【ザ・ファブル】のネタバレと感想!映画結末は続編が観たくなる!?

ザ・ファブル
映画【ザ・ファブル】

【ザ・ファブル】のネタバレと感想!
映画結末は続編が観たくなる!?アクションと狂気と笑いの傑作!

岡田准一主演、ら共演の映画【ザ・ファブル】が6月18日に金曜ロードショーで地上波初放送!

続編【ザ・ファブル 殺さない殺し屋】を鑑賞する前に【ザ・ファブル】の全容を!

映画【ザ・ファブル】のネタバレと感想を紹介します。

映画【ザ・ファブル】は、HuluAmazonプライム・ビデオで鑑賞できます。(2021年6月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください。)


ADVERTISEMENT

映画【ザ・ファブル】のネタバレ

ファブル(岡田准一)は佐藤明に!

盛り上がる暴力団の宴会場。
ファブル(岡田准一)が潜入。一気に殺しを行う。スゴ技。

女(木村文乃)はバーでナンパ男(藤森慎吾)と乾杯。
ガンガン飲みまくり、最後に男は酔いつぶれる。

**

ファブルは女の運転する車に乗り込むとすぐにテレビ鑑賞。

ジャッカル富岡(宮川大輔)の「なんで俺もやね~ん」のギャクで大笑い。

ボス(と食事。

「お前何人殺った」とボス。
派手に殺人をするファブルに
「1年休め。お前はこれから佐藤明でお前は佐藤ヨウコだ」
と。
ファブルはアキラとして、女はヨウコ(木村文乃)はとして生きることになる。
餞別としてオウムをもらう。

ボスからの指令
・プロとして一般人に溶け込むこと。
・普通に生きることを学ぶこと。
・人殺しをしたら「俺がお前を殺す」

ファブルを追うフード(福士蒼汰)

殺人現場にフード(福士蒼汰)コード(木村了)
フードはこれはファブルが殺っただろう、と見抜き、同業者としてファブルに嫉妬する。

フード「今からファブルをさがしにいこうぜ」

**

ファブル(以後、アキラ)は、ヨウコの運転で、ボスの知り合いがいる大阪に向かう。
武器を持っていくことは禁止。

アキラは、車内ではおでこをつつき、大阪弁に切りかえる。

アキラ(岡田准一)とヨウコ(木村文乃)は大阪へ

大阪・真黒カンパニー

社長の海老原(は会長の浜田と密談。
幹部の砂川(はそれが面白くない。

海老原は浜田(からファブル(=アキラ)を預かることを聞かされる。

アキラがファブルだという事実を知っているのは二人だけ。絶対口外しないと約束する。
同時期に、小島(柳楽優弥)が出所。

浜田と海老原と対面するアキラとヨウコ。
暗黒カンパニーの社宅に住むことになる。
こうして、二人の普通の生活が始まる。

1階には、海老原のハコスカが駐車してあり、それは海老原の宝物。
乗ってはいけない、という注意も聞かずにエンジンをかけるアキラ。

ヨウコはイケメンの彼氏をつくることが目標になる。
二人でお酒を飲んだ帰り、チンピラが絡んでくる。

プロとして普通になることを誓うアキラは、わざと負けたフリをする。
アキラは、一瞬にして相手を見抜ける特技がある。それを駆使しての闘い。
泣いたフリして起き上がると、ミサキ(が心配してハンカチを差し出してきた。

