遊川和彦

遊川和彦(ゆかわかずひこ)。脚本家。監督。大学卒業後上京。映画の専門学校に短期間在籍後、テレビ制作会社ディレクターを経て、1987年に『うちの子にかぎって…スペシャルII』で脚本家としてデビュー。2003年、スペシャルドラマ『さとうきび畑の唄』の脚本を担当し、文化庁芸術祭大賞(テレビ部門)を受賞。以降、『女王の教室』、『家政婦のミタ』など話題作を脚本。2012年、NHK連続テレビ小説『純と愛』の脚本を手がける。2016年、テレビ朝日の『はじめまして、愛しています。』で第5回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 脚本賞を受賞。2017年、映画『恋妻家宮本』で初監督を務める。2019年、ドラマ『ハケン占い師アタル』の脚本と演出を担当。

最近の脚本ドラマ

遊川和彦のプロフィール

生年月日1955年10月24日
出身地広島県
身長ーcm
配偶者村上麗奈
所属事務所
2022年冬ドラマ

【冬ドラマ一覧】2022年1月スタートの新番組情報まとめ!

【冬ドラマ一覧】2022年1月スタートの新番組情報まとめ! 2022年1〜3月期の冬ドラマ情報を曜日別にわかりやすく紹介。小栗旬・松本潤・菅田将暉・阿部寛・浜辺美波・黒木華主演作など目白押し!地上波・朝ドラ、深夜ドラマ、BS、ネット配信動画まで一挙紹介!冬ドラマのキャストやあらすじ、ネタバレなど最新記事リンクも随時更新!