【女神(テミス)の教室】1話のネタバレ!模擬裁判の爽快感に「面白い」!

【女神(テミス)の教室】1話のネタバレ!模擬裁判の爽快感に「面白い」!

【女神(テミス)の教室】1話が2023年1月9日に放送。

法科大学院(ロースクール)をした青春群像劇がスタート。

模擬裁判で話が進んでいくのが斬新。爽快感もあり、視聴者の評価も上々です。

今回の記事では【女神(テミス)の教室】1話のネタバレとレビュー、感想をお伝えします。

【女神(テミス)の教室】のネタバレ・あらすじを最終回まで!及川光博が黒幕大本命、その理由は?
2023年冬の月9ドラマは北川景子主演の【女神(テミス)の教室】。ロースクールを舞台に法律だけではなく、それに関わる人々の心も教えます。その裏では何やら雫や生徒たちを狙う事件が起きている様子。学院長の守宮清正(及川光博)が怪しいです。今回の記事では【女神(テミス)の教室】のネタバレ・あらすじを最終回までお届けします。

【女神(テミス)の教室】1話のネタバレ

柊木雫(北川景子)はロースクールの教員となる

柊木雫(北川景子)は「人を知らなければいい法律家にはなれない」を信条にする東京地方裁判所の裁判官。

ある日、雫は青南大学法科大学院、通称「青南ロー」の派遣教員と出向することになる。兼任ではなく専任だ。

教務主任の里崎健一郎(小堺一機)に案内された雫は学生たちに挨拶。前任者から預かった前期期末テストを返却。

雫は赤ペンで正解の答案にも実務的なコメントをびっしりと書いていた。だが、学生の照井雪乃(南沙良)から「受験対策に関係ない話は結構です」と反発されてしまう。

休み時間、他の生徒から「実務の話ばかりで時間の無駄だった」と影口を叩かれ、雫はショックを受けてしまう。

エース教員・藍井仁(山田裕貴)

更に廊下に生徒の成績表と順位が張られていて雫はびっくり。学院長の守宮清正(及川光博)によると生徒の競争心を煽るため藍井仁(山田裕貴)という教員が考えた、という。

藍井は「青南ロー」のエース教員。司法試験の合格者は彼の自主ゼミから出ている

雫はこっそりと藍井の授業を見学。藍井は徹底的な効率主義、ついていけない生徒はおいていくスタイル。雫は藍井のやり方を疑問視。

その夜、守宮は雫と藍井を食事に誘う。そこで雫と藍井はお互いの教育論で衝突してしまう。

  • 藍井:ロースクールの目的は司法試験に受かること、学生たちのゴールはそこしかない。
  • 雫:貴方の授業はつまらない、それでは学生がかわいそう。

守宮清正(及川光博)は模擬裁判を提案

守宮は2人に学生たちと模擬裁判をすることを提案。2人はそこで理想の教育をぶつけ合うことになる。

翌日、実務演習を取っている5人の生徒に模擬裁判を説明。

  • 真中信太郎(高橋文哉)
  • 照井雪乃(南沙良)
  • 桐矢純平(前田旺志郎)
  • 水沢拓磨(前田拳太郎)
  • 天野向日葵(河村花)

藍井は検察側を担当。藍井にアピールしたい真中と照井はすぐに立候補する。

雫と残りの3人が弁護側。「負け確定」とテンションが低い。

模擬裁判の事案

  • 主婦Xが揉みあっているうちにアイスピックで夫Aを殺害
  • 主婦Xは夫AからDVを受けていた

正当防衛だったのか、被告に殺意があったかどうかが焦点になるだろう。

模擬裁判に取り組む生徒たち

検察側の真中と照井は被告が背後から刺したこと、DVを受け動機があることを理由に殺意を立証する方針

弁護側、桐矢はヒントを下さい、と雫に頼む。雫は「まずは自分で考えてみて」とする。

天野は被告人役に立候補。考えなくて済むから、と後ろ向きな理由から。

水沢は模擬裁判で負けても藍井にアピールしたい、と考えていた。天野は「必死だよね」と悪態をつき、険悪な雰囲気に。

夕方、水沢は警備のバイトがあるので先に帰ってしまう。

一方、真中と照井は方針をまとめ藍井に提出。藍井はなぜか2人の成績を下げる。

模擬裁判3日前、弁護側は冒頭陳述すら出来ていない状態。

天野は「被告人は今なにを感じているのだろう」と気になる。桐矢と水沢も「何も知らないのに弁護は変だな」と資料を読み返す。

  • DVを受けていたのに20年も夫婦生活を続けていたのか?
  • 事件の前日に2人はなぜ映画を見に行ったのか?
  • 知人の男性BにDV被害の相談をしていたのはなぜか?

3人は被告人の気持ちになって考えていく

模擬裁判開始

迎えた模擬裁判当日、検察側の真中と照井は冒頭陳述で被告人の殺意を言及する。

だが、被告人役の天野は「自分は一切犯行を行っていません」と無罪を主張する

弁護側の桐矢と水沢は「事件の前日に2人が映画を見に行ったのはおかしい」と指摘。「本当は離婚が成立し2人の仲は良好になり、最後の思い出として映画を見に行ったのでは?」と仮説を立てる。

更に「知人Bの証言が偽りならDVの事実はなく殺意を立証できない」と指摘。そして、「本当は知人BがAを殺害した」と主張。

桐矢は天野に「なぜやってもいない罪を認めたのか?」と尋問。「Bとは不倫関係にあり、彼から暴力を受けていた。怖くて彼に逆らえなかった」と答える。

照井は「そんな妄想に付き合いきれません!!」と声を荒らげる。藍井も「そこまでして勝ちたいんですか?」とする。

雫は「実際の裁判ではよくあること。彼らより合理的な主張をするのが検察側の役目」と説く。

模擬裁判は続行。天野は「最後の思い出として夫と映画を見た。Bは復縁すると勘違いし、Aを刺した。Bに脅され、正当防衛として罪を被ることになった」と説明。

藍井は「バカバカしい、そんな些細な事実に何の意味がある」と悪態。照井も同意見。

天野は「些細の事実で被告人の一生が決まるんです!そんなことで一人の女性の運命を決めていいんでしょうか?」と訴える。

裁判官役の里崎主任から判決を言い渡される。

被告人は無罪!!

検察側は弁護側の主張を覆す証拠を提示できなかったから。ただし、「今回は模擬裁判の体を成していなかった」と付け加える。

無罪を勝ち取り、喜ぶ弁護側。不満げな照井。模擬裁判の様子を見ていた宮守は満足そう。

雫の課外授業

その後、雫は学生5人を同期の弁護士・安藤麻理恵(佐藤仁美)の元へ連れていく。

そして、安藤は万引きをした老婆の相談を学生に見せる。生活に困って万引きし、初犯なので示談が成立しそう。

水沢は老婆のことを「かわいそう」と感じていた。

だが、安藤によると老婆の話は嘘。本当は初犯ではない、と打ち明ける。「みんな自分を守るために必死。それでも弁護士は寄り添っていかなければいけない」と安藤は説く

1話の結末

雫たちは「青南ロー」に戻る。照井は「いい加減にしてください!時間を無駄にしました!!」と怒ってしまう。

裁判官というエリートの雫にはギリギリな自分の気持ちは分からない、と訴える照井。

雫は「エリートではないよ。ここで学んだ時、成績は下位だった」とする。

照井は納得できず帰ってしまう。他の学生もここで解散。真中は一人になった途端、「くだらねえ」と悪態。

桐矢は雫に「俺は今日の授業、良かったです」と告げ、雫は「やった!!」と喜ぶのだった。

守宮は藍井と話をする。実際の判決は検察が被告人と知人Bの共謀を立証して、有罪判決。

「検察役の生徒の見解が甘かったのを教えるために模擬裁判中は黙っていたのでは?」と指摘。

真中と照井の調査が不十分だったから藍井は2人の成績を下げた

その後、雫は机に法の女神「テミス」の像を置く。

里崎主任が授業をする中、雫の悲鳴が聞こえてくる。生徒たちが駆けつけると青南ロー卒業後も司法試験合格を目指していた田辺浩(田村健太郎)が倒れ、意識を失っていた。

【女神(テミス)の教室】1話のレビューと感想

模擬裁判が斬新で「面白い」

【女神(テミス)の教室】1話が放送。学生の群像劇なので作風は軽め。

裁判、法廷を扱ったドラマは多くありますが、模擬裁判を行うのはおそらく【女神(テミス)の教室】が初。

事件を再現する映像が入るかと思いきや模擬裁判だけで話が進んでいく構成は斬新で面白い。窮地の弁護側が反撃していくのは見ていて爽快です。

模擬裁判中に他の生徒たち(モブ)が弁護側をやじってくるのが引っ掛かりましたが。

5人の学生の成長に注目

1話時点での5人の立ち位置

  • 桐矢:真っ先に雫に感銘を受ける
  • 天野:真っ先に被告人の気持ちを考える
  • 水沢:まだ馴染めていない様子
  • 照井:終始「非効率」と雫に反発
  • 真中:表面は愛想がいいが裏では雫を下に見ている

桐矢と天野は雫に打ち解けそうですが、裏表のある真中と照井は時間が掛かりそう。

それに照井は周囲に攻撃的過ぎ。藍井のように実績があればよいのですが、コミュニティで苦労するタイプ。

生徒たちが模擬裁判や雫の「人を知る」教えでどう成長していくのか楽しみです。

声優の宮野真守が登場

序盤、バーで雫の愚痴を聞いていた同期の検事・横溝を演じていたのは声優の宮野真守さん。

更に宮野さんはナレーションも担当しています。

宮野真守の代表作

  • 「HUNTER×HUNTER(日本テレビ版)」:クロロ=ルシルフル
  • 「鬼滅の刃」:上弦の弐・童磨
  • 「うる星やつら (2022)」:面堂終太郎

宮野さんは1話限りのゲストではなくレギュラーの出演。今後の活躍に期待です。

次週予告

次回の【女神(テミス)の教室】は早くも内部分裂?

2023/1/16(月)21:00~の放送をお楽しみに。

>>2話

画像の引用元:女神[テミス]の教室~リーガル青春白書~ - フジテレビ

コメント