「いらない」とアキラが言うと走り去る。

アキラを襲ったチンピラは海老原に報告。

**

ある店を襲うフード。
(ファブルが襲撃した)料亭の死体処理をした男が現場で拾ったというスマホに偶然にもファブルが写っていたという。

スマホには、ファブルの姿が。
フード「お宝ゲット」

海老原(安田顕)とファブル(岡田准一)の駆け引き

アキラ(岡田准一)となったファブルは、オウムを育て、ジャッカル富岡のテレビを見ては大笑い。
ヨウコは退屈している。

**

海老原が駐車場に行くと、アキラは全裸で体を鍛えていた。
海老原は「腹を割って話そう」と誘い車である場所にアキラを連れていく。

犯罪に手をそめる大男を「殺せ」と命令してきた。
ファブルは6秒以内に相手を倒せるんだろう
という海老原はカウントを始める。

6秒後、アキラは相手を殺すことはなく倒す。

「殺せ」という海老原はアキラに銃を向ける。
「できるならこの1年、誰も殺さずに普通に暮らしてみたい。この街で過ごさせてくれ」
と頭を下げるアキラ。

「俺の知ってる命は、平等で大切なもんだ。それを散歩しながら殺していく奴を置いておくわけにはいかない」
という海老原にアキラは答える。

「最近、インコを飼い始めた。大事に育てたいと思ってる」
それがファブル(アキラ)のいう“命”。

海老原は自らが男を殺し、ファブル(アキラ)を認め、子分の黒塩=クロ(井乃脇海)を紹介する。

**

二人で焼き肉を食べる。
弟分の小島が出所してくると海老原。
小島の面倒を見てやりたいという。

**

車の中からミサキを見る海老原とアキラ。
ミサキは知り合いだという海老原。
ミサキは病気の母のために昼も夜も働いている。
「ええコや。近づくなよ」と海老原。

**

風間(加藤虎ノ介)のもとを訪れた小島。
そこで、ミサキが元グラビアアイドルだと知る。
命乞いする風間を殺し「アドレナリンでてるわ」と小島。

ミサキ(山本美月)の紹介で就職するアキラ(岡田准一)

アキラは、就職先をさがす。
古着屋、工場、どれも不採用。

その時、偶然、ミサキと出会う。
ミサキは就職先を探すアキラを自分の働く「オクトパス」に連れて行く。
社長の田高田(はアキラを時給800円で雇う。

小島(柳楽優弥)と海老原(安田顕)

砂川は、風間が小島に殺られたと知る。
そこで、砂川は、海老原が小島に指示をしてやらせたことにすれば、海老原を潰せる、と考える。

**

小島は真黒カンパニーを訪れ、出所祝いに500万を貰う。
海老原は小島を抱きしめ
「8年間、長かったな」とねぎらう。

砂川は小島に
「風間におうたんちゃうか」と言うが、小島は否定する。

**

アキラの歓迎会。
貝沼(好井まさお)がミサキのスカートの中を盗撮しているのを見つけ、アキラは、こっそりと阻止する。

アキラは、この時、枝豆の皮もスイカの皮も食べないことを知る。

**

ファブル幼少期(南出凌嘉)

ボスがピストルを与え、プロになるためのノウハウを教える。
ボスに逆らった男を殺そうとするが、失敗する。
ボスが助け「よくやった。俺の許可なく死ぬな」と抱きしめた。

海老原(安田顕)の入院

「鍵を失くした」というミサキは、ヨウコの部屋に1泊することになる。
ヨウコはミサキの顔で遊んで喜んでいる。

アキラは海老原の家を訪問。
小島が出てきた。
アキラはミサキに近づいたことを謝りに行ったのだが、海老原は風呂場で倒れていた。

海老原は、不整脈で心筋梗塞の疑いがあり、入院する。
小島はアキラを「殺し屋」だと見抜く。

小島は女を売りにして稼ぐことを考えていた。
海老原は小島に「退院するまで待っとけ」と。

**

オクトパスにて。

アキラの描いたイラストが採用され、アキラは時給アップする。

家に帰るとイラストを描き楽しそう。

ミサキ(山本美月)を脅す小島(柳楽優弥)

ミサキのアパートに小島がやってきた。
「親父さんの借金を返して、母親の病気も治せる」と。
グラビアアイドルをしてきたことを脅しにして、体を売る仕事を斡旋してきた。
ミサキはグラビアアイドルをしていた時、AVを断った。そのことで、小島の友達が大損をしたと言い出す。
断ったら、嫌がらせをするという小島。

