2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【澪つくし】75話のネタバレと感想!律子と英一郎は男女逆!?

【澪つくし】75話のネタバレと感想!律子と英一郎は男女逆!?

千代の初七日も済まないうちに、律子がまたもや爆弾発言。千代の遺言をも持ち出して久兵衛を困らせます。

【澪つくし】75話のあらすじネタバレと感想について


ADVERTISEMENT

【澪つくし】75話のあらすじネタバレ

【澪つくし】75話のあらすじネタバレです。

かをると惣吉は千代の葬儀から追い返される

千代(岩本多代)の葬儀に出向いたかをる(沢口靖子)と惣吉(川野太郎)は、梅木(柴田恭兵)に追い返されそうになる。るい(加賀まりこ)がやってきて、弔問客と久兵衛の対面を思えば出席するべきではない、と帰らせる。

自分たちの考えが甘かった、でも久兵衛もかをるの気持ちは察してくれるだろう、追い返したるいも辛かっただろう、とみんなを思いやり、かをるを納得させる惣吉。

弥太郎(明石家さんま)はどうにか漁師生活に馴染んでいるかと思いきや、1人が飯をやめたら全員やめる、1人が「暑い」といったら全員「暑い」と漁師の掟を押し付けられる。

惣吉たちはイワシの大群を取りまくる。とね(草笛光子)に、なぜイワシの値段を漁師が決められないのか、と問うかをるとツエ。仲買人に買ってもらわないといけないから、ととね。

命がけの漁も、「漁師だからしょうがねぇ」ということかと嘆く。新造船が完成するまで文吉に生きていてほしかったとかをる。とねはるいが後妻に入るのかと尋ねる。かをるは、るいは古い女だからそうしないだろうという。

律子と英一郎は男女逆さま!?

坂東家では、千代の仏前に久兵衛、律子、英一郎が線香をあげる。見合い結婚だったが、楽しいこともたくさんあったし苦労もかけたと久兵衛。

律子と英一郎の中には千代が生きているから寂しくないという久兵衛に、律子は東京に行きたいと言い出す。自分磨きと演劇の勉強のためだ。

次から次へと勘弁してくれという久兵衛だが、英一郎が自分が進学を諦めてそばにいるから律子を東京にやってくれと頼む。

英一郎と律子はまるで男女が逆さまだという久兵衛。律子は千代の遺言通り、るいを後妻にした姿を見たくない、と切り札を突きつける。

久兵衛は嘆く。死んでからもわしを管理するつもりか、千代…。

【澪つくし】75話の感想とまとめ

千代(岩本多代)の死後間もないというのに、律子(桜田淳子)がまた東京行きを言い出します。久兵衛じゃなくても「いい加減にしろ」といいたくなりますね。男女逆やないか…というのは令和の今では違和感のあることかもしれませんが、ドラマ放送当時にも普通にあった考え方でした。

最後に「るいが後妻になったところを見たくない」という切り札を出す律子は、久兵衛の泣き所をよくわかっています。

もちろんそれは東京行きへの口実にすぎません。演劇を勉強したいと言っていますが、真の目的は? 

「死んでからもわしを管理するつもりか」という久兵衛の言葉に、千代への愛と久兵衛の人柄がにじみ出ていましたね。

74話◀︎ ▶︎76話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】