【虎に翼】62話ネタバレと感想/「福来スズ子なんて呼べるわけない」は出演フラグか?

虎に翼62話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【虎に翼】62話ネタバレと感想/「福来スズ子なんて呼べるわけない」は出演フラグか?

伊藤沙莉さん主演の朝ドラ【虎に翼第62話が6月25日(火曜)に放送。

元山すみれ(武田梨奈)が持つ遺言書の検認に立ち会うためにやってきたのは、梅子(平岩紙)と三人の息子たち、そして義理の母・常(鷲尾真知子)だった。

今回は【虎に翼】第62話のあらすじネタバレと感想について。

朝ドラ【虎に翼】のネタバレあらすじ・吹き出しを最終回まで!結末は寅子が裁判所長に!?
モデルは三淵嘉子さん。朝ドラの結末は寅子が女性初の裁判所所長になるまでを描く?今回は朝ドラ【虎に翼】のネタバレあらすじ・吹き出しについて!

第61話ネタバレ<>第63話ネタバレ

【虎に翼】62話のあらすじネタバレ

【虎に翼】62話のあらすじネタバレです。

梅子とよね・轟が再会

元山すみれ(武田梨奈)が持つ遺言書の検認に立ち会うためにやってきたのは、梅子(平岩紙)と三人の息子たち、そして義理の母・常(鷲尾真知子)だった。

寅子(伊藤沙莉)は梅子との再会を喜び、轟(戸塚純貴)とよね(土居志央梨)の事務所に案内する。

轟とよねは声も出ないほど驚く。

梅子「まさかこの2人が弁護士事務所をね」

轟「いろいろあってだな……」

轟は梅子との再会に涙が止まらない。

轟「とにかく!よく無事でいてくれた! うれしいぞ!」

よね「アホ!いつまで泣いている」

轟「めでたい涙だ。好きなだけ泣かせろ!」

寅子たちは、梅子が三男の光三郎を連れて家出したが、10日もしないで連れ戻されたことを知る。しかし離婚するつもりだった夫・大庭が倒れ、長年、梅子が介護をしていたという。

よめは梅子が「クソ夫」の世話をさせられきたことを怒った。

寅子は長居しすぎたことに気づき、急いで仕事に戻る。

梅子は、轟とよねの言い合いを見て、「懐かしいわ。戻ったみたい。私の人生が一番輝いていた、あのころに」と過去に思いをはせる。

福来スズ子なんて呼べない?

多岐川(滝藤賢一)と寅子が「愛のコンサート」の会場探しに行き、狙っていた会場を確保した。

多岐川「俺たちは運がいいな」

寅子「どうするんですか?まだ出演者も決まってないのに」

多岐川「彼女がいいんじゃないか?」

多岐川は、「東京ブギウギ」を歌った。

寅子「福来スズ子なんて呼べるわけないでしょ」

62話の結末

猪爪家では、花江(森田望智)が一人で家族全員を支える状況が続いていた。

そんな中、轟とよねの調査で、大庭の愛人・すみれ(武田梨奈)が遺言書を偽造していたことが分かった。

これで愛人は遺産相続争いから脱落した。

しかし、話は簡単に解決しない。

長男が全部相続したいと言い出すからだ。

すると、母だけ相続の放棄をして、兄弟で分ける案が出る。

しかし、梅子は「私は放棄しませんよ」とはっきり主張して…。(つづく)

【虎に翼】62話の感想 「福来スズ子なんて呼べるわけない」は出演フラグか?

62話では、梅子が轟&よねと感動の再会。ヒャンちゃんの現在は視聴者には分かっているので、残すは涼子様だけですね。

そして62話で話題だったのは、劇中で寅子の口から「福来スズ子」の名前が出たこと。

朝ドラ「ブギウギ」と世界線が繋がっているということですね。

福来スズ子は、劇中のキャラクターですから。

これは一度、否定しておいて、登場するという展開のフラグか?

SNSでも話題で・・・↓

【虎に翼】62話の出演者・スタッフ

【出演】伊藤沙莉,森田望智,土居志央梨,平岩紙,ハ・ヨンス,戸塚純貴,平埜生成,三山凌輝,名村辰,平山祐介,野添義弘,武田梨奈,見津賢,堀家一希,本田響矢,鷲尾真知子,滝藤賢一,

【語り】尾野真千子

【作】吉田恵里香

【音楽】森優太

朝ドラ【虎に翼】のキャスト出演者一覧と相関図!伊藤沙莉が日本初の女性弁護士に!
NHK連続テレビ小説の第110作目。脚本は吉田恵里香、主演は伊藤沙莉が務めます。今回は朝ドラ【虎に翼】のキャスト出演者一覧と相関図などについて。
朝ドラ【虎に翼】視聴率一覧!歴代朝ドラで高い?低い?
伊藤沙莉主演のNHK朝ドラ【虎に翼】の視聴率について一覧表で紹介!歴代朝ドラで高い?低い?最高視聴率、最低視聴率などについても解説します。今回は朝ドラ【虎に翼】視聴率について。

画像出典NHK