【澪つくし】74話のネタバレと感想! 千代(岩本多代)の死に悲しみの声!

【澪つくし】74話のネタバレと感想! 千代(岩本多代)の死に悲しみの声!

造船所との交渉がうまく行ったと喜ぶ吉武家。

世界恐慌の中、久兵衛最愛の千代の最期に悲しみの声が上がりました。

【澪つくし】74話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】74話のあらすじネタバレ

【澪つくし】74話のあらすじネタバレです。

造船所との交渉成功に喜ぶ吉武家

秋の漁が始まる頃、鹿児島の造船所に直談判をしに行った惣吉(川野太郎)と漁労長(織本順吉)が朗報を抱えて帰る。造船所との交渉は成功、追加の費用は半分に、支払いは来年まで待ってくれることになったという。

起死回生の朗報に喜ぶ吉武家。かをる()は惣吉(川野太郎)の背中を流して長旅の疲れを癒す。惣吉は東京から下関に向かう特急に「さくら」「富士」と名前がついたことを話し、かをるにいつか旅行に行こうという。

汚職しているのは政府だけじゃない!?

入兆では、緊縮財政と政治家の汚職について清次()や番頭の小畑(高品格)、梅木(柴田恭兵)が不満や皮肉を語る。

吉武家では、善吉(安藤一夫)が組合で嫌な噂を聞いたという。入札で決めるはずの磯草の採取権が、出来レースになっているらしい。反村長派が調べようとしても出納担当が村長派だからなかなか尻尾をつかめないでいる。

公明正大を信条にしていると言っていた村長に疑問を持つ惣吉。「首を突っ込むな」というとね(草笛光子)だが、漁業組合の経理課に勤める善吉は、そういうわけにもいかない。

千代(岩本多代)の命尽きて…

昭和4年10月24日、ニューヨークの株式市場が大暴落し、世界恐慌が起こった。

10月31日、入兆でも大恐慌が話題となるが、醤油は輸出と関係ないという久兵衛。大豆や小麦の値上げも気にしたほうがいいと梅木。

るい(加賀まりこ)から千代(岩本多代)が危篤だと連絡が入る。英一郎とともに病院に急ぐ久兵衛。鎮静剤を打った千代は眠っている。手を握り、「銚子に来たのは千代のため。死なんでくれ、ひとりにせんでくれ」と手を握る。

千代が目を覚ます。「おおきに、ありがとう。うちは幸せでした。みんなのおかげで今日まで生きてこれた。おおきに、おおきに…」。

律子(桜田淳子)に久兵衛の言うことをよく聞いてという千代に「まだ親孝行してへん」と英一郎。

千代はるいに「主人を頼む」と言い残して息絶える。泣き叫ぶ家族。

訃報を受けたかをるは、千代の優しい人柄を偲ぶが、勘当された身だから葬式には出られないと涙する。

惣吉に「行ってみよう」と言われ葬儀に出向くかをるだが、梅木に追い返されてしまう。

【澪つくし】74話の感想とまとめ

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました