『海のはじまり』南雲水季(古川琴音)の死因とは?脚本家がヒントを提示?!

南雲水季(古川琴音)の死因
※当サイトのリンクには広告が含まれます

『海のはじまり』南雲水季(古川琴音)の死因とは?脚本家がヒントを提示?!

月9ドラマ【海のはじまり】(月曜21時、フジテレビ系)が7月1日から放送中。

主人公・夏(目黒蓮)は、元カノの葬儀で、存在を知らされていなかった自分の子どもと出会います。

かつての恋人の死をきっかけにして動き出す、親と子の愛の物語です。

その夏の元カノ・南雲水季(古川琴音)の死因とは?

『海のはじまり』南雲水季(古川琴音)の死因とは?

主人公・夏の大学時代の恋人・南雲水季(古川琴音)について考察していきます。

脚本家がヒントを提示?!

本作の脚本家・生方美久さんがインタビューで、伝えたいことは2つ、と語っています。↓

明確に伝えたいことはふたつだけです。ひとつは、がん検診に行ってほしいということ。すべての人が受診できる・受診しやすい環境が整ってほしいです。もうひとつは、避妊具の避妊率は100%ではないということです。大人でも「避妊すれば妊娠しない」という認識の人が非常に多い。

GINGER」より

注目ワードは、がん検診。

がん検診について勧めたり、環境整備について触れているということは…。

水季は、がんで亡くなった可能性が高いです。

AYA(あや)世代について

2023年11月のニュースですが、AYA(あや)世代のデータについて取り上げられていました↓

「AYA(あや)世代」と呼ばれる15歳から40歳未満の若い世代のがん患者のデータを国立がん研究センターなどが分析したところ、女性が80%近くを占めていることが分かりました。乳がんや子宮頸がんなど、女性に多いがんになる人が20代後半から増えるためだということで、妊娠や出産など、ライフステージに応じた支援が必要だとしています

NHKニュースより

ポイントは、乳がんや子宮頸がんなど、女性に多いがんになる人が20代後半から増えるということ。

水季は27歳で亡くなったようです。つまり、20代後半です。

水季は乳がん、子宮頸がんなど、女性に多いがんにかかってしまったのかもしれません。

まとめ

『海のはじまり』南雲水季(古川琴音)の死因とは?脚本家がヒントを提示?!について紹介してきました。

放送前時点で、水季の死因はがん、と予想されることが分かりました。

脚本家・生方美久さんは丁寧に物語を紡ぐ方なので、物語の中に、がん検診の意義についても触れてくれそうですね。

ドラマ【海のはじまり】は2024年7月1日(月)から、フジテレビ系で、毎週月曜21時に放送!!

【海のはじまり】キャスト相関図と出演者一覧!目黒蓮が月9初出演、有村架純がヒロイン
2024年7月スタートのフジテレビ系月9ドラマ「海のはじまり」は、さまざまな“親と子”のつながりを通して描く愛の物語。今回は「海のはじまり」のキャスト相関図、出演者一覧、相関図、スタッフ、放送日など基本情報をまとめます。
【海のはじまり】ネタバレあらすじ最終回まで!結末は目黒蓮と有村架純が結婚?
目黒蓮主演の月9ドラマ「海のはじまり」(フジテレビ、月曜21時) 最終回結末は主人公・夏(目黒蓮)と弥生(有村架純)が結婚して親になるラストに…?!この記事ではドラマ「海のはじまり」のあらすじネタバレを最終回まで毎週更新していきます。

画像出典フジテレビ「海のはじまり」