【泥濘の食卓】5話ネタバレと感想|ちふゆ、狂気のカッターナイフで殺人未遂!

泥濘の食卓5話 ちふゆ
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【泥濘の食卓】5話あらすじ・ネタバレ・感想|ちふゆ、狂気のカッターナイフで殺人未遂!
深愛と夏生、ふみこ、ハルキという那須川家との歪な関係が、最も知られてはいけない怪物・ちふゆに知られてしまう!ハルキの思い人が深愛だと知ったちふゆの暴行が意外な結果となって…。

【泥濘の食卓】ネタバレあらすじを最終回まで!原作の最新話・結末とパラサイト不倫の行方は?
【泥濘の食卓】ネタバレあらすじを最終回まで!原作の最新話・結末とパラサイト不倫の行方は?日向坂46・齊藤京子主演のドロ沼不倫ドラマが、2023年10月21日よりテレ朝土曜ナイトドラマ枠でスタート!原作マンガは完結している? 不倫相手の家族にも寄生する、パラサイト不倫の結末は?
ドラマ【泥濘の食卓】のキャストと相関図|齊藤京子の純愛モンスターがヌルッと怖い!
ドラマ【泥濘の食卓(ぬかるみのしょくたく)】のキャスト・相関図・スタッフ、放送予定|ドロドロ不倫ドラマで、齊藤京子(日向坂46)がピュア過ぎる不倫女に!登場人物が全員おかしい!

【泥濘の食卓】5話のあらすじ

【泥濘の食卓】5話のあらすじです。

ハルキは不倫を知っている

那須川一家とともに食卓を囲む深愛(齊藤京子)。
不倫相手の夏生(吉沢悠)、サレ妻・ふみこ(戸田菜穂)、深愛に恋心を抱くハルキ(櫻井海音)。
那須川家にどっぷり寄生し始めた深愛は、この歪な関係をまったく気にしないどころか、これまで味わったことがない「家族の温かさ」を感じて感動している。

何も知らないふみこははしゃいで鍋の具を取り分ける。唯一まともなハルキは、不倫相手と妻を前に平然としている父には殺意を覚える。食事会を終え、ふみこが那須川に深愛を車で送ればと言うと、ハルキは強引に深愛を送ると宣言。ハルキは深愛と那須川がキスしているところを見たことを伝え、あいつに騙されている、夏生に言い寄られて嫌と言えなかったんでしょと迫る。戸惑う深愛は、門限だからと言って、とりあえず連絡先を交換して帰宅する。

ちふゆの夢とふみこの過去

ハルキに「好きな人がいる」と言われてから電話もメッセージも無視され、イラつくちふゆ(原菜乃華)。何も知らない両親、尾崎快人(林泰文)・依子(川田希)はハルキが元気がないときがチャンスだと無責任に煽る。

那須川家にいるふみこと深愛。ふみこは、自宅に「自分だけ、自分のため部屋がない」ことを憂いていた。深愛に、以前やっていたグラフィックデザインの作品を見せる。賞も獲ったことがある。でも死ぬ気で作り上げた作品を上司に横取りされて本当に辛かった。そんなときに夏生が現れて、仕事なんかに人生賭けなくてもいいやと辞めてしまった。でももったいなかったかな、もっと違う人生もあったかも…。

進路指導を受けるちふゆ。でもとくにやりたい仕事がない。パパが働いているのを観たことがない。自分たちが住んでいるマンションもハルキが住んでいるマンションも、パパのパパのもの。だから働かなくていいんだって…。

ちふゆは幼い頃からハルキが好きだった。

ハルキの好きなところ
友達が多いところ
それなりにバカやって、でも勉強もちゃんとしてる
キラキラしてる、好き
笑うとシワシワになる、好き

仕事なんて何でもいい、私はハルキと結婚して死ぬまで一緒にいたい。それだけなのに…。

【泥濘の食卓】5話のネタバレ

【泥濘の食卓】5話のネタバレです。ちふゆがさらに大暴走!

ちふゆVS深愛

ハルキの相手が誰なのかわからず発狂寸前のちふゆ。ハルキのマンションを監視していると、深愛が夏生の車に乗る場面を目撃。距離の近い様子に不倫を疑う。それ以来ハルキのマンションに通う深愛の行動を監視する。そんなある日、マンションから出てきた深愛が帰宅したハルキと遭遇する場面を目撃。

深愛に、夏生に騙されているわけではないと言われたハルキが、寂しそうに深愛の背中をいつまでも見つめるその姿にハルキが好きなのは深愛だと直感したちふゆはついに深愛と直接対決!

那須川家から出てきた深愛に、「あなた誰なんですか? 何なんですか?」と詰め寄る。いきなりのすごい剣幕に深愛は驚くが、ちふゆがハルキの幼なじみだと聞いて、支援団体の者でカウンセリングに来ていると話す。深愛から「こんなにハルキくんたちのことを考えてくれる子がいたんだ。これからもハルキくんをよろしく」と言われ、何となく引き下がるちふゆ。

深愛の過去とハルキの苦悩

泥濘の食卓 5話 深愛とハルキ

またふみこを訪ね談笑を楽しんでいた深愛。ふみこがハルキに送っていくように言う。深愛は買い食いしようと行って公園に寄り道する。ベンチで話す2人。ハルキが深愛の高校時代について聞くと、深愛はいろいろあってたいへんだった、と同級生の塩谷ハヤト(金子隼也)と駆け落ちしようとしたときのことを思い出す。駆け落ちはハヤトの母に見つかってしまい、連れ戻された深愛はDV父の捻木正数(かもめんたる 岩崎う大)に殴られた。
実はハルキが通う高校を目指していたけど受験にも失敗した。今でも制服を見ると気になることを打ち明ける。

深愛は話題を変えようとハルキの好きなことを聞く。好きなのは走ること。球技だと他人に迷惑をかけることもあるが陸上は自己責任だから。音楽を聴くのも好きだし、醤油ラーメンも好き。働けるようになったらすぐに家を出たい。自分のことを誰も知らないところに行きたい。

深愛さん、一緒に行きませんか? 頑張っていい感じの会社に入るから、深愛さんもカウンセラーの仕事をして。

もう無理なんです。家も学校も、このクソ田舎も全部。みんな俺のこと犯罪者みたいに、みんな勝手なんだよ、人の気持ちも考えずに…。

「大丈夫」。深愛はハルキを抱きしめる。ハルキが深愛にキスしようとすると、いきなりちふゆが現れる。

やっぱりろくでもない女だったじゃん!
あんたが全部邪魔してる

わめきちらしながらカッターナイフを振り回し始める。深愛はバッグで防御するが、ちふゆが「消えろ!」と手を振り上げた途端、ハルキがちふゆに体当たり。そのはずみで、ちふゆは階段から転げ落ちてしまう…。

【泥濘の食卓】5話の感想

深愛とふみこの過去とちふゆの家庭環境がわかった回ですが、やっぱり最後のちふゆの狂気炸裂が話題に。

深愛とハルキと夏生、ふみこの歪な関係を、いちばん知られてはいけない人に知られてしまいました。

ちふゆの暴走…、というより、もはや殺人未遂。これをきっかけにハルキはさらに追い詰められていくことになります。
このドラマの着地点はどこにあるのか、ハルキが救われることはあるのか…。

次回、第6話は11月25日放送です。