【女神(テミス)の教室】10話のネタバレ!ラストと見間違える出来に号泣!

女神の教室 ネタバレ10

【女神(テミス)の教室】10話のネタバレ!ラストと見間違える出来に号泣!

【女神(テミス)の教室】10話が2023年3月13日に放送。

雫の教えを受けた学生達5人がしっかりと成長。彼らの思いは重罪を犯してしまった風見刑事に届くのでしょうか?

10話がラストと見間違えるクライマックスは涙なしでは見られません。

今回の記事では【女神(テミス)の教室】10話のネタバレ、感想をお伝えします。

【女神(テミス)の教室】のネタバレ・あらすじを最終回まで!及川光博が黒幕大本命、その理由は?
2023年冬の月9ドラマは北川景子主演の【女神(テミス)の教室】。ロースクールを舞台に法律だけではなく、それに関わる人々の心も教えます。その裏では何やら雫や生徒たちを狙う事件が起きている様子。学院長の守宮清正(及川光博)が怪しいです。今回の記事では【女神(テミス)の教室】のネタバレ・あらすじを最終回までお届けします。

【女神(テミス)の教室】10話のネタバレ

風見が藍井を刺した?

藍井仁(山田裕貴)が刺され、柊木雫(北川景子)は急いで病院に向かう。

守宮清正(及川光博)も来ており、「一命は取り留めたが意識が戻らない」という。更に藍井を刺したのは刑事の風見颯(尾上松也)と聞かされ、雫はショックを受ける。

その後、雫は藍井の研究室からファイルを見つける。

  • 松下隼人(渡部秀)の顔写真がマークされた学習塾のパンフレット
  • 自殺した津山邦彦(安井順平)が最後にアップした病院の写真
  • その病院の病室番号と風見栞(桜川博子)という名前が書かれたメモ

雫は同期の検事・横溝太一(宮野真守)にファイルを見せて相談。風見は松下を襲うとしたが、庇った藍井が刺されたのではないか?もしかして津山も風見が?

雫は黙秘を続けている風見と面会。疑問をぶつけるも風見は「津山は自殺と処理されたんです」としか答えない。

学生達が動き出す

風見の事件を知り、照井雪乃(南沙良)、真中信太郎(高橋文哉)、桐矢純平(前田旺志郎)、水沢拓磨(前田拳太郎)、天野向日葵(河村花)ら学生達も動揺。

雫は期末テストに集中するように、と伝える。でも学生達の熱に押され、全てを話す。

津山の件は証拠がなく、風見が自白するしかない。ただ、今の風見は司法に失望している。どうしたらいいのかは雫にも分からない。

雫は再び藍井の元へ。「法律は理想論なのでしょうか?」と思い悩む。すると女子高生を発見。だが、彼女は「ごめんなさい」とだけ言って去ってしまう。

翌日、学生達は学習塾の前でビラを配り、風見について情報を集める。だが、「迷惑だ」と塾側から怒られてしまった。

すると1人の女子高生が話しかけてきた。

学生達は風見に思いをぶつける

その後、学生達は雫に頼み、検察庁に送検された風見と話をすることが出来た。

女子高生の佐久間花恋(安藤美優)から聞かされたことを風見に話す。花恋は風見の頼みで松下の性的暴行の証拠を集めようとしたが、失敗。逆に被害にあってしまった。

桐矢は「松下は司法で裁かれるべきです」と訴える。

だが、風見は「そんなのは綺麗事だ」と一蹴。自分の妹・栞(桜川博子)は性犯罪の被害を受け、精神が不安定になった。今も入院しており、20年間一度も笑っていない。

風見「どうして人の尊厳を奪った者が普通の生活をして許されている。法が正しく機能していないからだ!法で人は守れないんだよ!!」

真中は「一番悲しむのは妹さんでは?」と訴える。更に天野は担当医から聞いた「妹さんは貴方が来なくなって不安がっている」と話す。

更に花恋のことは弁護士の安藤麻理恵(佐藤仁美)に相談していた。花恋は「風見の罪が軽くなるなら」と戦う意思を示していたので大丈夫。法律という武器で性犯罪者と戦う。

最後に水沢は栞から預かった手紙を見せる。手紙にはこう記されていた。

お兄ちゃんに会いたい!!

学生達がここまでのことが出来たのは雫「困っている人がいたら話を聞き、心に寄り添うことが出来るのがいい法律家」と教えてくれたからだ

風見は涙を流し、松下を殺害しようとしたことと津山を自殺に見せかけて殺した、と認めるのだった

雫の思いは届いていた

ロースクールに戻る一同。雫は学生達にお礼を言う。人の心に寄り添い、考え、行動する。これが出来たから風見の心に届いたのだから。

照井は雫に(反発して)ずっと出せていなかった志望動機を提出する。照井は雫のような人に寄り添える裁判官になると決めた。検事の仕事は桐矢に任せる。

その後、雫は目を覚ました藍井の元へ。色々と考えて、行動してくれたことにお礼を言う。

藍井「別に貴方の為ではありません。ただ、風見が何を考え行動したのか知りたくなったから。貴方の講義で散々聞かされたので。」

10話の結末 新たな門出

時は流れ、雫の最後の講義が始まる。期末テストの解説をした後、雫は学生達にメッセージを伝える。

雫「裁判官の仕事をしていると自分は正しいのか?と思うことがあります。でも皆と出会って初心に帰ることが出来た。まず人がいて人の為に法律がある。」

皆は私の自慢の学生です。

拍手と共に藍井がやって来る。今日から職場復帰であり、雫は藍井に一言求める。

藍井はいつものように学生達に問題を出す。真中は全て自分達が答えられなかった問題だと気づく。

藍井「君たちの学力は確かに向上している。司法試験まであと4ヶ月。しかし、ゴールはそこではない。」

いい法律家になれ!!

雫は張り出された成績表を見る。実務演習で受け持っていた5人がトップを独占していた。

卒業式当日。雫は一人教室にいた藍井を連れ出す。正門のテミス像の前で5人が待っていた。

学生達はそれぞれの道へ進みだし、雫と藍井は彼らの新しい門出を見送るのだった

【女神(テミス)の教室】10話のレビューと感想

ラストと見間違えるほど感動

【女神(テミス)の教室】10話、いいラストでした。

まだ終わっていません!!

今週でラストと見間違う視聴者が続出しました。それだけ10話は感動的

特に主題歌に乗せて学生5人の回想が流れるクライマックスに胸を打たれました。

  • 常に攻撃的だったのに人に寄り添う意味を理解した照井
  • 自分に自信が無かったが、はっきりと目標を見出した天野
  • 内心雫のやり方を見下していたが、素直になれた真中
  • 一匹狼だったが仲間と成長していった水沢
  • 調子乗りだが、照井に夢を託されるまでになった桐矢
    →性格的にはあまり変わっていない(笑)

5人とも雫の教えを通じてしっかりと成長しました。

特に同じく性的な被害を受けた女子高生に対して雫と同じようにドリンクを渡して話を聞けた照井。彼女が最も成長しています。

ただ、松下に対する処遇は不明のままです。今回は被害者が証言できるので有罪になると思いますが。

次週予告

次回が本当の【女神(テミス)の教室】最終回。司法試験を終え、それぞれの道を歩み始めた学生達。彼らのその後はどうなっているのでしょうか?

2023/3/20(月)21:00~の放送をお楽しみに。

9話<< >>最終回

画像の引用元:女神[テミス]の教室~リーガル青春白書~ - フジテレビ

コメント