【津田梅子~お札になった留学生~】のキャストと相関図!広瀬すず主演で梅子の青春を初ドラマ化!

津田梅子~お札になった留学生

【津田梅子~お札になった留学生~】のキャストと相関図!広瀬すず主演で梅子の青春を初ドラマ化!

2022年春、スペシャルドラマ【津田梅子~お札になった留学生~】がテレビ朝日で放送されます。

主演は広瀬すず!

新5000円札の顔となる津田梅子の青春時代をドラマ化するのは初めて。
広瀬すずが主人公の梅(後に梅子)を演じます。

初代内閣総理大臣の伊藤博文、初代文部大臣の森有礼、ら偉人らも登場!

見応えたっぷりなSPドラマ【津田梅子~お札になった留学生~】のキャスト・登場人物・相関図・放送日・見どころなど紹介します。


ADVERTISEMENT

【津田梅子~お札になった留学生~】のキャスト・主演

【津田梅子~お札になった留学生~】 の主演を務めるのは、2022年デビュー10周年を迎える広瀬すずさん。本作で主人公の梅子を演じます。
SPドラマ【津田梅子~お札になった留学生~】のキャストと登場人物のプロフィールを紹介します。

広瀬すず:津田梅

登場人物:津田梅(つだうめ)

  • ・日本の女子教育の先駆者。
  • 女子英学塾(現在の津田塾大学)の創設者。
  • 後に、津田梅子と名乗る。
  • 1871年、梅6歳の時、洋行経験のある父の仙のすすめで、国の援助を受け、岩倉使節団に随行してアメリカに渡る。
  • 参加した女子留学生の中で最年少の梅は、仲間たちに可愛がられる存在に。

性格

  • 真っ直ぐで芯が強い。
  • しっかりとした意志を持つ。
  • 知的好奇心が旺盛。
  • やりたいと思ったことにはチャレンジするタイプ。
  • 恋愛にはかなり奥手。
  • 目標は「女性も親や夫に養ってもらうのではなく、自活できるようになること」

キャスト:広瀬すず(ひろせすず)

1998年6月19日生まれ。
静岡県出身。
フォスタープラス所属。
姉は女優の広瀬アリス。

・『Seventeen』の専属モデルを経て女優業に。
・出演ドラマ:【なつぞら】のヒロインで大ブレイク。【ネメシス】【津田梅子~お札になった留学生】など。
・出演映画【ちはやふる】シリーズ、【流浪の月】など。
・歴史上の人物を演じるのは【桶狭間】の濃姫以来2度目。
・同局のSPドラマ【エアガール】に続き“女性の背中を押す役”にチャレンジ。

【津田梅子~お札になった留学生~】のキャスト

役:津田仙

登場人物:津田仙

・梅の父親。

今後、永井繁、山川捨松、伊藤博文、森有礼ら豪華なメンバーのキャストも予定。発表後、更新します。

【津田梅子~お札になった留学生~】の相関図

【津田梅子~お札になった留学生~】の相関図は公式サイト発表後に更新予定。

【津田梅子~お札になった留学生~】の内容

【津田梅子~お札になった留学生~】は、2024年の新5千円札の顔となる津田梅子の人生を初めてドラマ化するスペシャルドラマ。

本作では、日本初の女子留学生、そして、教育先駆者である主人公の梅(のちに梅子)がアメリカ留学を終えて帰国した17歳から、アメリカに再留学する25歳までをメインにストーリーを構成。

帰国後に仕事がないという現実に直面する梅子の葛藤、淡い恋心に思い悩むさまなど、これまで描かれたことのない“津田梅子”の青春時代を描く。

あらすじ

舞台は明治時代。

当時の日本は女性が質の高い教育を受けられる場はなかった。そんな中、優秀な男性を育てるためには女子教育が必要だと女子留学生の派遣が決まった。
先進的な父=仙にうながされ当時6歳の梅は、日本初の女子留学生としてアメリカに渡る。
メンバーには、14歳の吉益亮、上田悌11歳の山川捨松、9歳の永井繫がいた。

アメリカに渡り1年後、目の病にかかった亮とホームショックに襲われた悌が帰国。亮を慕う梅はショックを受けるも「国の期待を背負っていることを忘れるな」という仙の言葉を思い出し、留学を続ける。

明治15年。
梅(広瀬すず)は17歳になり、捨松、繁とともに留学を終えて帰国。

3人の夢は「誰もが学ぶことのできる英語学校を作ろう」だったが……。

当時の日本は、女子留学生に無関心。梅は働く場所も見つからない。日本の女性の地位の低さに愕然とする。そんな中、繫が結婚すると言い出す。

日本の結婚は男女が対等ではないと考える梅は、心から繁を祝福できない。
そんな梅にも恋のときめきが。繁の紹介で出会った大学教授の神田乃武に好意を寄せるも、乃武は捨松を好きだとわかり……。

【津田梅子~お札になった留学生~】の見どころ

広瀬すずの強き魅力

梅子の【恋×夢×友情】を描く本作。
津田梅子は明治時代に生きた強き女性。
当時の日本は、完全な男性上位社会。そんな中、固定観念を打ち破り、“女性にも教育を”という信念を貫き奮闘する梅子を演じるのが広瀬すずさんです。

津田梅子を「意志を貫く精神力や忍耐力はすごい。もはや“強い”という言葉だけでは物足りなさを感じるくらい、粘り強い女性だなと思いました」と語る広瀬すずさんが演じる梅子からは、凛とした“女性の強さと美しさ”を感じることでしょう。
強さが美となる女性の魅力を発揮する広瀬すずさんに注目です。

鹿鳴館の衣装

【津田梅子~お札になった留学生~】では、鹿鳴館という明治を象徴する場も描かれます。
広瀬すずさんが鹿鳴館時代の貴婦人ファッションを披露。美しいドレスは目の保養に。

このドレス、実は相当苦しいようです。
「少しでも食べすぎると苦しくなるので気が抜けない」と広瀬すずさん。
努力あっての美しきドレス姿、そして、梅子らのレトロ感のあるファッションも見どころです。

【津田梅子~お札になった留学生~】のスタッフ

【津田梅子~お札になった留学生~】のスタッフ一覧

脚本橋部敦子(【知ってるワイフ】【津田梅子~お札になった留学生~】など。
監督藤田明二(テレビ朝日)
音楽葉加瀬太郎
エグゼクティブプロデューサー内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー神田エミイ亜希子(テレビ朝日)
中込卓也(テレビ朝日)
山形亮介(角川大映スタジオ)
制作著作テレビ朝日
制作協力角川大映スタジオ

エグゼクティブプロデューサーの内山聖子さんは、「エアガール」でも広瀬すずさんとタッグを組んでいます。
津田梅子が設立した津田塾大学を卒業。近作では【言霊荘】などを手掛けています。
音楽は世界的バイオリニストの葉加瀬太郎氏。豪華キャストとともに、豪華スタッフによる映像やストーリーも楽しみな作品です。

内山聖子さんのコメント

「自分の手で稼ぎたい」「養われているだけではなく、社会に認められたい」今の女性たちが大きく共感するその姿を、向田邦子賞脚本家の橋部敦子が描きます。

不自由な時代にチャレンジを重ねて未来を変えた梅子たち、明治ガールズは、必ず勇気をくれます。ご期待ください!

https://www.tv-asahi.co.jp/tsudaumeko/news/0001/

【津田梅子~お札になった留学生~】はいつ放送?

スペシャルドラマ【津田梅子~お札になった留学生~】 は、2022年春、テレビ朝日で放送予定です。

放送日はわかり次第、更新します。

放送日2022年、春
放送時間
放送局テレビ朝日
動画配信

公式Twitter:https://twitter.com/airgirl2021

記事内画像:【津田梅子~お札になった留学生】公式サイト

スペシャルドラマ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント