【リバーサルオーケストラ】8話のネタバレと視聴率!裏切り者は前野朋哉で視聴者驚愕!

当サイトのリンクには広告が含まれます
リバーサルオーケストラ第8話

【リバーサルオーケストラ】8話のネタバレと視聴率!

門脇麦主演のドラマ【リバーサルオーケストラ】第8話が2023年3月1日(水)に放送されました。

第8話は妻に捧げる愛の曲に涙…!ついに恋も急展開!?

穂刈良明(平田満)が抱えてきた家庭の事情とは…?退団に揺れるベテラン奏者が、愛する妻へ捧げる思い出の一曲…!初音(門脇麦)の恋も新たな局面へ!ついに裏切り者発覚!?

今回は【リバーサルオーケストラ】8話のネタバレと視聴率について!

【リバーサルオーケストラ】の動画配信はHuluに登録すれば視聴できます!

あわせて読みたい
【リバーサルオーケストラ】のネタバレ・あらすじを最終回まで!原作は漫画?結末はポンコツオーケストラ... 【リバーサルオーケストラ】のネタバレ・あらすじを最終回まで!原作は漫画?結末はポンコツオーケストラが一発逆転?! 門脇麦主演のドラマ【リバーサルオーケストラ】(...
目次

【リバーサルオーケストラ】8話の視聴率

【リバーサルオーケストラ】8話の視聴率は世帯6.6%、個人3.6%

  • 1話は世帯6.8%、個人3.7%。
  • 2話は世帯6.6%、個人3.6%。
  • 3話は世帯6.2%、個人3.6%。
  • 4話は世帯6.3%、個人3.5%。
  • 5話は世帯6.5%、個人3.6%。
  • 6話は世帯6.3%、個人3.6%。
  • 7話は世帯6.7%、個人3.8%。

【リバーサルオーケストラ】8話のネタバレ

【リバーサルオーケストラ】8話のあらすじネタバレです。

穂刈の妻の事情

初音(門脇麦)は穂刈(平田満)の事故を知り、蒼()と一緒に病院へ駆けつける。幸い穂刈は足を痛めた程度だった。

だが、穂刈が警察に電話していた。妻が保護されていた。

朝陽(田中圭)は穂刈が年齢の衰えではなく充分に練習できないからだと指摘。穂刈は、妻・冴子(宮崎美子)が美子が認知症だと明かした。

朝陽は「家庭の事情に深入りするべきではない」と忠告するが…穂刈の力になりたい蒼は穂刈の家を訪ねる。そして洗濯物を取り込んだり、風呂掃除などをする。

初音と三島が友達に

玉響は穂刈不在のまま定期演奏会の練習をするが、穂刈の抜けた穴を簡単には埋められず、その存在の大きさを痛感する。初音は集客プランに頭を悩ませている。そこへ妹の奏奈(恒松祐里)が蒼の告白への返事を待たせすぎないよう釘を刺す。

そんな初音の携帯に、三島()から着信が…。ファミレスで食事をする2人。お互いの近況を話す中、三島は高階オケと上手く話せていないことを聞く。初音は団員たちも話しにくいと思ってるのかもと指摘。

三島は朝陽のことを「初音のこと大事にしてるよ」という。食事会の時に朝陽が初音を「彼女はまだまだ」と批判したのは三島が攻撃しないように先回りしたから。さらに食事会後、朝陽は「谷岡さんを責めたところで何も解決しない。問題はあなたの中にある」と三島に告げた。

帰り道。三島が自転車から初音をかばった。通りかかった土井(前野朋哉)は2人が抱きあってるように見えて驚く。一方、三島は初音に友達になってほしいと頼む。初音は子供のころから友達だと思っていたが三島はそうでなかったらしい。「ヒドイ!」とふくれる初音。

冴子がやってきた

翌日。初音と三島の恋愛のことで、盛り上がる団員たち。初音は全否定した。

穂刈が練習に復帰した。妻のことは娘に任せているという。

練習後、団員たちで集客プランを出し合う中、みどり()が娘に聞いてみるという。そして娘の亜美が無事に第1志望の大学に合格したことを報告。

お祝いムードのついでに、玲緒(瀧内公美)が指を見せて藤谷(渋川清彦)と結婚したことを報告。玲緒の電撃結婚に沸く中・・・穂刈の妻・冴子がやってきた。そして朝陽のことを「良明さん」と呼び、夫と間違えてしまう。

やがて娘の喜美子(内田慈)が駆けつける。喜美子が母・冴子を家に置いて買い物に出たとき、ヘルパーさんの目を盗んで勝手に出て行ってしまったようだ。喜美子は穂刈に謝った。

喜美子は、冴子は昔、夫にお弁当を届けたり団員に差し入れしたり、何度もこの練習場所を訪れたことがあるという。喜美子も仕事と家事もあり、弟は今アメリカ在住で、なかなか手伝えない。老人ホームへの入所を提案しているが父が断っていると…初音に話す。

穂刈は「そそろ潮時かと思いまして」と退団の相談を朝陽にしていた。立ち聞きしてしまった蒼は心を痛める。

タクシーで穂刈たちは帰って行った。その後、団員たちは何かできることはないかと相談。そんな中、小野田(岡部たかし)が肉や野菜が入った袋を持ってきた。初音は喜美子が買い物の途中だったと聞いていた…。

もう限界

初音と蒼が、穂刈の家に忘れ物を届ける。すると、冴子が「主人はまだ帰らないんですけど、上がって御飯食べてって」と誘う。穂刈はもちろんいる。喜美子が母はもてなすのが好きだからよかったら付き合ってほしいと頼む。

初音と蒼は穂刈家の人たちと、すき焼きを囲む。蒼は「穂刈さんにいてほしい」とやめないようお願いする。喜美子も賛成だが、穂刈は「その話はいいだろ」と答えない。

初音は家族写真を見つけた。喜美子の弟も映っていた。穂刈の結婚式の写真もあった。かつて奥さんはピアノを弾いていた。学生時代の穂刈さんの伴奏もしてくれたいたのだ。

そんな中、冴子が通帳が盗まれたと大騒ぎする。・・・初音たちが帰った後、喜美子は「もう…限界だと思うよ」と告げる。喜美子は冴子が「おばあちゃん(=喜美子の祖母)の介護で大変だったから自分のときはホームに入れて」と言っていたと明かす。父がオケをやめることを母が喜ぶはずないし、老老介護になっても共倒れになるから「現実をみて」とお願いする喜美子。

帰り。蒼は何もできないことを嘆く。初音は「蒼くんは優しいね」と慰める。

カルテット結成へ

穂刈は妻を老人ホームに入所させることに決めた。そこで、穂刈は初音に相談する。施設長が先日の番組で初音のファンになり、玉響にも関心を持っていた。そこで初音に、ボランティアだが演奏をお願いしたいというもの。

初音は承諾したが、カルテット(四重奏団)で弾くことに。みどり、玲緒、土井が演奏に加わることになった。

市長の常葉修介(生瀬勝久)は市民だより3月号を見せながら、朝陽が特集されていることを本宮(津田健次郎)に誇る。本宮は「アゲ記事ですよね」と相手にしない。その後、本宮は高階藍子(原日出子)に電話をしてある提案をして…。

もっと早く言うべきでした

初音は、穂刈の家で演奏会の打ち合わせをしていたが・・・ちょうど冴子の部屋を整理していた。だが喜美子の夫の都合が悪くなり、大量の処分品をリサイクルセンターまで運ぶ手段がなくなる。

そこで初音が藤谷に頼もうとしたが無理で、朝陽に車の運転を依頼。

リバーサルオーケストラ第8話
(C)日テレ

冴子は「良明さん」と、やってきた朝陽を見て喜ぶ。朝陽は文句を言いながらもリサイクル店へ処分品を搬送した。だが、朝陽は「これテープが入ってましたよ」と、ラジカセを穂刈に返す。

カセットテープを再生すると、穂刈と冴子の会話が録音されていた。穂刈がオーボエを吹くから冴子が「録音まわすよ」と語り掛けるところが入っていた。

穂刈は伝えたいことがいっぱいあったのに…と嘆く。いつもありがとう、あの時はごめん、一緒になって良かった…等、「もっと早く言うべきでした」と穂刈。その言葉を聞いた初音はある提案をして…。

愛する妻へ捧げる演奏

冴子が老人ホームに入所する日。初音たちも演奏のために付き添う。だが、冴子は老人ホームに入らず、庭で鳥の鳴き声を聞いていた。そこから動かない冴子。

そこへスーツ姿の朝陽がやってきて、冴子が「良明さん」と喜ぶ。そして朝陽が冴子を中にエスコートしていく。

施設内では音楽会が開催中。最後のプログラムとして、急きょ穂刈が「愛の挨拶」をオーボエで演奏することに。「愛の挨拶」を作曲したエルガーは結婚を反対されながらも思いを貫き、この曲を愛する人に捧げたという。

穂刈は「私も長年連れ添った妻がいます」と紹介。結婚を反対されたが、妻はついてきてくれて、笑顔で支えてくれた…「思い出さないことが増えたとしても、私が全部覚えています。心はこれからも一生ずっと一緒です」と伝える。

穂刈は愛する妻へ捧げる演奏を披露した。冴子も手を動かしている。穂刈のためにしてきたピアノ伴奏体が覚えている?!

8話の結末

演奏後、初音は玲緒たちに練習が無駄になったことを謝る。来月の音楽会に施設長が改めて演奏して欲しいと言ってたと聞くと、玲緒たちはやる気を見せる。

初音は、朝陽にラジカセのことのお礼を言った。そのおかげで良い演奏が聞けたから。朝陽は「たしかにいい演奏でした」と笑う。

リバーサルオーケストラ第8話
(C)日テレ

谷岡家にて。蒼の優しさと一生懸命な姿に初音は、告白の返事をする決意をした。好きになってもらえたことは嬉しかったが、「ごめん、好きな人がいる」と告げる。

蒼は振ってくれたことを感謝した。そして気持ち伝えて良かったという蒼。そして「初音さんは、伝えないんですか」と問う。初音は「今はオケのことを一番に考えたい」と答えた。

奏奈は立ち聞きしてしまった。そこで、蒼を「朝まで飲もう、付き合うよ」と誘う。

翌日。初音と三島が抱き合っている写真とともに熱愛報道が出てしまう。これは土井が見たときの場面だが…。

帰り。初音は朝陽に三島とは何ともないと言い訳する。だが、団員との交友関係は口出ししないと冷たい朝陽。

初音は「私のことなんてどうでもいいんですか。私はよくないんですよ。私が好きなのは、あなたなので!」と叫ぶ。

先を歩いていた朝陽が振り返る。

そのころ、玉響の現状を逐一報告する裏切り者は土井(前野朋哉)だったことが視聴者に明かされる―――。

土井は本宮と高階会長と会っていた。本宮は情報をくれたことを土井に感謝していた。玉響が解散したら高階フィルへの移籍、首席手当を倍額という好条件が明かされる。さらに、マエストロの朝陽も近く高階フィルに入るという…。

第7話<< >>第9話

【リバーサルオーケストラ】8話の感想

裏切り者は前野朋哉で視聴者驚愕!

穂刈さんの妻へ愛の演奏をする、穂刈さん回でしたが・・・

ラスト、初音の告白や、裏切り者が判明と大渋滞。

裏切り者は土井さん(前野朋哉)でした。視聴者の多くも驚いたようですね。しかもブラッシュアップライフでは主人公が亡くなるきっかけにもなっており、今期、大活躍(?)です。

でも、本当に裏切り者なのかは信じたくないところ。逆スパイみたいな展開もある?

そして初音の告白の行方は・・・。次回も注目ですね。

第7話<< >>第9話

【出演者】門脇麦 田中圭 永山絢斗 瀧内公美 坂東龍汰 恒松祐里 前野朋哉 濱田マリ 岡部たかし 津田健次郎 相武紗季 平田満 原日出子 生瀬勝久


あわせて読みたい
ドラマ【リバーサルオーケストラ】のキャストと相関図!門脇麦が天才ヴァイオリニストに! ドラマ【リバーサルオーケストラ】のキャスト・登場人物・相関図! 2023年1月期の日本テレビ系水10ドラマは【リバーサルオーケストラ】です。リバーサルとは反転、逆転...

画像出典「リバーサルオーケストラ」公式HP

リバーサルオーケストラ第8話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次