【正直不動産】3話のネタバレと感想!月下の過去とペアローンのデメリット

正直不動産3話

【正直不動産】3話のネタバレと感想!月下の過去とペアローンのデメリット

不動産業界でも注目されているドラマ、3話にはついにマダム()が登場!

月下()が「カスタマーファースト」にこだわる理由、永瀬()の結婚観が明らかに!

今回は、【正直不動産】3話のあらすじ・ネタバレ・感想について!


ADVERTISEMENT

【正直不動産】3話のあらすじ

ペアローンの落とし穴

正直営業しかできない永瀬財地()の成績は5位。1位の桐山とは差が広がるばかり。月下咲良()に榎本美波()と付き合っているのか? 結婚について聞かれる永瀬。24時間365日他人と一緒にいるなんて罰ゲーム、ありえないと答える。

以前、永瀬からマンションを購入した室田夫妻(小林涼子・松角洋平)がやってくる。3年前の購入時はラブラブなセレブカップルだったが、離婚するという。永瀬は当時口八丁でメリットばかりを強調してペアローンを組ませたが、離婚となると話は別だ。共有名義になっているから双方が同意しないと売却できない。夫の単独ローンにするためには、妻の残高4600万円を夫がキャッシュで払うか、借り換えをしないといけない。デメリットの説明がなかったと怒る室田に永瀬は、愛は目減りしても借金はビタ一文減らない、と言ってしまう。

永瀬は光友銀行の美波に融資の相談をするが、室田はほかにもローンを抱えており、審査は降りない。リスクの説明はしなかったのか?と美波。結果を聞いた室田は、すぐに売却してくれと永瀬に頼む。

月下がカスタマーファーストにこだわる理由

月下咲良()と桐山()は、社長から店舗物件を任される。荻窪駅近くの元喫茶店、西八起駅の商店街の元コンビニから、月下が選んだのは西八起の物件。急行が止まらない西八起の物件より荻窪の物件のほうが断然有利だし、家賃が高い分手数料つまり不動産屋の儲けも多いと永瀬。カスタマーファーストの月下は、商店街に来るお客さんが喜ぶと考えるが、大事なのは貸主と会社の利益。店が潰れたら潰れたでまた借り主を見つけて手数料をとればその方が儲かる、と桐山。

桐山の内見についていく月下。桐山は別の内見者や前のオーナーが店を辞めた理由を説明するコーヒー屋などを仕込んでおき、客に早々と決めさせた。

月下は、店舗を借りたいという高田夫妻との打ち合わせに永瀬を付き合わせる。警察官を退職した夫(大河内浩)が退職金を使って妻(宮田早苗)の夢である駄菓子屋をやりたいというのだ。しかし駄菓子屋といえば客単価が低い。高い家賃が払えるのか? と永瀬。怒った月下に追い出される。

室田のマンションを売りたい永瀬だが、乗り気になった新婚夫婦(西原亜希・前原滉)にペアローンのリスクを説明しようと、つい離婚や格差婚の話をして怒らせてしまう。

月下は、高田夫妻のために保証金と賃料の値下げをオーナーに頼むという。相手は太客のマダム()だ。心配になった永瀬は同席する。いきなり来て値下げの話。しかも駄菓子屋をやると聞いて月下をバカにするマダム。永瀬は思わず、マダムがその物件を買ったときは商店街も賑わっていたが、近くにショッピングセンターができてから状況が変わっている。相変わらずの高い保証金と賃料では借りる人なんていない、勘が鈍っているのではないかと挑発してしまうが、マダムは月下のプランだけは聞いてくれることになる。

月下のプランは、 駄菓子屋にイートインスペースを設けるというもの。近所には塾やスイミングスクールがあり、子供たちの母親たちが、子供がお迎えを待てる場所があるといいという要望を聞いていた。しかも3年後には近くに大型マンションが建つ。ファミリー層が増えるから、 イートインスペースのある駄菓子屋の需要は増えるだろう、と予測する。

せっかちだから先のことに興味はない、と2人を追い返すマダム。

会社に戻った永瀬は、月下がカスタマーファーストにこだわる理由を聞く。月下の両親は外資系の証券会社に勤めていて都心に立派な家を建てた。リーマンショックで収入が激減するとケンカが絶えなくなり両親は離婚。もともと家を買うときに、悪どい不動産屋に無茶なローンを組まされていた。その後、父親は蒸発し、月下は母と安アパートを転々とし、風呂なしの古いアパートに引っ越す。オンボロ物件だが、桜が窓の目の前に見える。「この眺めはどんなにお金を出してもこの部屋でしか見られませんよ」と部屋を紹介してくれた不動産屋が言った。

家なんてただの箱でしかない。住む人が幸せだなと思える場所、それこそがいい家なんだ、と気づいた月下は、そういう家を探してあげられる不動産屋になりたいと思ったのだった。

だからこそ高田夫妻には力になりたかった。自分の両親も、高田夫妻のようになんでも話し合っていけたら、離婚なんてしなかったのかな…。

その話を桐山も陰で聞いていた。

【正直不動産】3話のネタバレ

居酒屋「しょうじきもん」で飲む永瀬、同じカウンターでは美波が1人で飲んでいる。日本酒の好みも同じ、容姿も問題なく、定職についているし、永瀬は結婚相手として全然アリと思う美波。

杉並のマンションを格差婚カップルに売ることで頭がいっぱいの永瀬は、美波に質問する。「もし自分と結婚したとして共同名義でマンション購入しようっていったらどうします? 結婚後もお仕事は続けてもらって、ペアローンを組もうっていったらどう思います?」

自分にプロポーズしてるのか?と勘違いした美波は舞い上がるが、一応もったいつけて「まだ実際に結婚もお付き合いもしてないし…」と答える。永瀬は「実際に」のキーワードにヒントを得て、美波には奢ると言って去っていく。

永瀬は、根尾夫妻に、実際に住んでいた室田えり香(小林涼子)に物件を案内してもらう。自分たちの離婚と部屋は関係ない、眺めがよく住みやすいこと、キッチンの使い勝手などを説明する。物件を気に入る根尾夫妻だが、直美(西原亜希)は、前の住人が離婚したなんて縁起でもない、ここは借りないと言い出す。何かを言いたそうな祐樹(前原滉)を見て永瀬は、互いに連帯保証人になるペアローンは、2人分の人生を人質にとられているようなもの。夫婦生活はいいことばかりじゃない。どちらかの収入が下がっても2人で乗り越えるべき、収入や年齢差も関係ない、夫婦は対等だ。ちゃんとお互いの気持ちを話し合っているのか、このままでは本当に離婚すると言う。

憤慨する直美だが、祐樹は「この物件を買いたい」と言う。いままで嫌われるかもしれないといろいろ言えなかったけど、2人で話し合って決めたいと本音を言い、直美を抱きしめる。

帰り際、マダムから月下に電話。「資料が分厚いから説明しに来て」と怒ってるという月下だが、永瀬はマダムが興味を持っているということだといい、月下を1人でマダムのもとに行かせる。結局、マダムは家賃や保証金の値下げをして高田夫妻に店を貸してくれることになった。

オープン準備が始まるなか、月下はチラシを配っている。そこに現れた桐山はなぜかチラシ配りを手伝う。登坂社長()とバーで飲むマダムは、永瀬はあんなに正直者だったかな?と不思議がる。

永瀬は「しょうじきもん」に美波を呼ぶ。プロポーズかと期待しておしゃれして出向いた美波だが、永瀬は単に美波からもらったヒントのおかげでマンションを売却できたお礼に呼んだだけ。

「結婚は人生の墓場だと痛感した」と祖母から言われた言葉を話す永瀬。

この人となら一緒に暮らせるという人と結婚してはいけない。この人と一緒じゃなきゃ生きられないと思う人と結婚しなさい、と。でもまだそんな人には出会ってないから結婚はまだ先。

さらに「人生最良の日は結婚式の日。人生最悪の日はそれ以降の毎日だ」というイギリスのジョークを言って笑う。

美波は「永瀬みたいなデリカシーのない人は、大嫌い。へば」と言って出ていく。美波がなぜ怒っているのかわからない永瀬だった。

【正直不動産】3話の感想とまとめ

3話では、月下がカスタマーファーストにこだわる理由がわかりました。辛い経験の中に光と夢を見出してポジティブな人生を送る月下は本当に素敵な人で、永瀬でなくても心が洗われていきますね。は本当にピッタリのキャスティングです。

また、「この人とじゃなきゃ生きられないと思う人と結婚しなさい」というばあちゃんの名言や、どんな夫婦も本音で話し合うことが大切という教訓は幅広い層の視聴者の心に響いたのではないでしょうか?

今回の「クロサギ」ゲストは、山﨑努さんのバーのスタッフだった奥貫薫さんでした!

次回ぐらいからミネルヴァ不動産の悪巧みが明らかになっていくのか? 永瀬VSミネルヴァの戦いも見モノですね。

記事内画像出典:【正直不動産】公式サイトより

コメント