スポンサーリンク

【おちょやん】第7週のネタバレ!「好きになれてよかった」

【おちょやん】第7週のネタバレ!「好きになれてよかった

千代(が女優修行のために仮の恋人を作るが、やがて本気の恋に!?天海一平()も突然登場!高城百合子()の駆け落ち騒ぎもあり、今週も盛りだくさんです。

今回は朝ドラ【おちょやん】第7週のあらすじをネタバレ


ADVERTISEMENT

【おちょやん】第7週のあらすじネタバレ

第7週タイトル「好きになれてよかった」
放送日:2021年1月18日(月)~22日(金)

あらすじ

千代は()は鶴亀撮影所で映画女優の卵として再スタートした。撮影所で居場所のない千代を親切に見守ってくれていたのが、助監督の小暮(若葉竜也)だった。その頃、千代は撮影所で高城百合子()と再会する。千代は女優としての役作りのため、小暮に仮の恋人役をしてもらえないかと頼む。しかし、なぜかその場に天海一平()が現れる。そんなとき、百合子が相手役の俳優と一緒に失踪するという事件が起こる。

ネタバレ

千代(杉咲花)は千鳥(若村麻由美)の紹介で鶴亀撮影所へ行く。癖の強い片金所長(六角精児)と監督の面談にも晴れて合格。早速、助監督の小暮(若葉竜也)に連れられ、初めての撮影現場に臨む。ところがエキストラの千代が勝手に演技したことで、監督が激怒。作品から外されてしまう。さらには、先輩の大部屋女優からの容赦の無い嫌がらせの日々。親切なのは小暮のみ。そんなある日、千代は憧れの高城百合子(井川遥)に偶然再会する。

千代の救いは、親切な助監督と百合子の存在。そしてカフェーの仲間から励ましもあって、千代は前を向く。だが、先輩の大部屋女優たちから「所長のコネで入った」と悪い噂を流され、撮影現場から干されてしまう。それでもめげない千代は、女優たちの髪を結う美粧部(びしょうぶ)で髪結い見習いという新しい居場所を見つける。

ある日、弥生が血相を変えて美粧部へ駆け込んできた。撮影に間に合わないと焦る弥生だが、相手にされない。そんな弥生を、千代が覚えたてながら起用に髪を結った。こうして、大部屋女優で中心的な存在の弥生のピンチを救ったことで、撮影現場への復帰を果たした千代。しかし、千代の恋人役の芝居のひどさに監督が激怒。女優を続けるなら、今すぐ恋をしろと忠告を受ける始末。

千代は真理(吉川愛)の助言もあり、助監督の小暮(若葉竜也)に恋人のフリを頼むことを思いつく。勇気を出して伝えると、小暮は快諾。デートをする話にも発展するが、その一部始終を何故か一平(成田凌)が見ていた。

日曜日。小暮とデートに行く前、一平が表れて千代をからかい姿を消した。その日は活動写真を見に行く予定が、小暮の仕事が長引いて食事だけになった。小暮は千代と話すとホッとして元気になれるという。自分は千代に救われている、と。恋人のフリの言葉でなく本心だという。その夜、千代は真理(吉川愛)たちに「なんやうち、あの人のこと好きみたい」と打ち明ける。

監督と衝突していた高城百合子(井川遥)が、相手役と駆け落ちする事件が起きた。撮影所は大混乱。千代(杉咲花)は恋心を抱く相手・小暮(若葉竜也)が、百合子のことを本気で好きだったことを知り、胸が苦しくなる。

そんな折「太陽の女・カルメン」を新キャストで撮り直すことが決まり、千代が大抜擢(てき)される。百合子が所長に頼んでくれたからーー彼女の置き土産だった。千代の役は、他の女性を好きになった夫に捨てられる妻という役柄だった。

活動写真は無声映画なので台詞はフィルムの無駄だと言われるが、千代はまったく関係ない話を語り始める。

どうしようもない父を見て育った千代。誰も好きにならなくていい。そう思っていた。でも、そうではないと、あなたが教えてくれた。あなたを好きになってよかったーーー。

監督のジョージは、カットをかけて、「いい芝居だった。コングラチュレーション!」と称賛。こうして千代は初めて名前のある役で活動写真に出演した。(つづく)

当記事画像出典:Amazon

コメント