2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【澪つくし】85話のネタバレと感想!編笠越しの再会が切ない!

【澪つくし】85話のネタバレと感想!編笠越しの再会が切ない!

騒擾事件を起こした罪で逮捕された惣吉(川野太郎)に差し入れするかをる(沢口靖子)。

顔が笠で隠されていてもすぐに惣吉と気づき、声をかける。惣吉もまたかをるの夢を見る。

【澪つくし】85話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】85話のあらすじネタバレ

【澪つくし】85話のあらすじネタバレです。

久兵衛の複雑な愛情

昭和5年9月6日の騒擾事件以後、外川の漁師は漁に出なかった。逮捕された仲間への義理立てだった。

留守家族の子供達がかをる(沢口靖子)に父親がいつ帰ってくるかと泣きつく。自分たちの昼ごはんのふかし芋をあげるかをるとツエ(鷲尾真知子)。

納屋では弥太郎たち漁師がごはんを食べながら仕事がないことをぼやいている。

かをるが八日市場に衣類の差し入れに向かおうとすると、梅木(柴田恭兵)と久兵衛(津川雅彦)と出くわす。駅まで送っていく久兵衛。かをるはるいと清次が外川に来て久兵衛に謝れと言ったことを告げる。

お父さんの言った通り。村民を煽り立てて暴動を企てたのはまずい、と言う久兵衛。武器も使わなかったし、火も点けなかった、とフォローするかをるに、「弁護士みたい」という父。何かあればいつでも帰ってこいという。

銚子電鉄で八日市場に向かうかをるは、父の複雑な愛情は嬉しかったが、逆に家に帰るわけにはいかないと思った。

離れ離れでも思い合うかをると惣吉

吉武一家7人分の衣類を差し入れしたかをる。深編笠をかぶせされ、手錠に繋がれた罪人たちがどこかに連れられていく。笠をかぶっていても惣吉がわかったかをるは、「家のことは心配しないで」と告げる。

かをるが家に帰ると慌てて家に駆け込んできた善吉が、村長(内藤武敏)の辞職を知らせる。とね(草笛光子)と一緒に仏壇に祈るかをる。村長が辞めても打ち壊しの罪は別口、惣吉たちが釈放されるかはわからないと、とね。かをるは村長の辞職を何とか惣吉たちに知らせたいと思うが…。

入兆では、梅木が名取村長の辞職を久兵衛に知らせる。汚職は本当だったのか、と愕然とする久兵衛。

名取村長と同時に滝沢収入役も罪に問われることになった。かをるは独房にいる惣吉を思うと、自分だけが布団で眠るのは申し訳ないと思っていた。独房にいる惣吉は、夢でかをるの声を聞く。

【澪つくし】85話の感想とまとめ

顔が見えなくてもすぐに惣吉とわかったかをる。さすがですね。久しぶりの夢展開は、惣吉がかをるの声を聞く場面でした。

名取の潔白を信じていた久兵衛は、惣吉の逮捕に「それ見たことか」と、かをるに「いつでも帰ってこい」と言っていましたが、村長の辞職にショックを受けます。

とねが「吉良上野介の首を討ち取った」「四十七士」と言ったのは江戸時代の「赤穂浪士(事件)」の例え。とねは勉強好きだったのか、ときどき知性がにじみ出ますね。

惣吉たち四十七士はいつ解放されるのか、かをると惣吉がまた幸せに暮らせるのはいつになるのでしょうか。

84話◀︎ ▶︎86話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】