【親愛なる僕へ殺意をこめて】7話|桃井と猿渡の歪んだ愛と衝撃の末路!桜井ユキ、迫真の演技に視聴者涙

親愛なる僕へ殺意をこめて7話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【親愛なる僕へ殺意をこめて】7話|桃井と猿渡の歪んだ愛と衝撃の末路!桜井ユキ、迫真の演技に視聴者涙!
エイジの父・八野衣真(早乙女太一)は、警察関係者に殺された!?
桃井刑事(桜井ユキ)の告白に衝撃を受けるエイジ(山田涼介)とナミ(川栄李奈)は、真実を確かめようとする。
【親愛なる僕へ殺意をこめて】7話のあらすじ・ネタバレ・視聴率・レビュー・考察について。

【親愛なる僕へ殺意をこめて】7話の視聴率

【親愛なる僕へ殺意をこめて】7話の視聴率はわかり次第お知らせします。

【親愛なる僕へ殺意をこめて】7話のあらすじ

【親愛なる僕へ殺意をこめて】7話のあらすじです。

八野衣真を殺したのは警察関係者?

桃井は、15年前のことをB一たちに話す。4月20日午後5時頃、警察は匿名の通報から八野衣の潜伏場所を突き止めた。でも実はその6時間前の午前11時頃、ある老婦人からすでに八野衣らしき男を見かけたという通報があったのに、それが捜査本部に伝わったのはなぜか同日の午後8時。つまり、警察内部の何者かが意図的に情報を遅らせ、八野衣真を殺した。

売春クラブの顧客リストに警察関係者の名前が載っていると聞いたことがある。それを隠蔽するために八野衣真を殺したのではないかと桃井は続けた。

浦島亀一の告白

B一はエイジになりすまして、浦島亀一(遠藤憲一)と連絡をとり、公園で落ち合い、金と何かを受け取る。亀一は15年前のこと、八野衣真について話し出す。真は愚連隊に入っていて悪さはしていたが、困っている人を放っておけないやさしいところもあった。真はLLじゃないと思っていたが、実はそれは真を信じた自分を正当化するためだった。

自分は逆に真の心の闇を見抜けずに、LLを世に解き放ってしまった。その罪悪感を解消するためにエイジを引き取り、利用してきたと謝る。

ナミの車に戻ってきたエイジは、何かを考えている。2人は15年前の最初の目撃者に会いに埼玉県・秩父市へ向かった。その老婦人は交番に駆け込んだとき、最初に話を聞いてくれたのは若い女性職員だったという。

一方、桃井は「15年前のことで協力してほしい」と猿渡(高嶋政宏)を連れ出していた。

八野衣真を殺したのは猿渡!?

猿渡と桃井を、エイジが待っていた。買春の証拠を消すため、八野衣真を犯人に仕立て上げ、顧客リストを持っていた花坂をも殺したのも猿渡だろうと決めつける。

桃井は、15年前の火災現場に残されていた写真に付いていたDNAと照合するために、DNAを提供することを要求する。猿渡が拳銃を抜く。その猿渡に拳銃を向ける桃井。

B一は、猿渡には買春のことより隠したい事実があった、たとえば猿渡がLLだとかと追及する。「地獄で親父に聞け」と猿渡。銃声が鳴り響き、倒れたのはB一だった。桃井と猿渡はグルだったのだ。2人は手分けをしてナミを探す。

隙を見てB一に駆け寄るナミに、桃井が拳銃を向ける。ナミは隠し撮りしていた動画を1タップで投稿するのと桃井が引き金を引くのとどっちが先かと脅す。

しかし桃井はナミたちは大きな勘違いをしている、と15年前の真実を話し出す。

【親愛なる僕へ殺意をこめて】7話のネタバレ

【親愛なる僕へ殺意をこめて】7話のネタバレです。未視聴の方は閲覧ご注意を。

猿渡の罪

桃井は同性愛者だった。ホワイトラビットの売春婦に居酒屋で声をかけられ、誘われて買春していた。その証拠写真が、LLから署に送りつけられてきて怯える桃井。そもそも桃井を嵌めるために女は近づいてきたのかもしれない。

