【ラジエーションハウス2】最終回ネタバレと視聴率!唯織と杏の「好きです」に悶絶!

【ラジエーションハウス2】最終回ネタバレと視聴率!唯織と杏の「好きです」に悶絶!

唯織と杏の同級生を襲った病の正体は?灰島院長の企みのせいで病院崩壊の危機に陥ってしまいます。

そして、ラストではついに唯織と杏が想いを伝える。2人の約束と恋の行方はどうなる?

今回の記事では【ラジエーションハウス2】最終回のネタバレと感想、視聴率をお伝えします。

【ラジエーションハウス2】配信情報

【ラジエーションハウス2】はFODプレミアムで配信中。

さらにFODプレミアムではシーズン1、キャスト陣の素顔や撮影の裏話に迫った特別企画【裏ジエーションハウス】も配信。


ADVERTISEMENT

【ラジエーションハウス2】最終回のネタバレ

全身に疾患がある患者

唯織(窪田正孝)と杏の小学校の同級生・郷田一平(工藤阿須加)が甘春総合病院に外来でやって来た。杏の記憶が蘇りかけた矢先、郷田は倒れてしまう。

郷田の頭部CT検査の結果、左中大脳動脈に血栓閉塞が発見される。さらに郷田は目や皮膚、内臓に至るまで全身に疾患を抱えていた。

その矢先、郷田が他の科に移ることが決まる。杏は脳外科医に「原因が分かっていません」と訴えるが、「放射線科医の貴方に余計な口を挟まないで頂きたい」と一蹴されてしまう。

院長の灰島(髙嶋政宏)が今年度の収支データをもとに各科の来年度の予算を決めると発表。利益が悪ければ予算を削られてしまう。

医師たちは余計な手間を掛けたくなかったのだ。

杏の忘れ去られた記憶

杏は唯織に転科の報告すると同時に郷田が言っていた「肉まん」というあだ名の少年について尋ねてみる。

唯織「僕じゃありません。勘違いです。」

杏は幼い日、旅立つ唯織を見送った後に病院を継ぐはずだった兄を事故で亡くした。そのショックから唯織の記憶を忘れてしまった。

「優秀なカメラマン(放射線技師)になって杏を支える。」

幼い日の約束が果たせる時は目前に迫っていた。が、自分を思い出すということは辛い記憶も思い出すということ。唯織は正体を隠すことにした。

放射線科医はドクターズ・ドクター

その矢先、郷田が再び倒れてしまう。呼吸器にも疾患があったが、呼吸器科医からも「余計なことをしないでいただきたい」と釘を刺されてしまう。

郷田は明後日にも退院が決まった。今後は別の病院で1から検査をすることになるだろう。

なんとかして原因を見つけたいが各科の医師たちの協力が不可欠。裕乃(広瀬アリス)は「ドクターズドクター」の考えを訴える。

放射線科医は読影を通じてすべての分野の病気を見る。そのためアメリカでは、「放射線科医はドクターズ・ドクター、医者を導く医者」と考えられていた。

だが、杏は医師たちをまとめ上げる自身を失ってしまっていた。

裕乃「だからワシントンで留学を…」

話の流れで唯織たちに留学の件がバレてしまう。

唯織「杏ちゃん、昔僕に言ったんです。どんな病気も見つけられる医者になるのが夢だって。夢を叶えるために行くんだとしたら僕に止めることは出来ません。」

裕乃は杏に留学の件を話してしまったことを謝ると同時に「昔の夢だけは忘れないでください。応援したくて頑張っている人がいますから」と伝える。

その夜、杏は河原で幼い日に交わした約束を思い起こす。

郷田の病

杏は合同カンファレンスを開く決心をし、医師たちに協力を頼む。だが、返事は芳しくない。

合同カンファレンスを開くも誰も来てくれない。そう思った矢先、医師たちが次々とやって来た。小野寺技師長(遠藤憲一)らラジエーションハウスのメンバーが根回しをしてくれたのだ。

杏は医師たちに郷田の症状を共有。それぞれ思い当たる原因を挙げられるだけ挙げて貰う。するとどの医師も代謝異常が共通していた。

手がかりが見えたその時、灰島院長が登場。合同カンファレンスを中止されてしまう。

灰島「甘春先生、いい加減にしてください!!」

杏は唯織達に代謝異常のことを伝える。唯織は別の日付に撮った郷田の局部CTを見比べ、左心室が肥大化していることに気づく。

心臓のT1マッピング検査の結果と医師たちの考えを合わせるとファブリー病であると突き止める。

さらにこの病は遺伝性が強く郷田の娘・さらも罹っていることになる。

覚悟があるのか?

そこに灰島院長が登場、すぐに郷田を別の病院に転院させる等に指示を出す。遺伝性の疾患があるというのは患者や家族の未来も見ていくこと。

灰島院長は「その責任を背負う覚悟があるのですか?」と問いかける。

「責任は私が取ります。郷田さんは誰にも相談できず、不安です。今、一番必要なのは寄り添える医師です。

唯織「確かに一人では無理です。でもチームなら出来る。各科の先生の協力が必要です。治療のためのチームを作って頂けませんか?

灰島は「そんな余裕はうちには無いんだよ...!!」と拒否。そこに大森(和久井映見)がやってくる。

大森「灰島ちゃんはこの病院を守ろうとしてくれている。無くなればたった一人の患者も救えなくなる。でもやろうとしていることは五十嵐くん(唯織)とも変わらないはずよ。」

だが、灰島は「誰になんと言われても...この病院を守る責任があるんです..」と出ていってしまう。

灰島の覚悟

杏は郷田に力になれなかったことを謝ると同時に娘への遺伝についても話をする。

郷田は「娘にも自分と同じ辛い思いをさせるのか…新しい病院なんてあるのか…」と嘆く。

そこに灰島院長が登場。

灰島「新しい病院を探す必要はありません。診療チームを作りました。我々が責任を持って寄り添い、守ります。」

唯織たちの思いがついに灰島院長を動かし、覚悟を決めたのだ。その後、郷田は治療に専念することになった。

好きです

ラジエーションハウスにて。メンバー達と辻村(鈴木伸之)は唯織に「杏が今日の午後にでも留学する」と焚きつける。

唯織はいても経ってもいられず杏を追いかける。杏は幼い日と同じように河原にいた。

唯織「甘春先生。1つだけ伝えておきたいことがあります。好きです。僕は放射線科医として働く貴方が大好きです。だから遠くから応援しています。

想いを伝える唯織。留学は事実だが、出発は今日ではないとのこと。

唯織は杏の背中に幼い日の彼女の写真を重ねる。その瞬間、風に写真が飛ばされ、杏が拾い上げる。何かを察した杏は唯織に尋ねる。

杏「1つだけ伺ってもよろしいですか。五十嵐さんの夢は何ですか?」

唯織「どんな病気も映し出せる世界一のカメラマンになることです。」

杏は目に涙を浮かべて走り出してしまう。そして、病院に戻った杏は大森と話をする。

杏「私のせいでした。彼は医師としてもっと...もっと...彼の可能性を潰してしまったのは私です。」

大森「それは違うわ。約束があったから成長できた。今の五十嵐くんがいるのは甘春先生のおかげよ。」

唯織は遠くから「頑張れ杏ちゃん」とエールを送る。

その後、ラジエーションハウスにて唯織達は写真を取る。杏は唯織に微笑みながら想いを伝える。

杏「好きです。技師として働く五十嵐さんが。

ラジエーションハウス2、完。

【ラジエーションハウス2】最終回のポイント

  • ラジハメンバーは医師たちの協力を得るのに成功
  • 郷田の病はファブリー病と突き止める
  • 唯織たちの思いは灰島院長も動かした
  • 杏は唯織の事を思い出す
  • 唯織と杏はお互いに思いを伝える

【ラジエーションハウス2】最終回の感想

最終回は各科の垣根を超えて団結。見事に病を特定しました。やはりこのチームワークが【ラジエーションハウス2】の醍醐味です。

2人の「好きです」が堪らない

最終回でついに唯織と杏が告白。さりげない想いの伝え方に視聴者も悶絶。

杏の「好きです」は「ラブ」では無く「ライク」に取れてなんだかもどかしい。

でも下地にあるのは幼い日に交わした「立派な放射線科医とそれを支える放射線技師になる」という約束。

その約束を果たすことが出来た唯織と杏。その2人にとって「医師(技師)として好き」なのは「ラブ」と同じでしょう。

【ラジエーションハウス2】最終回の視聴率

【ラジエーションハウス2】最終回の視聴率は10.2%でした。

そして次週、【ラジエーションハウス2】特別編の放送が決定。映画に繋がる物語でしょうか?

2021/12/20(月)からの放送をお楽しみに。

<<10話 特別編>>

2021年秋ドラマ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント