と福引券を香にあげます。3人は、それぞれにこれまで以上の不安な気持ちを抱きながら解散へ。

ネタバレ(4):幸(福原遥)の最初の不運

幸が人生で一番 最初に体験した不運は生まれて間もない頃。本当は「福良幸子」という名前になるはずでした。総画数32。字画運だと「大大吉」です。

しかし そこで父の重流(丸山智己)が…うっかり「子」を書き忘れました。総画数29…画数的には「吉」ですが名前の持つ力が強すぎるがゆえに、運気の起伏が激しく大きな試練に遭いやすいのです。

以来、幸は25年間 試練やや多めの生活を送っています。

しかし幸は…そんな自分を楽しむことにしました。不運をペットのように思うことにしました。いつか きっと懐いてくれるだろうと思って、その日あった不運の数を数えることにしました。多ければ多いほど
刺激的な日です。太めの線は…今朝のようなラッシュを指します。

ネタバレ(5):相対性ラッキー理論

その帰り道、幸はバッグをひったくられてしまいます。

幸は楽しむことを心掛けていますが、それでもつらい時はこう思うことにしています。「出会ったのが
殺人鬼じゃなくて良かった。それよりは ラッキーだった」と。最悪な事態と比較するのです。相対性ラッキー理論です。そして あとは…なるべく諦めないようにしています。

幸は、犯人を必死に追いかけて泥だらけになりながらも、ひったくり犯を捕まえました。

ひったくり犯のヘルメットを取ると、その男は香の彼氏!?さらにトラックに投げ捨てられたバッグを取ろうとしたら、トラックが発車!?

先のことなど誰ひとり分かりません。 それがゆえに不安や恐怖を 感じる時もあります。しかし先が分からないからこそ、人は運命的な出会いを経験したりもするので…。

ネタバレ(6):アンラッキーガールたちと強盗犯が対決!

幸が乗ったトラックが停車すると、そこにはなぜか香と樹がいました。偶然すぎる再会に、名前を名乗りあった3人は、香の部屋で肉を食べることに…。

包丁が見当たりません。壊れたクーラーからは水がしたたり、肉は冷凍しすぎで食べられません。まず、辛いカップラーメンを食べることにしますが…。

3人は袋をうまく開けられず、香辛料(?)をばらまいてしまいます。粉末スープだったため、食べるのはあきらめる3人。

幸は香の彼氏に会ったことを話し、銀行強盗ではなかったことを伝えます。「また話し会えたらいいですね」と幸。

幸は沸いたお湯を流しに捨てると、笑い出します。

なぜそんな笑えるのか、樹は不思議です。幸は、自分が運のないことで別の誰かがラッキーになっているのも、と思っていました。(例:ゴミ袋にダイブしたとき、それに気を取られていた子供が道路に飛び出さなかった)

幸は、「ふたりとも 不幸ではないですよ。頑張ってるのに不幸っておかしいと思います。今日がたまたま
ついてなかっただけです。だから…明日は きっといいことあります。」と伝える。

樹は香にくじ買おうとしてる時点でダメと言います。1億円当たる確率って1000万分の1。東京都民が全員1枚ずつ買ってようやく当たるレベルです。

「都内で逃走してる強盗がたまたま この部屋に忍び込んでる確率とおんなじぐらいの。」という樹でしたが、洋服ダンスに人影があって…

ネタバレ(7):アンラッキーガールたちと強盗犯が対決!

強盗犯が家にいる確率、およそ1000万分の1…が実現。

包丁を持っていてピンチだが、クーラーからもれた液が犯人の眼に入り悶絶!

今だあああああ!!!

幸は叫びます。犯人は飛んでいた担々麺の辛い粉末が入ったもよう。香がまだ凍っている肉で一撃くらわし、幸がナイフを遠くへ。武器にしようと部屋のモノを取った犯人ですが、安いクッションで攻撃力ゼロ。そのすきに樹のパンチが顔面にヒット!犯人は気絶しました。

…犯人が持っていたバッグには1億円がありました。もらおうか、届けようか話し合う3人。もう3人はラッキーガールです。

翌日。あの後、よくわからないテンションの中で3人のグループが生まれました。グループ名は…希望を込めて「ラッキーガール」。

今日も幸はアンラッキーガールの平常運転。幸は知っています。不運と隣り合わせの毎日でもごく稀に小さなラッキーを拾うことがあると。(※卵のパックにお湯をかけると踊るように縮みます。今日はゴミ袋におさまりました。3人で食事した昨日も流しでパックが踊っていて、幸は笑い出したのです。)

ピンポーン。警察が幸の家を訪ねてきます。

…こうして今日も福良幸の世界で一番「ついていない」1日が始まって…。

【アンラッキーガール】1話の感想まとめ

【アンラッキーガール!】1話の感想を紹介します。

相対性ラッキー理論と伏線回収が面白い!という感想が多かったです。

アンラッキーガールでも、前向きな福良幸。

面白いくらいついてないアンラッキーガールですが、それでも前を向いて生きている幸に元気をもらえますね。

相対性ラッキー理論。今後使っていきたい考え方です。

ラストの伏線回収での犯人撃退は、王道のエンターテインメントで心地よかったです。

3人力を合わせると、ラッキーが起こせるのでしょうか。そして1億円の行方は?次も楽しみです♪

当記事画像出典:「アンラッキーガール」公式HP

2021年秋ドラマ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました