【おかえりモネ】33話|何もできなかった思い

おかえりモネ33
https://realsound.jp/movie/2021/06/post-802816.html

【おかえりモネ】33話

朝ドラ【おかえりモネ】第7週第33話が2021年6月30日(水)に放送されました。

百音()は、サヤカ()、中村()、朝岡()の3人がつながりを持ったきっかけを知る。数日後、登米が暴風雨に見舞われて、思い出される朝岡の言葉…。

「何もできなかった、と思う人は…」印象的な朝岡の言葉に百音とともに視聴者も心揺り動かされる第33話。

今回は【おかえりモネ】33話のストーリーと内容について。

【おかえりモネ】の配信情報
【おかえりモネ】の動画は、U-NEXTのNHKオンデマンドがオススメ。

ADVERTISEMENT

【おかえりモネ】33話のストーリー

【おかえりモネ】33話の内容は…

夜。朝岡(西島秀俊)が登米に来ていてると聞いて、中村(平山祐介)が早めにやってきた。

歓迎の宴のあと、サヤカと中村・朝岡の3人がつながりを持つようになったきっかけを百音が知る。

それは4年前のこと。百音の島も大変だったころ。中村は災害派遣の医師として東京から来ていた。朝岡は観測機の設置で沿岸部を回っていた。救援ヘリ支援のための気象データも不足していたのだ。

サヤカは当時、この周辺の建物を復興支援に来た人たちに開放していた。中村・朝岡は登米を拠点に活動していた。

「今も2人の関係が続いているの嬉しいですよ」サヤカは喜ぶ。しかし中村・朝岡とも「まだまだ」と口にした。

一方、亀島では、未知()が高校を卒業したらすぐに水産試験場で働こうとしていた。父の耕治()は反対している。

「みーちゃん、無理してないか?」という父。未知は下を向きながら「無理なんかしてない」と言った。

百音が朝岡らを駅まで送る前、リードタイムについて尋ねてみた。「よしきた。やっぱりきましたね」と餌に食いついたことに喜んだ朝岡。

朝岡は未来は平等に誰も分からないが、気象では未来がわかるという。日本の気象現象は数日前の北や南に気象に必ず起因する。

「つまり危険を予測し回避する時間が得られる。これが我々のリードタイムです。わたしたちが全力で提供するのは、大切なものを守る時間です。あと…いや…」

朝岡は言いよどんだあと言った。「何もできなかったと思っているのは、あなただけではありません

数日後、登米が暴風雨に見舞われる。サヤカの部屋は山側。安全のため、同じ部屋(百音の部屋)でサヤカと夜を明かすことにした百音は、サヤカの木を大切にする思いを聞いた。

サヤカは台風の日に産まれたと話す。9月17日、百音と同じ日だった。

サヤカは、水害でこのあたりの集落が壊滅。そんな混乱の中で産まれて、ここの山主に引き取られたという。

その山主は代々、伊達の殿の教えを守って植樹してきた。樹木は家にも暖をとる材料にも船にもなる。

「何もかも失ってもそこに木があれば、人は必ずそれを使ってまた生きようとするよ」とサヤカ。

サヤカは、樹齢300年のヒバの木を使命感を持って守ってきたのだった…。

停電から電気が復旧。起きた百音は、サヤカが電話で被害状況を聞いているのを目撃する。

回想:朝岡の言葉の続き
「私たちもサヤカさんも、もしかしたら誰もが何もできなかったと抱えています。でも、何もできなかった、と思う人は、次はきっと、何かできるようになりたいと強く願うでしょう。その思いが私たちを動かすエンジンです。」

翌朝。百音は朝岡の「天気予報」の番組を見ながら、朝岡の言葉を思い出して、心を動かされて…(つづく)

【おかえりモネ】33話の感想

33話は、森林組合の仕事が面白いと思っていた百音の心を気象予報へと、揺り動かすストーリーでした。

「何もできなかった」という思いが原動力になる、という朝岡の言葉は印象的でした。

直接の被災者でなくても、みんな心痛めましたから。

かなり震災のことを扱う作品ですが、これも現地で取材したスタッフの想いのたまものか?

(作品の良し悪しの話しではなく)漫画家やアニメターを目指して上京した【半分、青い。】【なつぞら】の志望動機とは違った、深くて強い思いを持っての上京になりそうです。

32話< >34話

関連記事:ネタバレ一覧へ

画像出典:NHK

タイトルとURLをコピーしました