【おちょやん】第8週のネタバレ!テルヲ(トータス松本)再登場で波乱の予感

【おちょやん】第8週「あんたにうちの何がわかんねん!」のネタバレ!

テルヲ(トータス松本)が突然、千代のもとを訪ねて来る第8週。視聴者に不快感を与えるダメ親父で話題のテルヲ再登場!千代はどう切り抜ける!?

今回は朝ドラ【おちょやん】第8週のあらすじをネタバレ


ADVERTISEMENT

【おちょやん】第8週のあらすじ

第8週タイトル「あんたにうちの何がわかんねん!」
放送日:2021年1月25日(月)~29日(金)

〈あらすじ〉

千代は()は鶴亀撮影所で映画女優の卵として再スタートした。撮影所で居場所のない千千代(杉咲花)が撮影所に来て3年。父テルヲ(トータス松本)が突然、訪ねて来る。テルヲは相変わらず調子のいいことを言い、撮影現場にまでやってきた。しかし、結局お金が目当てだということがわかり、千代はすべての持ち金をテルヲに渡し、二度と会いに来るなと言い放つ。落ち込む千代に小暮(若葉竜也)がプロポーズするが、千代は自分の気持ちの整理をつけることができない。そんな千代の前に、天海一平()が現れる。

【おちょやん】第8週のネタバレ

ネタバレ:テルヲ(トータス松本)再登場

千代(杉咲花)が撮影所に来て3年の月日が流れた。時代は大正から昭和に移り金融恐慌の煽(あお)りを受け、映画界は不景気。鶴亀撮影所の女優たちも次々と辞めていく中で、千代は中堅女優としてどうにか頑張っていた。同じく小暮(若葉竜也)も映画監督の夢を諦められず仕事を続けていた。自分の監督作品には千代を主役にすると約束しているが、いまだ果たせずに助監督のままだ。

ある日、ヨシヲと名乗る男が訪ねてきたと知らせを受けた千代。撮影現場から急いで戻った千代が目にしたのは、父・テルヲ(トータス松本)の姿だった。一緒に暮らそうと言われ、断る千代(杉咲花)。とはいえ結局は見捨てられず、一晩だけカフェーに泊めてしまう。

テルヲは翌日も押し掛け、所長の片金(六角精児)に直談判し、千代を主役にしてほしいと強引に売り込む。さらには撮影現場では余計な口を出して、現場が大混乱になり、千代は尻ぬぐいをする羽目に…。

ネタバレ:千代(杉咲花)試験に挑む

そんな時、小暮(若葉竜也)が新作映画「鳥籠」の主演を選ぶ試験の話を千代に持ってくる。千代にも受験資格があった。千載一遇のチャンスだ。試験の日。千代が片金たち幹部の前で演技を始めたそのとき、大山(中村鴈治郎)が湯呑を落として大きな音が鳴った。

「今日は波の音が騒がしいなあ」千代がアドリブでつないだ。大山は千代をじっと見つめるーー。

しかし試験の結果は“合格者なし”だった。合格者は、滝野川恵に決まった。彼女は鶴亀撮影所のスポンサー令嬢だ。主演決定の裏側を知った千代。そのことに激怒したテルヲ(トータス松本)は、社長の大山鶴蔵(中村鴈治郎)に掴(つか)みかかるが、所長の片金(六角精児)に返り討ちにあう。

千代は気を取り直し、カフェーで開催されるビール月間で売り子1位を目指す。その矢先、店の前にガラの悪い連中がテルヲを探しにきていた…。

ネタバレ:千代(杉咲花)テルヲ(トータス松本)と縁を切る

千代(杉咲花)は、大部屋仲間の弥生(木月あかり)が鶴亀撮影所を解雇されたと知り、所長の片金(六角精児)に抗議した。しかし逆に役者として覚悟が足りないと説教を受ける。落ち込む千代だったが、テルヲ(トータス松本)の悪いうわさを耳にし借金取りだとピンときて、急いでカフェーに戻る。

すると、テルヲと鉢合わせる。テルヲの手には千代の通帳と印鑑が握られていた。詰問する千代。開き直るテルヲ。今までの話は全て嘘で、テルヲの借金まみれの生活が暴露され、修羅場と化す。ついに千代は「金の切れ目が縁の切れ目や!二度とうちの前にその薄汚い顔みせんといて!」と財布の中身を投げつけて言い放つ。

次の日、千代(杉咲花)はやる気を失い、撮影所にも行かなくなる。父・テルヲ(トータス松本)にまたも裏切られたことがショックだった。

ネタバレ:小暮(若葉竜也)からのプロポーズ

一方、小暮(若葉竜也)は最後の挑戦と意気込んで書いた脚本も不採用になった。父親と約束した5年を過ぎても芽が出ないため見切りをつけて実家へ戻ることを決めていた。

「一緒に東京に来てくれないか」小暮は千代にプロポーズする。うれしいはずの言葉に喜べず困惑する千代。それを見透かすように「まだあの父親に縛れているのか」と絡んでくる一平(成田凌)。一平の存在も煩わしく、悔しさが募っていく。

「何も知らないくせに!あんたに何が分かる」千代の怒りに対して、一平は「分かるはずないやろ」という。他人の苦しみが簡単に分かるわけない。それを少しでも分かりたくて芝居をしていると一平。「お前はちゃうんか?」と問い返された千代は、涙があふれる。そんな2人の会話を聞いていた小暮。

夜。ひどく酒に酔った小暮が千代の前に現れる。千代は「役者を続けたい」とプロポーズの返事をした。

千代は女給の月間ビール売り上げで一等になっていた。小暮が千代を主役にできなかったかわりにこの店で一番にしたいと飲めないビールをたくさん飲んで帰ったという。

せやからあんなに…、おおきに。お元気で。千代は心の中でつぶやいた。

翌日。千代は、大山と片金に呼ばれて、道頓堀で新しく作る喜劇一座の舞台女優になるよう言われて・・・。

当記事画像出典:Amazon

[関連記事]

おちょやん
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました