【家庭教師のトラコ】3話のネタバレと視聴率!鈴木保奈美の津軽弁に感動!

家庭教師のトラコ

【家庭教師のトラコ】3話のネタバレ・視聴率・感想!の津軽弁に感動!

【家庭教師のトラコ】3話が8月3日に放送されました。

守()と里美()の親子愛を描く物語。

“本当にすごいこと”をトラコ()が教え解きます。

日本テレビ【家庭教師のトラコ】3話のネタバレ・視聴率・感想を紹介します。

見逃し配信:【家庭教師のトラコ】全エピソードはHuluで!(2022年8月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)

【家庭教師のトラコ】3話のネタバレ

【家庭教師のトラコ】3話のネタバレを紹介します。

守の夢はお笑い芸人

駅前でお笑いを披露する守()。
客はおらず誰も見てはいない。

そこに現れたのがトラコ()。

トラコは、守がお笑い芸人になりたいと知り、里美()に伝えるべきだという。ふたりして帰宅。

模試の判定はE判定だったと結果報告する守に、里美は「なにがなんでも東大に」とお尻を叩く。
守は将来何になって欲しいのかと里美に問う。里美は、守がなりたいものなら何でもいいと言いながらも、売れない芸人は論外だとズバリ。結局、お笑い芸人を目指しているとは言えず……。

守はやればできる子だと信じている里美。

里美の頼りはトラコだけ。授業料を倍にすると20万円を差し出す。

**

トラコはしっかり授業料を受け取り守の授業を始める。

今の時代に学歴なんて必要ないという守は、お笑い養成所に入るのに20万が必要だと話す。それは授業料と同じだ。
そこでトラコは、受験勉強なんかやめて養成所に入ればいいと言い出す。

トラコは上原家に宿泊。

夕飯を上原家とともにする。

守は父の利明(矢島健一)に話そうと思うがうまくいえない。トラコは、家族全員の経歴を述べる。

・利明は代々銀行に勤める家に長男として生まれ、現役で東大に進学。30代で支店長代理、40代で支店長。6年前に取締役。次期頭取候補ナンバーワン。
長男の憲一(塩顕治)は、慶応を卒業し金融庁に勤務するエリート官僚。姉の椿(長見玲亜)は、芸術全般に才能を発揮。東京藝術大学に進学。プロのバイオリニストを目指している。

あまりにも詳しく知っていて驚く面々。

「守はやりたいこととかあるの?」と里美に聞かれ、守は「お笑いになる」と立ち上がるも「かもしれない」と誤魔化す。誰も守の話など聞いてはいない。

**

結局、守は養成所に入ると言えなかった。そこで、トラコは既成事実を作ってしまえばいいと、授業料を守に渡し、養成所に行くように促す。

トラコと副多

中村家

知恵(加藤柚凪)は、将来、おもちゃ屋さんをやりながら新聞屋さんいなる、と話す。そのことをママの真希(三村里江)とパパの朔太郎(細田善彦)に話そうとすると、どちらも会社から電話があり、知恵の話を聞いてくれない。

**

下山家

高志(阿久津慶人)は、店の手伝いをしている。店には高志のプレゼントの花が飾ってある。智代()は、これからは店に花を飾るんだと明るい。
高志は将来やりたいものは別にない。そのために勉強するんだという。

**

福多とトラコ。

福多()は施設の頃の話をする。

トラコの将来の夢は「恐竜」だった。福多はなりたいものがたくさんあったが、官僚になった。親を喜ばせるためだった。しかし、辞めてしまった。
それは、トラコと再会し、やろうとしていることを聞いたから。

守のお笑いライブ

守は養成所に行く。すると、コスプレをしたトラコがいた。
受付用紙に記入をして申し込みをしようとするが、ためらってしまう。トラコは、里美にキチンと話すべきだという。
「人を動かすのは熱意」その言葉に守は勇気をもらう。

帰宅して里美に話すが、里美は聞く耳をもたない。

守は、人を笑わせるのが得意だった。授業でものまねなどを披露したらすごくウケた。その時の光景が忘れられない。人間は笑顔は一緒なんだと感動したのだ。

その話を聞いても里美は賛成しない。

そこで、トラコが里美の過去を話し出す。

里美は高校を中退し芸能界を目指して青森から上京。ただ、芸能界に入ることはできず、銀座のホステスに。ママにまでのぼりつめ、そして、利明と出会った。

里美は自分の体験から、世の中は甘くないと思っているのだ。

勉強さえすればチャンスが目の前に転がってる、という里美。

守は問う「母上は幸せ?」
「当たり前でしょう」という里美。

守はそうは見えないという。父親たちのご機嫌をとるために必死。父親や兄姉を見返すために守は利用されていると感じている。

守はビッグになってやると家を飛び出してしまう。

「先生、なんとかして。ボーナスも出す」
里美は必死だ。

**

トラコは子役を雇いひと芝居打つ。

子供の守(加藤矢紘)は「大きくなったらママを毎日笑わせてあげる」とトラコに抱きつく。
トラコがママ役。

それを見た守に「これは再現ドラマ」だと打ち明けるトラコ。
福多やってきて挨拶。子役をつれて帰る。

トラコがこんな小芝居をしたのは里美に頼まれたからだと伝える。守が本当に笑わせたいのは里美なのだ。トラコは里美を納得させいようと、単独ライブをしようと守の背中を押す。ライブ会場は、オーナーの子どもを家庭教師していたことで無料。

客など集まるわけはない、という守。
トラコはサクラを雇いライブをすればいいと言い出す。

**

智代の店で真希が食事。里美がやってきた。里美は、トラコが信用できるかとふたりに話を聞く。両者はトラコを褒める。

**

守はライブチケットを里美に渡す。
迷う里美はトラコに相談メール。
トラコから放っておけばいいと返信がある。

**

ライブ当日。

里美は会場に。
トラコが手伝いをしている。

守のお笑いライブが始まる。

MCに扮した福多が守を紹介。
そして、守が登場!

守は里美のことを題材にしたネタを披露。
観客は大笑い。
里美はいつの間にか笑顔に。

ライブが終わると里美は迷いをトラコに話す。すると、利明に相談してみればいいと言う。

守の動画を利明に送っておいたというトラコ。

守が帰宅すると利明、憲一、椿が顔を揃え「お前は上原家の恥だ」と言い出す。

さらに、守にイギリスに行ってこいと言い出す。

いわゆる厄介払い。

里美は守を必死にかばう。守は人を笑顔にできる子だと頭をさげる。

守は、ライブはやらせだと告白してしまう。

最低だと言われた守は、イギリスに行くと言う。

里美が津軽弁で守を守る!

守が空港に行くとトラコがいた。

トラコが嫌いな言葉、3つ目は「すごくない?」
自信がなくて相手に同意を求めてるだけ。全然、凄くない。

守が(お金があって大学に行ける)恵まれた環境にいることを知れ!と怒鳴る。

トラコは、ライブ会場で観客からアンケートをとっていた。そのアンケートを守に渡す。どれもこれもひどい内容。最後の1枚だけが違った。

**

上原家では、守がいなくなって良かったと話している。

そこにトラコが守とともに帰宅。

守はイギリスに行こうかと思ったが、里美が最強だと思って帰ってきたのだと陽気に語り始める。

里美はなんでも文字にする。だから里美の文字はすぐにわかる。
最後のアンケート用紙。それは里美の回答だった。「がんばってた」の文字。それは里美の文字だ。

守は「トラコ先生に教えられた。本当にすごいことをすると決めた。東大にも行くしお笑い芸人も目指す」と。
笑ってくれて結構。でも里美だけはバカにするな、と訴える。

守は里美が笑ってくれるなら頑張れる、と。

利明らは不愉快だと席を立つ。

津軽弁で「ちょっとまて」と里美。

守は本当に優しくていい子だと話す。5年前、守は利明らと会えることを楽しみにしていた。みんなをいっぱい笑わせてあげるんだと。

里美は途中から津軽弁になる。トラコが訳す。

「笑い長ければ笑えばいい。この子のおかげで生きてこれた。これからはこの子のやりたようにやらせる。私は母親だから」

その後……。

守と里美はトラコに「東大に行かせてくれ」と頼む。

次のターゲットはトラコの母?

福多の家にて。

福多は見合いをしたくないから付き合ってる人がいると嘘をついた。すると、その人に会わせろとしつこい。

トラコに恋人のふりしてくれるかと冗談めかして言うが断られてしまう。

トラコは地球儀を手にしている。その地球儀は母親が残したたったひとつのもの。

「次のターゲットは母親なんだろう」と副多。

**

真衣に電話がある。
それは、リストラの連絡だった……。

<続く>

【家庭教師のトラコ】3話の視聴率

【家庭教師のトラコ】3話の視聴率は、5.4%でした。(ビデオリサーチ調べ・関東地区)

【家庭教師のトラコ】3話の感想

【家庭教師のトラコ】3話の感想を紹介します。

【家庭教師のトラコ】3話のまとめ

【家庭教師のトラコ】3話は、守の夢を取り上げた物語。母を思う守と守を思う母。親子愛に泣かされました。守は恵まれた環境下にいることに感謝をすべきでしょう。確かに父親も兄も姉も冷たいけれど、大学に行けるというというだけで「凄いこと」なのです。
里美を演じるさんの津軽弁が最高です。守を思う母親の意気込みみたいのがジンジンに伝わる名場面です。
トラコの思惑はまだわかりません。副多の意味深発言が気になります。

次回予告

・中村家に詐欺騒動!

・真希が失業!

次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:【家庭教師のトラコ】公式サイト

コメント