桃井を愛している猿渡は、八野衣真の目撃情報を耳にするといち早くその隠れ家に駆けつけ、八野衣真を詰問。

身に覚えがない、エイジのところに帰ると騒ぐ真を黙らせようとした猿渡は、「あいつのため、あいつ、あいつ」と桃井のことを思いながら、クッションを真の顔に押し付ける。ふと我に帰ると真は死んでいるようだった。警察官なのに殺人を犯してしまったことに震える猿渡だが、それを隠蔽するために家に火を放った。

改めて現場に駆けつけたふりをしていると桃井がやってくる。中から火だるまになった真が出てきて、桃井が消火器で火を消そうとするが猿渡はそれを止めた。すべては桃井のためだった。

桃井の罪

桃井は、自分が売春クラブの会員だったことを知っていて、脅して利用しようとする花坂を殺してしまう。「いったいどこから間違ったのか…」。サイを撃ち殺したのも、サイがやはり秘密を知っていたからだ。

しかし桃井が本当に守りたかったのは自分じゃなかった。自分をいつも助けてくれた猿渡に刑事を続けて欲しかったからだ。

いつの間にか、B一が桃井の背後からナイフを突きつけていた。B一が亀一から受け取ったのは防弾チョッキだったのだ。桃井は自分が裏切るとわかっていたのかと問うが、B一は鼻から誰も信用していないのだ。

B一は拳銃を奪うが、弾が入っていない。もみ合ううちに、B一は桃井をナイフで刺す。桃井は「これでいい」と呟く。やっと地獄から解放されると穏やかな顔でみずから川に落ちる。

桃井は15年前の事件後にはすでに猿渡のタバコの吸い殻でDNA鑑定をして、八野衣を殺したのが猿渡で、それは自分のためだと知っていたのだった。

桃井を失った猿渡は呆然とする。「俺は今日、初めてあいつの15年を知ったんだ」。そう言うと銃口をくわえて桃井の後を追った。
(つづく)

【親愛なる僕へ殺意をこめて】7話のレビュー

桜井ユキと高嶋政宏の演技に圧倒されました。とくに桜井ユキの、「これでいい」と長い地獄から解き放たれたときの表情に心を打たれました。

でも結局、桃井と猿渡の歪んだ愛のために、八野衣真が犠牲になってしまったということで、桃井と猿渡は許せるものではありません。

八野衣真があまりにもかわいそうだし、そのせいで苦しい人生を歩いてきたB一/エイジも不憫でならないですね。

【親愛なる僕へ殺意をこめて】7話のまとめと考察

7話でわかったことをまとめましょう。

桃井は女性を買春していたことでLLに脅されていた
八野衣真を殺したのは猿渡
花坂を殺したのは桃井
桃井がサイを撃ち殺したのも買春の秘密を守るため

何かと怪しさを出していた桃井と猿渡が死んでしまいました。
この2人はLLに脅されていたのでLLではありません。

…となると、もう怪しいのはエイジの父・亀一しかいないような…。
亀一がLLなのか。桃井を脅迫したのも亀一? それともサイや花坂?
京花を襲ったのも亀一?

残りあと2話。まだまだ驚きの事実が出てきそうです。

【親愛なる僕へ殺意をこめて】のネタバレあらすじを最終回まで!LLの正体と多すぎる犯人まとめ!
【親愛なる僕へ殺意をこめて】のネタバレあらすじを最終回まで!「LL事件」の真相とは?山田涼介主演、二重人格サスペンスのあらすじ・ネタバレを最終回までまとめていきます。15年前の「LL事件」、エイジの周りで起こる「模倣事件」の真犯人は誰?驚愕の真相が次々と暴かれる!【親愛なる僕へ殺意をこめて】のあらすじと各話ネタバレの一覧をヒントに考察していきましょう。