**

クロは小島が女を使って商売をしようとしていること、砂川が人間を集めていることを海老原に報告。

**

フードとコードはファブル(=アキラ)を探している。
砂川と会うフードとコード。
お金のために砂川と契約をする。

「会社転覆させようと思ってる。あっちには凄腕の殺し屋がいる」と怪しく笑う砂川。

**

ミサキに電話をしてくる小島。
小島がミサキの母に近づいていることを知り、ミサキは小島のいうことを聞くことに。

オプトパスにて。

「佐藤君のイラストで助けられたからおごるよ」とミサキ。
二人で飲みに行く。
生きるためにトカゲを食べたことや、自然の中で生きていたこと話すアキラ。

その帰り、次は俺がご馳走するというアキラ。
ミサキは似顔絵を描いて、と言う。

**

ミサキは小島に言われるがままに部屋を訪れる。
そのとき、何者かがやってきた。

アキラ(岡田准一)がファブルに変わる

アキラのもとに、海老原がやってきた。

「助けてくれ」と。
小島の悪巧みを阻止してほしい、車をあげるから、と。

アキラは海老原の頼みをきく。
小島のマンションに潜入するアキラ。

血痕から、小島とミサキが拉致されたことを察知する。

**

小島とミサキを拉致したのはフードとコードだ。
砂川のアジトにつれていき、小島は椅子に縛られている。

「風間を殺したのは海老原の指示だと言え」と砂川。
小島は椅子が倒れたら、死が待っている。

しかし、小島は痛めつけられるも
「殺し屋がくるぞ」と言い放つ。

その殺し屋がファブルだとわかるフード。
砂川は、それならここで殺しとかないと、と。

小島を砂川が集めた男らが囲む。

**

アキラは、家にある材料で武器を作る。

「ミサキちゃんには世話になった。助けるのが普通だ」というアキラに、ヨウコも協力する。

ボス(佐藤浩市)の決意

入院中の海老原のもとに、ボスが来る。
「どうしてアキラを巻き込んだ」と海老原を責める。

ボスはアキラがサヴァン症候群ではないかと話す。
「(アキラが)一般人にならなければ殺す、それが俺の責任だ」とボス。

ファブル(岡田准一)×砂川(向井理)×フード(福士蒼汰)

アキラとヨウコは武器を持ち、クロの案内で砂川が管理するごみ処理場に。

ミサキが男に襲われそうになるところをファブルが救出。
マスクをかぶっているため、ミサキはファブルがアキラだとはわからない。

フードは、監視カメラでファブルの姿を見つけ、その場所に行くがすでにアキラはいない。

小島はひとり椅子に縛られたまま。
遠くから、砂川の人間らが銃を構えている。

そこにフードが。

「ファブル、やっと会えたね。俺が殺して俺が都市伝説になる。はやく出てこい」と挑発。

銃撃戦が始まる。
小島が落ちる……。
その時、アキラが救う。

砂川は監視カメラを見ながら指示を出す。
ミサキは、アキラに言われた通り、ものかげに隠れていたが、コードに見つかり追い詰められる。

一方、アキラと小島を追う砂川の部下たち。
何度も敵を殺しそうになるアキラだが、ボスとの約束を守り抜く。

小島と砂川の勝負。
「死ね」と砂川は小島に銃を向ける。
砂川の手に銃弾が……。

アキラに銃を向け乱射するフード。
フードは銃で撃たれ倒れた。

ミサキが危ない、というとき、ヨウコがコードの前に。
ミサキが柱から落ちそうになるところをファブルが救った。

**

ミサキが目覚めると覆面をとったクロが車で送り届けてくれていた。
ミサキはアキラの家に。
ヨウコが出迎える。

アキラはイラストをミサキに差し出し
「好きなのを選んでくれ」と。

アキラのノートには、ミサキの似顔絵が。

ミサキは涙をこぼす。

小島(柳楽優弥)の死

駐車場。

海老原とアキラは車のトランクを開ける。

トランクには小島がいた。

「今回の件はまずかったな」
「すまん」と謝る小島に
「大丈夫や、俺がついてる」と海老原。
海老原は小島を撃つ。

海老原「どう思う?」
アキラ「まぁ、どっちにしろ俺がおらんかったら殺されてた」

海老原「お前は誰も殺さへんかったか?」
アキラ、無言。

ラストネタバレ

フードは生きている。
コードとふたり笑い合うところに銃が。
二人を殺したのはボス。

**

小島の死体写真を砂川に見せ
「今回のことはこれでチャラや」と海老原。

**

オクトパス。

いつもの日常だ。
ミサキの待ち受けは、アキラの描いた似顔絵。

エンドロールのあと。

ミサキと手羽先を食べるアキラ。
骨まで食べてミサキを驚かせる。

<END>

映画【ザ・ファブル】の感想

映画【ザ・ファブル】の感想を紹介します。

映画【ザ・ファブル】のレビューには「面白かった」「アクションと笑いで楽しい」「アクションシーンは見応えあり」「岡田准一のアクションの殺陣が素晴らしい」などの声が。

笑える場面がたくさんあり、楽しめる映画です。アクションシーンは後半にドーンとあります。かなり激しいアクション。岡田准一さん始め柳楽優弥さん福士蒼汰さんらがめちゃくちゃカッコイイ。
柳楽優弥さん、福士蒼汰さんの狂気っぷりもなかなか。

ある意味、ファブルはとても真面目です。一般人として生きることを仕事にするファブル。ミサキは癒しの存在なのでは。
続編でもある2作目が公開されました。こちらも楽しみです。

映画【ザ・ファブル】は2019年6月18日【金曜ロードショー】で地上波初放送!

記事内画像:【ザ・ファブル】公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました