【おかえりモネ】96話|明日美(恒松祐里)に視聴者も救われてた!

おかえりモネ-66
おかえりモネ-66
https://realsound.jp/movie/2021/09/post-866842.html

【おかえりモネ】96話|明日美(恒松祐里)に視聴者も救われてた!

朝ドラ【おかえりモネ】20週 96話が2021年9月27日(月)に放送されました。

第96話では、モネが明日美(恒松祐里)とお別れ。

飾らず素直で友人思いの明日美(恒松祐里)に視聴者も救われていて…惜しむ声が殺到!?

今回は【おかえりモネ】96話のストーリーと感想について。

【おかえりモネ】96話のストーリー

【おかえりモネ】96話の内容は…

百音(清原果耶)の企画は新事業としては通らなかったが、地方営業所扱いで社員のまま気仙沼へ戻ることとなった。

百音は実家の家族へ手紙を送った。

モネの手紙の内容

「おじいちゃん お父さん お母さん みーちゃん
急に手紙なんて、心配させたらごめんなさい。
自分の気持ちをちゃんと伝えたくてこうして書くことにしました。
この前、カキ棚の片づけをする みんなを見て思いました。
自然を前に なすすべがない時でも明るく前を向こうとする姿に
ああ凄いな。こういうみんなと一緒に生きていたい
役に立ちたいという気持ちは変わらずあります。
でもそれ以上に ただそばにいたいと素直に思えたんです。
わたしはいま、みんなと一緒にいたい。
自分の生まれ故郷に戻って、気象の仕事をしてみたい。
心からそう思っています。」

手紙を呼んだ百音の家族たち。娘の部屋を掃除しようとする耕治(内野聖陽)を止める未知(蒔田彩珠)。

亜哉子は少し心配していたが、家族はみんな百音が戻ることを喜んでいるようだ。

龍巳(藤竜也)は耕治と祝杯(?)をあげる。

一方、Jテレでは…。

高村(高岡早紀)が莉子(今田美桜)が来年1月から仙台中央放送の夕方の帯番組「ゆうがたホッと」のメインキャスターに決まったことをみんなに報告する。

百音は、莉子・内田(清水尋也)・野坂(森田望智)らと互いの健闘を祈り、テレビ局や会社を後にした。朝岡の見送りはなかった。

(回想)百音は、朝岡(西島秀俊)と早めに別れの挨拶を済ませていた。「またすぐ一緒に仕事するでしょう。同じ空の下ですから」と言葉をもらっていた。

引越しの前夜は、汐見湯で明日美(恒松祐里)と飲み明かすことになった。

明日美は半休を取って内田とデートの予定だったが、内田が再生可能エネルギーが専門の大学の先生のところへ行ってしまったという。

明日美は怒っていたが、百音は「内田さん、すーちゃんのおかげだって気づいてるよ。内田さん、すーちゃんのこと話すとき嬉しそう。すーちゃんも嬉しそう」というと、明日美の機嫌が直った。

「なんで皆、戻っちゃうんだろう」と明日美はつぶやく。

「地元大変だからってみんな帰らなきゃみたいな…」と明日美。

「そんなことない」と百音。

「そうだよ。だから私は帰らない」と、明日美は断言。

しかし言葉に詰まる明日美は「わたし、薄情かな?」と尋ねる。

そんなことないよ。そんなこと思わなくていいんだよ」と百音。

私は今好きな人のそばにいる。それが1番大切なことだって本気で思ってるからさ。ただ、モネが島に戻るって思えるようになったのは、本当に良かったって思ってるよ」と、明日美は心から喜んでいた。

「でも後は信じらんない。先生と保留だって」と茶化す明日美に、

「ありがとうね」と百音は涙をこぼして、明日美の友人思いな明るさに救われたことを感謝した。

祖母の生まれ変わりの木は鉢植えに移されていた。

祖母の声「わたしもモネと一緒にふるさとにかえります」

(つづく)

【おかえりモネ】96話の感想:明日美(恒松祐里)に視聴者も救われてた!

96話は、モネが東京を発つまでのストーリーでした。

会社の人たちとの別れもありましたが、

メインは親友・明日美(恒松祐里)との涙の別れ。

明るくてツッコミ役立った明日美(恒松祐里)に視聴者も救われていて…

モネが暗い表情が多いこともあって、すーちゃんの明るさには癒されましたね。

内田くんとのハッピーな報告を期待してます。

あとは、りょーちん、みーちゃんの今後も気になります…。

仙台の莉子と、りょーちんのまさかの恋愛はあるのかな?

さあ。次回からは気仙沼編です。楽しみです。

【出演】清原果耶,内野聖陽,鈴木京香,蒔田彩珠,藤竜也,永瀬廉,西島秀俊,高岡早紀,今田美桜,清水尋也,森田望智,恒松祐里,玉置玲央,マイコ,井上順,【語り】竹下景子

95話< >96話

関連記事:ネタバレ一覧へ

画像出典:NHK

コメント