【六本木クラス】チョ・イソ(麻宮葵)役は平手友梨奈!ルックスはいいけど演技力が心配?

六本木クラス/平手友梨奈

【六本木クラス】チョ・イソ(麻宮葵)役は!ルックスはいいけど演技力が心配?

続々と発表されている【六本木クラス】の配役。

小さな居酒屋から韓国トップにのし上がる宮部新()の右腕で、新一途に愛する麻宮葵(韓国版チョ・イソ)役がついに発表されました。

チョ・イソってどんなキャラ? 新との関係は? 配役への反響・感想をまとめました。


ADVERTISEMENT

【六本木クラス】スア役は平手友梨奈!

主演でリメイクされる韓国の大ヒットドラマ『梨泰院クラス(イテウォンクラス)』のチョ・イソ役が決定!日本版の名前は麻宮葵です。

一部週刊誌が報じていたように元欅坂46のセンター・が演じることになりました。

チョ・イソ(麻宮葵)はどんなキャラ?

梨泰院クラス/チョ・イソ
『梨泰院クラス』より

チョ・イソは、主人公・パク・セロイの右腕、マネージャーとして「タンバム」を盛り上げていく年下の女性です。日本版の名前は麻宮葵。

チョ・イソは天才だけどソシオパス

イソはIQ162の天才で、成績優秀、運動神経抜群。さらに音楽やアートでもその多芸多才ぶりを発揮する。76万人もフォロワーがいるインフルエンサーだが、実はソシオパス(反社会性パーソナリティ障害)。

勉強でも運動でも一番になると母親が喜ぶため、たとえば運動会で自分の前を走っていた子を突き飛ばして1位になるなど勝つためには手段を選ばないところもある。

イソとセロイの出会い

セロイとイソは、偶然なのか運命なのか、何度も不思議な出会い方をします。

区長とのケンカ
イソは高校で区長の娘が卑劣ないじめをしているところを動画に撮って拡散させる。怒った区長が路上でイソを理不尽に責めてイソをビンタ。区長だからって容赦しないイソは、100倍返しとばかりにビンタをお見舞いし、いじめ動画を今後、大学、就職先、結婚相手などにも送ってやると言っているところにセロイが遭遇。

バイク事故
長家の次男・チャン・グンスとバイクに乗っていたイソ。グンスの兄・グンウォンの細工によりブレーキがきかずに放り出されたイソを、着ぐるみ姿で店のチラシを配っていたセロイがキャッチする。倒れたセロイは病院に運ばれ手当てを受ける。「今どき着ぐるみでチラシ配りなんて」と言うイソに、セロイは効果的なやり方を聞き、店のチラシを渡す。

未成年飲酒問題で営業停止
イソ、グンス、グンスの先輩が梨泰院に繰り出すが、先輩が入ろうとした長家の店では、スアがイソの偽IDを見抜いて入店拒否。イソの提案でセロイの店に行く。セロイの仲間・スングォンもIDが偽物と気づいたが、客がいないので受け入れてしまう。イソの未成年飲酒が通報され、「タンバム」は2カ月の営業停止をくらってしまう。

イソとセロイの恋

グンスはホールスタッフとして、イソはマネージャーとして「タンバム」で働き始めます。イソのプロデュースやプロモーションのおかげで店は生まれ変わり、繁盛していく。セロイを愛し、彼の夢である「タンバム」の成功を強く願うあまりに、グンスや従業員を平気でクビにしようとするイソと、「店は人と信頼」という信念を貫くセロイはたびたび激しく衝突しますが、セロイもイソの影響で人間らしく成長していきます。

セロイと初恋の人・スア、一途な愛をぶつけるイソは三角関係に…。

平手友梨奈のイソ(麻宮葵)役、その再現度は?

チョ・イソ/六本木クラス
『六本木クラス』インスタグラムより

キム・ダミのイソとの麻宮葵。天才的頭脳を持ち、76万人のフォロワーがいる超人気インフルエンサーだけど、実はずっと孤独だったイソ。

欅坂46でも孤高のアイドルという雰囲気を醸し出していたはイメージにピッタリかもしれません。目ヂカラが強いのも共通点。

六本木クラス比較

こうして並べてみると、すごい再現度ですね!

平手友梨奈、オファーを受けた感想は?

【六本木クラス】イソ役にを選んだキャスティングの裏には、原作者の推薦とプロデューサーのオファーがあった。

 平手のキャスティングにあたっては、原作者のチョ・グァンジンがリモート会議で番組プロデューサーに「映画『響-HIBIKI-』(2018年)を見たんですが、主演のさんが素晴らしかった。彼女は原作の葵にピッタリです」と推薦。偶然にも、とすでに出演交渉中だった番組プロデューサーは非常に驚いたという。

https://encount.press/archives/308805/

も、原作者からの推薦に驚きと喜びを語りました。

まさか原作者さんから直々にお言葉をいただけるとは思ってもいなかったので、正直驚きました。とてもありがたかったです

https://encount.press/archives/308805/

平手友梨奈のチョ・イソ役はハマり役? 演技力が心配?

みなさんの反応はどうでしょうか?

「イメージ的にはスア役のちゃんより合ってる!高身長で細身、あとは演技力。イソ役は難しいぞー。欅坂時代の絶好調時に戻ったら出来るかもしれない」

「原作者チョ・グァンジンさん、さんを推薦して下さってありがとうございます。私もイソ(葵)にピッタリだと思ってたからハグしたいぐらい嬉しいです」

「イソは小悪魔で自分が良ければそれで良い、でも健気で可愛いんだよ。はマジで一切その要素を感じられないし、その要素を演技力で補えるとも思えない」

「演技がより酷いから大荒れな予感。 とりあえず観てみよう。 ってか チョ・イソ役他にいたでしょ。 はハマらない」

ルックスには高評価も、演技力を不安視する声も。

イソは、小悪魔でソシオパス。自分のことを好きなグンスの気持ちを利用したり、仲間を平気でクビにしようとするなど冷徹なところもあって、最初は小憎らしい!って感じなのですが、セロイへの一途な思いがあふれていくたびに、たまらなく可愛くなっていく。キム・デミの演技にはどんどん惹きこまれました。

その成長と心の動きをがどう演じられるのか。がこの役で成長できるのかが、今回のリメイクが成功するかどうかのカギでもあるので、その演技に注目していきたいですね。

コメント