【虎に翼】63話ネタバレと感想/花江と道男の恋に「気持ち悪い」の声!?

虎に翼63話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【虎に翼】63話ネタバレと感想/花江と道男の恋に「気持ち悪い」の声!?

伊藤沙莉さん主演の朝ドラ【虎に翼第63話が6月26日(水曜)に放送。

大庭家の問題は解決せず、家裁に調停の申し立てが行われた。梅子(平岩紙)は息子たちが均等に分けることを望むが、長男・徹太(見津賢)は他の兄弟に相続放棄を迫る。

今回は【虎に翼】第63話のあらすじネタバレと感想について。

朝ドラ【虎に翼】のネタバレあらすじ・吹き出しを最終回まで!結末は寅子が裁判所長に!?
モデルは三淵嘉子さん。朝ドラの結末は寅子が女性初の裁判所所長になるまでを描く?今回は朝ドラ【虎に翼】のネタバレあらすじ・吹き出しについて!

第62話ネタバレ<>第64話ネタバレ

【虎に翼】63話のあらすじネタバレ

【虎に翼】63話のあらすじネタバレです。

荒れる徹次

大庭家の次男・徹次(堀家一希)は戦地から戻った後、酒におぼれてひねくれていた。

梅子が事務の仕事を紹介する。

しかし徹次は「傷が痛むんだよ。俺のことなんてどうでもいいくせに。俺を置いて逃げたくせに」ときつく当たる。

梅子は何も言えなくなる。

三男・光三郎(本田響矢)が部屋に入ってきた。

光三郎「僕、覚えてるよ。あの日、徹次兄さんが母さんと一緒に行きたくないって言ったんじゃないか」

徹次「だとしても子供を置いて逃げるだなんて!」「今思えば、あそこから俺の人生狂いだしたんだ!」

光三郎「もうやめようよ! これ以上、お父さんたちのまねしてお母さんいじめるのは。昔みたいに戻ろうよ。一緒に、お母さんが握ってくれたおにぎり食べてた時みたいに」

光三郎は兄に必死に訴えた…。

常(鷲尾真知子)の心変わり

大庭家の問題は解決せず、家裁に調停の申し立てが行われた。梅子(平岩紙)は息子たちが均等に分けることを望むが、長男・徹太(見津賢)は他の兄弟に相続放棄を迫る。

当初は徹太の相続に同意していた常(鷲尾真知子)だったが、心変わりした。常は長男夫婦の世話にはなりたくないから、三男・光三郎(本田響矢)により多く相続して欲しいと言い出す。

裁判官としてしか関われない寅子(伊藤沙莉)は梅子を案じる。

63話の結末

寅子が自宅で食事をしていると、花江(森田望智)が機嫌よさそうだった。

花江の息子の直人は、母が上機嫌なのは道男がきたためだと指摘。

直人「俺には分かる。恋は人を笑顔にする」

寅子と弟の直明は困惑した。まさか、そんなわけないからだ。

だが、直人は寅子と優三(仲野太賀)が結婚するなんて意外だったと、昔おばあちゃんが言ってたという。

直人「人間、何があるか分からないって」

それを言われると、寅子は言い返せない。

その後、花江は眠そうな寅子を先に寝かして、1人夜中まで家事を続ける。

(つづく)

【虎に翼】63話の感想 花江と道男の恋に「気持ち悪い」の声!?

花江と道男の恋に「気持ち悪い」の声が殺到していました↓

付随して、子供に母の恋について語らせるのも「気持ち悪い」という意見が…↓

経験がないからシナリオが変だというのは必ずしも当てはまらないと私は思いますが…。

そうでないとサスペンスドラマの殺人なんて脚本家は経験してないし。

とはいえ、不自然に恋愛要素を描くと賛否あるのは仕方ないこと。

子供が親の恋について触れるのも、まあ、嫌悪感ある人は多そうですね。

とはいえ、まだ、花江の気持ちは分からないですけどね。

どうなることやら…。

【虎に翼】63話の出演者・スタッフ

【出演】伊藤沙莉,石田ゆり子,岡部たかし,仲野太賀,森田望智,上川周作,土居志央梨,桜井ユキ,平岩紙,ハ・ヨンス,戸塚純貴,平埜生成,三山凌輝,名村辰,松川尚瑠輝,見津賢,堀家一希,本田響矢ほか

【語り】尾野真千子

【作】吉田恵里香

【音楽】森優太

朝ドラ【虎に翼】のキャスト出演者一覧と相関図!伊藤沙莉が日本初の女性弁護士に!
NHK連続テレビ小説の第110作目。脚本は吉田恵里香、主演は伊藤沙莉が務めます。今回は朝ドラ【虎に翼】のキャスト出演者一覧と相関図などについて。
朝ドラ【虎に翼】視聴率一覧!歴代朝ドラで高い?低い?
伊藤沙莉主演のNHK朝ドラ【虎に翼】の視聴率について一覧表で紹介!歴代朝ドラで高い?低い?最高視聴率、最低視聴率などについても解説します。今回は朝ドラ【虎に翼】視聴率について。

画像出典NHK